2008年06月01日

内部統制としての会計原則

Book-No.26
「稲盛和夫の実学」
経営と会計
稲盛和夫 著
日経ビジネス文庫
(ISBN:978-4-532-19006-4)

著者は多くの方がご存知だと思いますが、
京セラの名誉会長、稲盛和夫氏です。

今まで何冊か、会計関連の本を読んできましたが、
大企業の経営者は会計をどのように捉えているのだろうか、
と云う単純な疑問から本書を手に取りました。

普通に読めば、紛れもなく「会計と経営」について
書かれた本です。
しかし、今、流行の(?)内部統制という切り口で読んでも
充分に参考になる一冊だと思います。

「一対一対応の原則」
経営活動においては、必ずモノとお金が動く。そのときには、
モノまたはお金と伝票が、必ず一対一の対応を保たなければ
ならない
」(P65)
伝票だけが先に発行されて、商品は後で送られてくる。あるいは
その逆のパターンも往々にして現場では起こっているのでは
ないでしょうか。
そうした事に対して稲盛氏は厳しく苦言を呈します。
このような「伝票操作」ないし「簿外処理」が少しでも許されると
いうことは、数字が便方によっていくらでも変えられるということを
意味しており、極端に言えば企業の決算などは信用するに値しない
ということになる
」(P66)

以前、バイヤーをしていた頃に夕方頃、商品が間に合わなくなり
慌てて仕入先に電話を掛けて発注をしようとした事がありました。
その時、先方の受注担当者からは
「コンピュータの締切時間が過ぎてしまったので、伝票が発行できず
商品も出荷できません」と言われ
「仮伝でも手書き伝票でもいいから、今すぐ出荷してください!」
出来ないものは、出来ません!
散々押し問答をしましたが、結局は翌日のアサイチ出荷と
なってしまいました。

今になって思えば、あの仕入先は「出荷伝票」と「商品」は一緒に
動かす、というまさに「一対一対応」を頑なに守っていたんだなぁ、と
思います。
もっとも、その対応が良いのかどうかはいまだに疑問ですが・・・

ただ、「一対一対応」が徹底されていれば、不正に商品を横流ししたり、
架空の伝票を計上したりするような事は、かなり難しくなるのは
確かだと思います。

「ダブルチェックの原則」
人の心は大変大きな力を持っているが、ふとしたはずみで過ちを
犯してしまうというような弱い面も持っている。人の心をベースに
して経営をしていくなら、この人の心が持つ弱さから社員を守る
という思いも必要である。これがダブルチェックを始めた動機である

(P104)
よく会社のお金を使い込んでしまって最後には「業務上横領」で
つかまってしまう事件が発生しますよね。
あれは、まさしくこのダブルチェック機能が働いていなかった
証拠だと思います。

私の会社は小売業ですので、お店の金庫には釣銭やら売上金やらで
それ相応のお金がいつも入っています。
で、以前は金庫からこのお金が無くなると云う不正が何年かに一度は
発生していました。大抵の場合、犯人は店長
チェックが甘いと、権力を持っている人の不正が発生しやすいという
典型的な事例です。
店長と言う立場を利用して、金庫からお金を持ち出すと言うのは
確かに悪いことですが、それが出来てしまう環境を放置していた
会社側にも相当の責任があると思います。
よしんば出来心が起こったにしても、それができないような仕組みに
なっていれば、一人の人間を罪に追い込まなくてすむ。そのような
保護システムは厳しければ厳しいほど、実は人間に対し親切な
システムなのである
」(P105)
私もまったく同感です。

いつしか当社では「店長は金庫のお金を触ってはいけない!」と云う
(極端な)ルールが決まり、金庫管理は事務担当及び副店長が
責任を持って行うようになりました。
確かにその後、金庫からお金がなくなる不正は発生しなくなりましたが・・・
このルール、笑うに笑えない欠点があるのです。
金庫のダイヤルナンバーは定期的に変更されるのですが、
店長には知らされません。だから、本当に店長は金庫を開ける事が
できないような仕組みなのです。
もしもある時、事務所に強盗が押し入り店長に向かって
「金を出せ!」と迫った時、
「私は金庫を開ける事が出来ないのです!とこたえたら、
果たしてその強盗は店長の言うことを信用するでしょうか?

本書の中ではこの他にもガラス張りの経営などのキーワードが
出てきます。
このように不正をさせない仕組みや、
不正を許さない社内の雰囲気が徹底されている事
これこそがJ−SOXで求められている統制環境だと思います。

適用初年度と言うことでJ−SOX(内部統制)について話題になったり
各社ともその対応に追われているようです。
本書が書かれたのが今から十年前の1998年。
京セラでは既にその頃から内部統制が徹底されていたのですね。

posted by penguin-oyaji at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

中小企業の数字

Technorati タグ:
Book-No.23
「社長!儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!」
(中小企業のカリスマ直伝!実践・財務ノウハウ)
小山昇 箸
すばる舎
(ISBN:978-4-88399-619-3)
 
ゴールデンウイークも終わりますなぁ・・・
 
今回は会計本の続き・・・ではなく、財務系のお話です。
筆者は株式会社武蔵野で代表取締役社長を務めていらっしゃる
小山昇氏。武蔵野はダスキンのレンタル事業などを手掛ける会社です。
私が小山氏を知ったのは、ホッピービバレッジで副社長を務めている
石渡美奈氏の著書「社長が変われば会社は変わる!」の中ででした。
その本の中で石渡氏の経営の師匠として度々、登場しますので、
なんとなく私の頭の中でも小山氏の事はキーワードとして残って
いました。
で、調べてみるとスゴイ人なんですね。
本もたくさん書かれています。本書もその中の一冊です。
 
《Penguin's Eye》
本書の内容は主に以下の3点に分けられると思います。
(1)資金繰りを主とした企業内での経営数値の見方
(2)利益計画(事業計画)のつくり方の骨子
(3)組織作りのノウハウ
 
私としては資金繰りの話の中に書かれている銀行折衝の部分が
特に印象に残りました。
ずっと営業系の仕事をしていた私には銀行はちょっと遠い存在で
(友人で信用金庫に勤めていた者はいましたが・・・)
どちらかというと、ちょっと怖くて、威張っているみたいな先入観を
もっていました。
 
銀行から有利な条件を引き出すときの基本は、こちらから「貸して
ください」ではなく、銀行から「借りてください」と言わせることです。
多くの社長は、銀行は貸してくれないものだと思い込んでいます。
だから、つい「貸してください」という発想になる。しかし銀行は
お金を貸して金利を得るのが商売です」(P129)
 
銀行がお金を貸してくれなくなったら会社が潰れてしまう、という前提条件が
あると、ついつい気持ちの中で銀行に対して妙に歪んだ見方をして
しまうのですが、本質的には銀行も商売としてお金という商品を売りにきている
と考えれば良いわけですね。
 
私は商品部で商品の仕入れ折衝を長年やってきて、商談の際に
どうやって主導権を握るか」という事をずっと考えながら仕事を
してきました。
交渉ごとは何でもそうかもしれませんが、「主導権」を握られたら
負けてしまいます。
 
銀行も卸問屋も同じ土俵で考えれば、いかにして主導権を握るか、
具体的には
・融資を受ける
・融資を受けるのであれば、金利や返済期間でどれだけ自社に有利な
条件を引き出すか
という事を考えれば良いということになります。
 
本書の中では相見積もりを取り、他行の「融資提案書」を利用するやり方、
他行から受けた短期融資を利用するやり方、自社の社員の給与振込口座を
利用するやり方などが具体的に書かれています。
 
普段、営業の仕事などをしていると資金調達に関してはどうしても疎くなって
しまうのですが、中小企業の場合、資金繰りが何よりも大切。
会社にとって、お金は血液と同じ。血液の流れが止まったら、どんな手術も
施しようがない。会社を生かすも殺すも資金繰り次第であることを、忘れないで
ください」(P103)
あまり儲かっていない中小企業なら尚更、資金繰りが重要になってくると
思いますし、儲かっていても売掛金のサイトが長ければ、資金繰りに窮するわけで
本当に中小企業にとっては大切な部分なんですね。
 
映画「男はつらいよ」の中で印刷会社を営むタコ社長が登場しますが、
「中小企業」「資金繰り」というキーワードを聞くと、私の頭の中には
必ずタコ社長が登場します(まぁ、どーでもよい話ですが・・・)
 
《impression》
多くの社長は数字を見るのを嫌がって、どんぶり勘定で経営をする。それが
会社を窮地に陥れるもとです。
とくに大切なのが、貸借対照表(バランスシート、B/S)の数字です。
本書の冒頭「はじめに」のところに、上記のような記述があります。
「あぁ、やっぱりそうか・・・」と思いました。
 
私の会社もそうですが、「いくら売って、いくら儲けたか」という一元的な数字の
とらえ方しか出来ないと、どうしても財務諸表のうち「損益計算書」にばかり
目がいってしまいます。
しかし、前にもこのブログで書きましたが、損益計算書には実際の現金の
流れは反映されていません。
キャッシュが潤沢にある会社は別ですが、多くの中小企業にとって資金繰りが
大切な筈なのに、貸借対照表やキャッシュフロー計算書のことが軽んじられて
いるというか、あまり見らたり活用されていないんだなぁ・・・と冒頭の文章から
感じました。
posted by penguin-oyaji at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

会計操作と企業の社会責任



Book-No.20
「決算書の暗号を解け!」

(ダメ株を見破る投資のルール)
勝間和代 著
(ISBN:978-4-270-00262-9)

このブログで何度か勝間氏のお名前は書かせて頂いて
おりましたが、著書を取り上げるのは初めてになりますね。

以前に「財務3表のつながり・・・・」で
私は数字が嫌いだ!と叫びましたが、
今回の本も読んでいて、頭から煙が出てくるかと
思いました(笑)

本書はサブタイトルに「ダメ株を見破る投資のルール」
とあるように、基本的なスタンスは株式投資をしている
人向けにどのようにして、企業の財務報告書(決算短信や
有価証券報告書など)を読み解き、その会社の実態を
分析、把握するか、と云う点に重点が置かれた内容に
なっているように感じました。

《Penguin's EYE》
証券市場では、利益の金額には注目が集まっても、
その金額をどうやってつくりあげたのかという点については、
ほとんど議論されません。
」(P 5)
企業の利益には「金額」の違いだけでなく、「質」の
違いがある
」(P 5)
利益の質の違いとは何か・・・?
通常は利益(営業利益または経常利益)がどれくらい
伸びたのかは、「損益計算書(PL)」を見て判断すると
思います。
利益が前期と比較して増えていれば、ウハウハな訳ですが、
本書では会計操作、それも合法の範囲内で利益を増やす事が
出来る点を指摘。どのような会計操作で利益をコントロール
できるのかという点が細かく解説されています。

例えば私は長年、小売業の現場にいた訳ですが、
「在庫を増やせば、利益が出る」と云う事は肌で知っていました。
売上−売上原価=売上総利益
PLの一番上の方に出てくる利益ですが、この公式を見れば、
売上が一定でも、売上原価を小さくすれば売上総利益が
増えるのは小学生でも分かります。
真っ当に考えれば、仕入れ先と原価交渉をして、仕入れ値を
安く抑えると云うのが「正解」だと思います。

し・か・し、このご時世、そう簡単に仕入れ値は下げて貰えません。
では、どうするか・・・?

例えば・・・
期間売上高:90万円
期首在庫高:10万円
期中仕入れ高:90万円
期末在庫高:10万円
と云う条件を設定して計算すると、
売上原価=期首在庫高+期中仕入れ高−期末在庫高
で計算されますので、
売上高(90万円)−売上原価(90万円)=売上総利益(10万円)
と云う事になります。
この場合、期末在庫高が10万円ではなく、15万円だったら、
売上原価は85万円、売上総利益は15万円と利益が増える事に
なりますね。

では、期末在庫高を増やすためには何をするか?
期末棚卸しで架空の在庫を計上してしまうやり方がありますが、
これはさすがに御法度です!
しかし、売価還元法であれば期末に在る在庫の値段を
値上げしてしまえば、期末在庫高が増え、それにより原価率も
下がりますので、売上総利益を増やす事が出来てしまいます。

また、小売業の場合は単品で商売をしている訳ではありませんので、
単品の原価は変わらなくても、相対的に粗利率の高い商品の仕入を
増やせば、期末在庫が増えても売上原価はマイナスになり、
結果的に売上総利益が増えるのです。

しかし、そうやって在庫を操作して利益を増やしても、
貸借対照表を見れば、
・流動資産の棚卸資産が増える
・仕入を増やしていれば、買掛金が増える
という点からすぐに、おかしい事は分かってしまいます。
キャッシュフロー計算書を見ても、利益は増えているのに、
営業キャッシュフローは増えていない訳ですから、
不自然に見えます。

また、値上げをしたり、販売の実力以上に在庫があると云う事は
在庫の内容が悪い訳ですから、翌期以降は値下げしたりして
販売しなくては”売れない”ので、利益が減ってしまう事は容易に
想像できると思います。

人為的に利益を調整すれば、それが合法であろうと非合法で
あろうと必ずどこかに歪みが生じます
」(P54)
本書ではこのように、企業が利益を増やすために、
”正当でないやり方”をすると、財務3表のどこに現れるのか、
それをどうやって見破るか、という事が実例を挙げながら詳細に
解説されています。

《impression》
本書の内容としては財務諸表の分析が主ですが、
実例とともに解説されていて分かりやすいものでした。

勝間氏が本書を書かれた理由、というか著者としての”思い”が
あとがきのところに書かれています。
企業の「成長」ばかりに目が向けられていたこれまでの考え方
から、内部統制やCSRのバランスを重視した考え方へと私たち
投資家の意識が変わることで、結果的に社会全体の誠実さが
保たれるのです。あなたが何かに投資しようとするとき、その
判断がめぐりめぐってこの社会に深く広く影響を及ぼしている
ことを、ぜひ思い出してください
」(P221)

SRI(社会的責任投資)の事にも少し触れられているのですが、
企業のガバナンスを考える際にも重要なキーワードかなと
感じました。

私も今、内部統制の仕事をしている中で
「何で、こんな面倒な事をしなきゃいけないんだ?!」と
思う場面も正直多いのです。
でも企業の存在意義は社会に役に立つ事、と云う大前提に立って
考えると、内部統制も単に”投資家保護”という観点だけでなく、
企業の社会的責任につながっているものだと云う事が分かります。
posted by penguin-oyaji at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

現場の「リアル」が伝わってくる会計本



Book-No.16
「財務3表のつながり」で見えてくる会計の勘所
國貞克則 著
ダイヤモンド社
(ISBN : 978-4-478-00297-1)


「貸借対照表」に「損益計算書」そして
「キャッシュフロー計算書」いわゆる”財務3表”と言われるものですね。
ただでさえ数字が苦手な私にとっては、こいつらは(!)
絶対に近づきたくないモノ、ベスト3に確実にランクインするような
存在のものです。

しかし、ココ数年間の私の仕事は「損益計算書」をベースに
いかにして良い実績を上げるか、つまり、いかにして利益をあげるか、
と云う事に、ひたすら追い掛けられていたような状態でした。

そのおかげで(?)、損益計算書だけは見方とか、読み方は
何となく理解はしていました。
しかし、貸借対照表は10年くらい前に簿記検定の勉強をしていた時以来、
すっかりご無沙汰でしたし、キャッシュフロー計算書に至っては
チンプンカンプン!全然、分かりません!

こんなヤツが、よくも会社の役員をやっていたもんだと、
我ながらお恥ずかしい限りです。
そして本書を読み終えて、本当に自分の愚かさを痛切に感じたのです。

《Penguin's Eye》
「貸借対照表(BS)」「損益計算書(PL)」「キャッシュフロー計算書(CS)」の
 三つの財務諸表は”つながっている”

会社は「お金を集めて」「何かに投資し」「利益を上げる」という
 三つの活動をしていて、この活動を財務3表を使って説明している

上記の2点を基本としながら、例えば「買掛で商品200万円分を仕入れて、
400万円分を売掛で販売すると、財務3表のどこが動くのか、と云う事を
分かりやすく解説してくれています。

会社が倒産するのは、赤字になるからではありません。キャッシュが
回らなくなるからです
」(P147)
そうなんですよねぇ。赤字が続いても、キャッシュが回っているうちは
会社って倒産しないんですよね。裏を返せば、黒字でも(儲かっていても)
キャッシュがなくなると、倒産する(可能性がある)と云う事です。

私が在籍している会社は、事業売却するくらいですから、業績は当然あまり
良くありません!
年に何回かは財務(資金繰り)を担当している役員から、キャッシュが
足りないから、在庫を換金するような指示が飛んできました。

当り前の話ですが、私が一生懸命に見ていた「損益計算書」には
現金の動きは反映されていません。
例え、経常利益:1億円であっても、手元にキャッシュが有るとは限らない
と云う事です。

会社のキャッシュの状況を知る為には「損益計算書」ではなく、
「貸借対照表」か「キャッシュフロー計算書」を見なくては分かりません。

上の方で「自分の愚かさを痛切に感じた」と書いたのは、まさにこの点です。
役員と云う経営側に居ながら、「利益(経常利益)」という一つの物差しで
しか会社を見ていなかったと云う事です。


事業という観点では「売上」と「利益」だけでなく、「投資」と
「リターン」という2つの単語がキーワードになります。投資とリターンの
関係である経営効率をどう上げていくかという観点に立てば、BSを見ながら、
経営をする必要があります
」(P142)
先に書いたように、経営は「儲かっていれば良い」と云う単純なものでは
ないのです。
 
自社の借入がどれくらいあるのか、それによって支払利息はどれくらい発生して
いるのか、これらの事は「損益計算書」ではなく、「貸借対照表」を見ないと
分かりません!
自分のブログでグッチても仕方ないのですが・・・
「売上」「利益」という物差しでしか考えられない経営者は、片目、片足で
行動しているのと同じだと、本書を読んでつくづく反省しました。

《Impression》
著者の國貞氏は経営コンサルタントとして活躍されている方なのですが、
中小企業の再建と云う事にも携わっているとの事で、本書の中にも
以下のような記述が有ります。
ローンの支払ができなくなったからといって、夜逃げなどする必要は
ありません。(中略)会社も同じです。借入金が返済できなくなったからと
いって自殺する必要などまったくありません。
」(P156)
この文章を読んだ時に、著者が立ち会ってきた中小企業再建の現場が
どれほど、大変なものであったのかを考えずにはいられませんでした。

会社の第一の目的は利益を上げることではありません。会社と仕事を
通して、お客様や取引先や従業員など会社に関係のある人を幸せにする
ことこそが会社の使命です
」(P163)
会計の本ですが、こうした言葉が所々に書かれている点に
理論や理屈だけでない、現場のリアルさが感じられました。

「損益計算書」とか「貸借対照表」と云う言葉にアレルギーを
感じている人にこそ読んで貰いたい1冊です。
posted by penguin-oyaji at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(会計) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする