2019年05月08日

【お知らせ】Bブログ再開のお知らせ

A1180 012210

たいへんご無沙汰しております。

ペンギンオヤジです。

前回の更新が2017年2月だったので実に2年3か月ぶりの更新です!

◆近況報告

この2年余り、私はといえばこのブログをサボっていただけでなく、

    • 17年4月、ステージ3の舌癌(首のリンパ節への転移あり)の宣告を受ける
    • 17年6月、癌の切除と舌の再建のために12時間の大手術
    • 18年1月、約4か月間の介護の末に母を亡くす
    • 18年5月、首のリンパ節に癌が再発、転移し再手術
    • 18年6月、放射線、抗がん剤治療を開始(18年7月末に終了)

このようにそれなりに波乱の人生を送っていました。

でも、おかげさまで幸いにもまだ元気に生きております。

◆ブログのメンテナンスをしました

さて、この長い間放置していたブログを再開するにあたり、以下のようなメンテナンスを行いました。

    • 黒歴史的な今読み返すとちょっと恥ずかしい内容の記事を26件ほど削除
    • 記事カテゴリーとタグの整理
    • リンク切れなどは出来る範囲で修正、削除

◆これからの読書

元々このブログは08年にビジネス書などの読書を通じて、少しでもスキルアップしたい!そのための学習の記録として始めたものです。

08年頃は勝間和代さんの本が「カツマ本」などと呼ばれてベストセラーになるなど、ビジネス書がちょっとしたブームになった頃でもありました。

そして、勝間さんが読書による学びをブログにアップすることを推奨していたこともあり、このような読書ブログがたくさん生まれた時期でもありましたね。

あれから10年。私はスキルアップどころか転職に失敗し、癌の闘病と母の介護に追われるようになり、思っていたのとは違う人生を歩むことになってしまいました。

現在は舌を2/3も切除し、その後の放射線治療のダメージがまだ残っていて以前のように話したりすることが難しい状況が続いてます。

それに離職してからのブランク期間があまりにも長くなってるうえに、普通に話せない身体的ハンデもあることを考え併せると、今後はいわゆる普通のビジネスマンとして働くのは無理かな?と考えるようになってきました。

そんな現状から、「もう自分には必要ない」とビジネス書を手に取ることも殆どなくなりました。

そして癌を患って以来、本を読まない時期がしばらく続きました。

でも、本を読まないとどんどん自分の視野が狭くなっていくし、頭を使うこともあまりしなくなるので、モノを考えるのが億劫になっていくことに気が付きました。

そこで、ビジネススキルを磨く!そんなふうに大上段に構えなくても、好奇心の赴くままに活字を追うのも悪くないなと考え直し、これからは小説やノンフィクション、教養書なんかも読んでいこうと思っています。

そんなわけで、またボツボツと更新していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

posted by penguin-oyaji at 20:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

【御礼】ありがとう9周年!

ペンギン09

2月14日。世間一般では今日はバレンタインデーである。常日頃、非モテを公言し実践している私にとってバレンタインはあまり関係ない。

私にとって2月14日は、このブログの開設日なのだ。何故よりによってバレンタインデーにブログを始めたのか今となっては全くの謎だが、どうせたいした意味などなかったのだろう。

とにかく2008年2月14日にこのブログの最初の記事をアップした。と、いうことは今日で9周年。そして10年目に突入だ!

▼これが最初の投稿記事

ペンギンオヤジのB読書!: 【プロローグ】

今や年に数回しか更新していないのに、「続けてきた!」というのは口はばったい気もするのだけど、とにもかくにも9年間、細々と続けることができた。

これもひとえに、おそらく日本全国津々浦々に12人くらいはいるであろうこのブログの読者の皆さまのお陰だと思う。

本当にありがとうございました!!

◆◇◆◇◆◇

つい先日のこと。

もう何年も前に書いた記事を読まれた方からとても丁寧なメールをいただいた。

長年続けていると、時々はそうやって知らない誰かのお役にたつこともあるのだ。嬉しい限りである。

それに、このブログをきっかけに友達になってくれた人も大勢いる。これまた、嬉しい限りである。

これからは少しは記事のクオリティーもアップして更新回数も増やして、10周年を迎えられるよう頑張ろうと思う。

どうぞ、これからもよろしくお願いします。

posted by penguin-oyaji at 14:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

初詣に行く前に知っておきたい神社の作法

もういくつ寝るとお正月〜♪

 

お正月になると、初詣に出掛けられる方も多いと思います。

 

ありがたいことに4年くらい前に書いたこの記事に今でも年末年始になると検索エンジン経由でアクセスを頂いてます。

 

ペンギンオヤジのB読書!: 初詣に行く前に・・・・神社のしきたり

 

一応、この記事には神社に参拝する際の作法などを書いていますが、改めて、ざっくりとまとめておきますね。

 

●参道の歩き方

 参道は真ん中ではなく、端を歩く

 

●手水(ちょうず)の使い方

  1. 右手に柄杓を持ち、左手を清める 
  2. 左手に柄杓を持ち替え、右手を清める 
  3. 再び右手に柄杓を持ち、左の手のひらに水を受け口をすすぐ (柄杓に直接、口をつけるのはマナー違反) 
  4. 口をすすぎ終わったら、もう一度左手に水をかけて清める 
  5. 最後に、水の残っている柄杓を立てて柄の部分を洗い流す

 

●お賽銭の意味

 お賽銭は願いごとを聞いてもらう代価ではなく、自分の命の糧を捧げることで私欲を捨てて神様に会う意味がある

 

●二礼・二拍手・一礼

  • まずは胸の高さで手のひらを合わせ、右手を少し下にずらして拍手を打つ。 
  • 二回目の拍手を打ち終えたら、その後、指先をきちんと合わせる

 

 ※出雲大社(島根)や宇佐神宮(大分)などは、二礼・四拍手・一礼だそうです。

 

手水の使い方や二礼・二拍手・一礼についての動画を見付けたので、貼付けておきますね。

 

そして、初詣で神社にお参りした時には「お願いごと」もいいけど、日頃の「感謝」や、今年は・・・・します!と神さまに「誓う」のもよろしいかと。

 

それでは、よいお年を〜!

 

タグ:神社 初詣
posted by penguin-oyaji at 23:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

サンタクロースはきっといる!

IMG 0539

もうすぐクリスマスですね〜

 

毎年この時期になると、ツイッターやフェイスブックなどでこの有名な新聞記事へのリンクをせっせと投稿してきたので、今年は自分のブログに貼りつけておきますね。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、今から100年前、「サンタクロースはいますか?」という8才の女の子からの質問に対してニューヨークの新聞社が答えた素晴らしい社説です。

(未読の方は是非、読んでみて下さいね)

 

「サンタクロースって、本当にいるんでしょうか?」

 

私は学生の頃にこの記事のことを知ったのですが、それ以来ずっと、単純にも「サンタクロースはきっといる!」と公言するようになりました!(*^^*)

 

この記事を読んでいて、一番惹かれるのは

 

この世の中に、愛や、人への思いやりや、真心があるのと同じように、サンタクロースも確かにいるのです。

 

という一文です。

 

サンタクロース・・・確かに、愛や夢や真心と同じように"実体のない"言葉ですよね。

 

でも、実体がないからといって、「そんなものは存在しない!」と決めつけてしまうのは何だかちょっともったいない。。

 

ちょっと話しはそれますが・・・サンタクロースの起源というか、由来ってご存じですか?

 

昔、聖ニコラスとい聖職者が、貧しくて3人の娘を売らなければならないほど困っていた家族を救おうと、夜中にその家の煙突から金貨を投げ入れたら、それが暖炉のそばに吊してあった靴下の中に入り、そのおかげでその家族は救われたという逸話からサンタクロースの言い伝えが始まったとか・・・

 

そう、サンタクロースって困っている人を助けてあげたいという優しい気持ちから生まれたんですね。

 

だから、わたし思うのですが、サンタクロースって、「愛」とか「思いやり」という言葉と同じように目には見えない気持ちを伝える言葉ではないかと・・・

 

言い換えると、サンタクロースを信じれる人って、愛とか夢とか、そういう目に見えないものを信じる力をもっているんじゃないかって思うんですよね。

 

昔、ユーミンは「恋人がサンタクロース」だと歌いました。

 

恋人でも、お父さん、お母さんでも、誰かを喜ばせたいという優しい気持ちがあれば、みんながサンタクロースになれると思うし、だから私は「サンタクロースはきっといる」と信じているのです。

posted by penguin-oyaji at 19:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

価格と価値のバランス【V=Q/P】

前回のエントリーで「V=Q/P」という公式の事を書いたら

「興味があるので、教えて欲しい」というリクエストを

頂きましたので、読書会当日のプレゼンを再現しながら

書いてみようと思います。


【1】価値>価格

スライド1


「稼げる営業になる!」の中に何箇所か

『価値>価格』と書かれているところがあります。

何か物なりサービスを購入しようとする時には

やはり、財布から出ていくお金以上の

価値があると思わないと、なかなか積極的に

「うん!買おう!」とは思いませんよね。



モノの価格と価値のバランスが大切なのですが、

それをシンプルに表した公式を前の会社で

教えてもらって使っていたので、

それをシェアしたいと思います。

特に新入社員教育などで使うと説明しやすいです。



【2】V=Q/P

スライド2


見ての通り、

V=Value(価値)

P=Price(価格)

Q=Quality(性能、品質)

という意味です。


ここから先、一応「分数」の理屈が分かっているという

前提で話しを進めますね(笑)



【3】ちくわ

スライド3


見ての通り、ちくわです!

何年か前に、原材料費が値上がりした時に

値段は据え置きで、その代わり、ちくわの穴を

大きくして、売っていた事がありましたよね。



これを先ほどの公式に当てはめて

考えると、どうなるか・・・



【4】ちくわの公式

スライド4


先ず、値段は据え置きですから

分母の「P」は変わりません。


ちくわの穴を大きくしたということは、

消費者的にはあまり嬉しくありませんから、

分子の「Q」は下がります。



分母が変わらず、分子が小さくなると

その分数が表す値は、

小さくなりますね。



つまり、お客様にとっての価値は

下がったということです。



【5】今だけマック

スライド5


マクドナルドが「今だけマック」といって

期間限定で値下げをする事がありますね。

これを、やはり公式を使って考えてみましょう。



【6】今だけマックの公式

スライド6


ちくわとは逆で、商品自体は変わりませんから

分子の「Q」も変わりません。


そして「値下げ」ですから、

分母の「P」は小さくなります。




分母が小さくなって、

分子が変わらなければ、

値自体は大きくなりますね。



つまり、「今だけマック」は

値段を下げる事で、お客様にとっての

価値を上げたことになります。



【7】自社(自分)にとっての「Q」は何か?

スライド7


「ちくわ」と「今だけマック」で

お分かり頂けたと思いますが、

お客様にとっての価値を高めるためには、

「P:価格」を下げるか、

「Q:品質」を上げる事が必要なんです。



ここまでは、とてもシンプルだと思うのですが、

この公式のキモは、自社あるいは自分にとって

「Q」は何なのかということを考えることです。



価格を下げれば、価値は上がるかも知れませんが

しかし、無限に下げ続けることはできませんね。

どんなに下げても「0円」までです。

つまり、価格は有限なんです。


それに価格はすぐに他社に追随されますし、

自社の利益も圧迫してしまいます。



それに対して「Q」は追求していけば、

無限に上がる可能性があります。



では、果たしてお客様に価値を感じてもらうために

自社(自分)にとって追求すべき

「Q」は何であるのかを考える事がとても大切なのです。



おしまい。



タグ:読書会
posted by penguin-oyaji at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

【プロローグ】

何故、オヤジの読書日記なのか?
実は昨年(07年)、正月に「読書、年間で50冊!」と云う目標を立てました。
ジャンルは特に問わず・・・小説でもエッセイでもビジネス書でも、とにかく
年間で50冊の本を読もうと決めたのです。

元々、子供の頃から外で遊ぶよりは家の中で絵本を読むのが好きで、
学生時代なども常に何かしらの本を読んでいた、という活字中毒者だった私。
しかし、それが仕事が忙しくなるにつれて、ここ最近は時間潰しに雑誌を拾い読みし、
本は年にほんの数冊しか読まない生活を送るようになっていたのです。

「これではいかん!お馬鹿になってしまう!!(笑)」
そんな思いに駆られて昨年はとにかく50冊、一週間に1冊くらいのペースで
本を読もう!そして、馬鹿にならないようにしよう! そう決心したのです。

し・か・し、結果は惨敗!
本を読む事自体を目標にしていたいので、いくら本を読んでも何も身に付かない、
学び」が殆ど有りませんでした。
つまり、馬鹿にならないようにしよう!と思っていた筈なのに、結果的には
たた、ただ、今までと何も変わらない状態が続いてしまったのです。

それに1月は6冊、2月は7冊と快調に読み進んでいたのに、3月は4冊、
そして4月には僅か1冊と急激なペースダウン。5月以降は記録すらしていません。
典型的な三日坊主、と言うか計画倒れ!!
あぁ、何と意志が弱いのでしょう・・・・

そこで昨年のリベンジです!
今年は「ビジネス書」で50冊、という目標を立てました。
(できれば、100冊を目指したい!)

しかし、これではまた昨年と同じように「本を読む事自体」が目標になってしまうので、
そうではなく、本を読む事から何を「学び」たいのかを明確にする事にしました。

1、今後の自分にとって「仕事」と云うものと、どのように向き合うのかを考える
今年4月、私は社会人になって丸20年になります。
だいたい企業の中で仕事をする期間は凡そ40年前後ですから、ちょうど半分、
折り返し地点を迎える訳です。
それから、昨年の11月に自分が長年働いてきた会社が事業売却を決めました。
私の在籍していた部署がそのターゲットです。
「もう今の会社にこれ以上いても、自分のするべき仕事は無い」と思っています。
本当は仕事はまだあるのですが、折り返し地点でもあるので転職を前提に
これからの20年を考えてみたいのです。
その為に、経営者の方が書かれた本などを読んで、仕事にどう向き合うかを
考えてみたいと思っています。

2、内部統制と決算書
今年(08年)は日本版SOX法元年とも言われています。
今の会社で事業売却に伴う業務を終えた後、私に対して「内部統制プロジェクトリーダー」の
辞令が出ています。
(自分としては、このプロジェクトが今の会社での最後の仕事と思っています)
その為に「内部統制」とその関連で「決算書」に関して学ぶ事にしました。

3、ビジネススキルについての再勉強
残り20年のビジネスの中で、どんな仕事をするようになっても必要になるであろう
様々なスキルについての「学び」たいと考えています。
ロジカルシンキング、マインドマップ、学習力(勉強法)、手帳術、交渉力・・・などなど。
実はこのブログも読書と云うインプット作業から、何を学んだのかというアウトプットの
実践の場にしていきたいと思って始めました(ついでに文章力、表現力も上達したい!)。
今まで忙しさにかまけて、疎かにしていた自己啓発的な事を今年はドンドンやっていこうと
思うのです。

以上の3点が今年、私の読書テーマです。
50冊(100冊?)という「量」の達成と
「学び」と云う「質、内容」の追求をしていきます。

さて、08年の年末に目標は叶えられているでしょうか?


posted by penguin-oyaji at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする