2017年01月08日

ちょっと心が疲れた時はイマココに集中!【「世界のエリートがやっている 最高の休息法」】

 

「世界のエリートがやっている 最高の休息法」
久賀谷 亮:著
ダイヤモンド社
一時期、Appleの創業者、スティーブ・ジョブズも瞑想をしていた!
とかいって、ライフハック系のWEBサイトなどで瞑想に関しての記事を
よく目にしました。
私もそんな流行にのっかって2012年頃から瞑想というものを
やるようになりました。
でも、もともと何の目的もなく、ただ流行にのっかっただけですから
あまり効果も感じられず、ただ何となく続けているだけの状態でした。
続けている、といっても1か月に10回とか15回とか、そんな感じ。
でも!
昨年(2016年)、この本を読んでから効果も感じられるように
なってきたし、何より日々、途切れることなく瞑想を続けられる
ようになってきました!
Amazonの内容紹介
「疲れがとれない…」こんなに休んだのになぜ?
――アイドリング状態でも勝手に疲労を溜めていく脳には
「科学的に正しい休ませ方」があった!
 集中力や行動力を高める究極の休息メソッドを、
イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす。
■習慣化のキモは同じ時間、同じ場所
1日5分でも10分でもいいので、毎日続けることが大切
・同じ時間、同じ場所でやる(脳は「習慣」が大好き)
「三日坊主」という言葉がありますが、「やるぞ!」と意気込んでみても
なかなか続かない、続けられない・・・そんな経験をした方も多いのでは?
私も瞑想を始めてはみたものの、とても毎日続けられず
3日やっては、2日さぼって・・・みたいな感じでした。
以前は、朝起きたときとか、お昼ご飯を食べた後とか、夕方とか、
とにかく「出来る時にやる」という感じでした。
だけど、これだと面倒くさいから、とか、
後でやろう的なことを考えてしまって
結局やらずに一日が終わるということが多かったのです。
だけど!
「同じ時間、同じ場所でやる(脳は「習慣」が大好き)」
という一文を読み、
・夜、寝る直前に
・ベッドの上で
・10分間の瞑想をする
と、決めてからは、どーしたことか、1日も途切れることなく
50日以上も継続できています!!
時間と場所を決めることで、「いつやるか?」「今でしょ!」的な判断を
いちいちする必要がなくなり、継続しやすくなる効果があるのかなぁ、と
思うのです。
そして
たぶん、時間と場所を決めるということは、
瞑想に限らず新しい習慣を続けていくのに
有効な方法なのではないでしょうか?
■大切なのは、イマココ!
脳のすべての疲れやストレスは、過去や未来から生まれる。
すでに終わったことを気に病んでいたり、これから起きることを
不安に思っていたり、とにかく心がいまここにない。この状態が
慢性化することで心が疲弊していくんじゃ。
これはすごい納得!
例えば、電車に乗って車窓の風景を眺めている時、
あるいは料理を作っている時、
ふと気付くと、目の前のこととは関係の無いことを考えている。
それは、過去に失敗してしまったときのことや
未来に対する漠然とした不安だとかに心が囚われていたりするんですよね。
思うに・・・
過去や未来というのは時の流れがつくりだす蜃気楼のようなもの。
いくら追いかけても(考えても)、決して手に触れることはできない。
そんな蜃気楼を追いかけても、疲れるだけだったりするのではないか、と。  
脳のアイドリング中に浮かんでくる雑念こそが、脳疲労の最大要因の
1つであり、 その雑念を抑えることで脳を休ませるというのが、
マインドフルネス瞑想の基本メカニズムらしい。
脳のアイドリングというのは、つまり電車に揺られたりして
意識的な活動をしていない時のこと。
そんな時についつい考えてしまうムカつく上司のひと言(笑)
そんなことをしていたら、確かに脳が(心が)疲れちゃいますよね。
脳をムダに疲れさせないために大切なのは、
そうした脳のアイドリング中にも過去や未来のことに気を病むのではなく
目の前の「イマココ」に集中することなのです。
■呼吸は自分をいまここへと呼び戻してくれる錨
「呼吸は自分をいまここへと呼び戻してくれる錨じゃ」
過去の失敗や将来への不安に向かっていた意識が、
私の呼吸に集まっていく。
それに伴って、身体の緊張がじわじわとゆるんでいくのがわかった。
瞑想とか座禅の経験がある方はお分かりだと思いますが、
目をつむって、何も考えず、呼吸に集中して・・・
と言われたって、次ぎから次ぎへと雑念がわいてきます。
10分、いや5分だって何かを考えずにはいられない。。
それに、
瞑想する時には目をつむって呼吸に意識を集中しましょう、
とかってよく目にしますが、
正直、わたしはその意味がよく分かっていませんでした。
だけど、この本を読んで、実践してみて、
何となく分かってきたことがあります。
雑念は自然と涌いてくるもの。
大切なのは、
「あつ、今、関係の無いことを考えてるな」と
雑念に気が付いて、元の状態、つまり呼吸に集中している状態に
「意識を戻す」ことだと思うのです。
その「意識を戻す」とき、呼吸に集中していることが必要なのです。
この本の中で「ラベリング」というやり方が紹介されています。
呼吸に合わせて1から10まで数えて、10までいったらまた1に戻るという
とても単純なもの。
だけど
呼吸に集中していないと、つまり何か別のことを考えていたりすると
いつのまにか、17、18、19、・・・・となってしまいます。
そこで雑念に気付いて、また意識を呼吸に戻すのです。
まさに、「呼吸は自分をいまここへと呼び戻してくれる錨」であることを
実感します。
そして、
瞑想中にこれができるようになると、日常生活の中でも少しずつ
イマ、ココ、に意識を集中することが出来るようになるような気がします。
【まとめ】
この本では、なぜ脳が疲れてしまうのか、
脳を休めるためにはどうすればいいのか、
マインフルネス瞑想の実践方法などに加えて、
人間関係で悩んでいる時にはどうすればいいか、
怒りを感じたときの対処方法なども書かれています。
ただ全体の2/3以上が小説形式なので、
それが苦手という方にはちょっとツラいかも・・・
個人的には、それまで漠然とやっていた瞑想というものについて
もっと深く知ることができたし、
何よりもちゃんと継続することができるようになったことと、
それによって集中力が(少し)高まったり、
未来や過去のネガティブな感情にとらわれることなく、
イマココに集中できるようになったことが、
この本で得られた一番の収穫でした。
最後に・・・
成長していくためには努力や頑張りだけではダメなんじゃ。
薪木を燃やし続けるためには、薪木のあいだの『空間』が欠かせん。
それこそが休息なんじゃとわしは考えとる。
休むのが下手な人っていますよね。
マジメな人ほど一生懸命に頑張ってしまう。
もちろん、一生懸命にやることは大切なんだけど、
それと同じくらい休むことも大切・・・なんだと思う。
ゴロゴロしながら休日を過ごし、
夕方、サザエさんを見ながら「明日、会社行きたくねぇ〜!」では
きっと、あまり休んだことにはならない・・・のだと思う。
この本に書いてあるコトが誰にとってもベスト!
というわけではないかもしれないが、
身体だけじゃなく、きちんと心も休ませてあげないといけない、
そんなことを気付かせてくれる1冊だと感じました。 
信号待ちは儲けものじゃよ……空を見るにはうってつけの時間じゃからな
ちょっと心が疲れてきたなぁ、と思ったら
空を見上げてみるのも私のオススメです!
(おしまい)
 ▼単行本
▼Kindle

タグ: 瞑想 脳科学
posted by penguin-oyaji at 21:30 | Comment(0) | 睡眠・健康・生活習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

実は衝撃的な本でした!「スキニービッチ」



Book-No.67


「スキニービッチ」


世界最新最強!オーガニックダイエット

ロリー・フリードマン&キム・バーノウィン 著


ウイアー美由紀 訳


ディスカヴァー・トゥエンティワン

女も読みたるスキニービッチといふものを、オヤジもしてみむとてするなり。


「怪しい土佐日記」の冒頭より(笑)

本書が発売された頃、こちらのブログとか、こちらのブログ


何かと話題になっていましたので、この本のことは


知っていました。

が・・・・

勝手に女性が読む本。と決めつけていたのと、


行きつけの書店で見かけなかった為、


ずっと手に取る機会がありませんでした。

なぜ女性が読む本と決め付けていたのか?


本書の原題(Skinny Bitch)の意味は「スリムでイヤな女」。ビッチとは


本来「雌犬」を意味する罵倒語ですが、著者これに「自分の食生活や


スタイルに責任を持てるかっこいい女」という意味をこめています」(P196)


そう、タイトルからして女性による女性のための本、って感じだからです。


オヤジには関係ない・・・・って、思い込んでいました。

し・か・し

ブログを通じて知り合ったioryiony(伊織)さんから


「お薦め」とのコメントを頂き、ほんならば・・・とamazonにオーダーしてみました。

え〜、前フリが妙に長くなってしまったので


うりゃぁ!」と


結論を書きたいと思います。

感想を一言で述べると


衝撃的!!!!!」って感じの本です。


(これじゃ、何だか分かりませんよね?)

■信じていたことが崩壊した!


乳製品は病気をつくる。乳製品は有害で、苦痛を生み出す原因となる。


病気になりたいか、病的な体を望むなら乳製品は完璧な食品だ。


(中略)


そう、医学研究の分野では、乳製品が体に悪いっていうのは、当たり前のこと


なのよ」(P68)

卵を食べれば、鶏肉を直接食べるのと同じホルモン剤、農薬、化学薬品、


ステロイドを口にしてることになる」(P72)

牛乳とか、卵って身体に良いと、ずっと信じて40数年間も生きてきました。


それが、この本を読んで


なんじゃ、こりゃぁ!」(by 優作)


と、信じていたものがガラガラと音を立てて崩壊しましたよ。

乳製品って健康にも、ダイエットにも大敵だったんですね〜

とりあえず牛乳を飲むのは止めて、豆乳に切り替えました。

■むごい・・・


食肉処理場のお話が書かれているところがあるのですが、


むご過ぎて、とても引用できない!

動物たちを殺して、食べていること。


分かっていた、でも直視する勇気が無くて目をそらし続けてきた現実を


突き付けられたって感じです。

肉って、どんどん腐っていく動物の死体のことよ。動物の肉は、死んだ直後から


腐り始めるの。


(中略)


動物の死骸ーしかも何ヶ月もたっていて腐っていくものーを口に入れたいの?


(P87)

この本を読んで、


肉を食べる機会は確実に減りました。

■自分が何を食べているのか、知ってますか?


頭を使うのよ。何度言っても言い足りないくらいだわ。そう、頭を使って、


自分が何を食べてるかをよーく考えるの。


(中略)


成分表を読むこと。これが頭を使うことの一つ。何かを食べようと思ったら


それが正確には何なのかを知らなくちゃダメ」(P186)

この本のポイントは


1.成分表をよく読む


2.カラダにいいものだけを食べる


という二点に要約されます。

成分表は読んでも、まだあまり意味が理解できないのですが、


カロリー表示だけはチェックしております(笑)

食パン、調理パンのカロリー表示を見て・・・


なんじゃ、こりゃぁ!」(再び、by 優作)


すげー、高カロリー!


こんなもの食べてたら、痩せるわけないと妙に納得しました。


それ以来、「パン断ち」継続中です。

■食のスキル


この本の内容は、極論に聞こえるかもしれません。しかし、食べ物が


私たちの健康に、そして環境にどのような影響があるかをさまざまな


角度から知ることは、私たちの自分への、そして子孫への責任です


(勝間和代さんの推薦文)

表紙にでっかく「オーガニックダイエット」って書いてあるので、


どーしても「ダイエット本」って印象を受けてしまいますが、


基本的には、食の安全と健康についての記述が大半。

アメリカの話でしょ・・・と思う人は少数だと思いますが、


例え、海の向こうの話であったにしても


日本の食料自給率を考えれば、


直接的に影響を受けているっていう事は納得できるはず。

それに日本国内だって、


食品偽装が常態化してしまっているのが現状。

そんな環境の中で、カラダに良い食べ物と言うよりは


害になる食べ物から、いかにして我が身を守るか


そういう「食のスキル」が必要な時代なのだと実感してしまいました。

マジ、お薦めの一冊でした。


(薦めてくれたioryionyさん、ありがとうございました)

【▼単行本】

===============================================================


《1/52のレッスン・その18》〜和田さんの言葉を自分の勇気に変える〜

だからもしも、目の前になんかやって来たらとりあえず、「好き」とか「嫌い」


とか「自信がない」とか言ってないで、「やってみます」と言ってみるのが


成長の一番の近道だと思います


(「息を吸って吐くように目標達成できる本」和田裕美 著 P25)

この年(40ウン歳)でいうのも何ですが・・・


「人生って面白いなぁ〜」って思うことが時々あります。

自分で決めて、「やる」こともありますが、


人から薦められて「やってみる」こともありますよね。

で、


人から薦められてやってみたら、案外それが自分の人生や


日々の生活の中で大きな意味を持ってしまったりすることもあって、


だから、「面白いなぁ〜」て思うのです。

仕事に於いても上司から言われて渋々やってみたら、


すごく面白くなってきたり、


上で書いたように、人から薦められた本を読んでみたら


目からウロコがボトボトと落ちたりして。

自分の目の前にやってきたモノ(人)って必ず何か意味があるんだと


思えるようになってきました。




3連休の真ん中。


今日は私の父の誕生日。


お祝いしに実家へ帰ります。

今日も、ありがとうございました。
posted by penguin-oyaji at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠・健康・生活習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

睡眠は投資であり、早起きは三文の徳

Book-No.25


「寝る前30分」を変えなさい


高島徹治 著


KKベストセラーズ


(ISBN:978-4-584-13074-2)

お久しぶりでっス!


サボりまくりで、約2週間ぶりの更新となってしまいました。スマン!

サボりまくった後の一冊は睡眠に関する本です。

ところで、「睡眠は投資である」とは勝間氏がよく著書の中で


述べられている言葉です。


(※ちなみに本書の著者は勝間氏ではありません)


本書は、その睡眠=投資を検証し、実践するためのノウハウが


詰め込まれたような内容になっています。

先ず、なぜ睡眠は投資なのか?


理由その1:記憶の整理・定着


「何か新しい知識や技法を身につけるためには、覚えたその日に6時間以上眠ることが


欠かせない(中略)つまり、眠っている間に記憶が整理され、定着していくのです」(P52)


この睡眠による学習効果は学術的な研究でも裏付けがされていて、本書の中でも


その研究結果について述べられています。


もう少しだけ詳しく書くと、睡眠の本を読むと必ず出てくる「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」


という二つの単語。


レム睡眠は比較的浅い眠りで、身体はゆっくりと休んだ状態ですが、脳の方は


活発に活動をしているそうです。夢を見るのは、このレム睡眠の時間帯と言われています。


・・・・で、脳が記憶の整理、定着を行うのもレム睡眠の間だと考えられています。

理由その2:ひらめき!


困ったときには、ぐっすり眠ること。難しい問題を前にしたときほど、あえて眠ること。


そうすればあっと驚くような「ひらめき」に出会うことだってあります」(P58)


脳は情報を記憶するとき、ただ単に整理するだけでなく、過去に蓄積された情報と


ランダムに組み合わせることで、照合作業を行っています。(中略)


そして情報のランダムな組合せの中で、ときとして思いもよらない「ひらめき」を


得ることがあるのです。」(P58)


これは良い発想が生まれる場面として、「三上(枕上・鞍上・厠上)」という


中国の古い言葉がありますが、まさにそれと同じことですね。


だいたい、机に向かって難しい顔をして唸っていても、たいていロクなアイデアは


浮かんでこない!それよりもボーっとしている時や、


トイレで踏ん張っている時(失礼!)などの方が「ひらめく」ことが多いような気がします。

こうした睡眠の効果(記憶の整理・定着、ひらめき)から筆者は睡眠を


現代人に残された最大にして最後の「フロンティア・タイム」として位置づけ、


睡眠を有効な「自己投資」の時間とすることを、本書の中で提唱しています。

睡眠時間を「自己投資」の時間とするために、筆者が考えるプロセスは以下の通りです。


・「寝る前の30分」で種をまき、


・良質な眠りで記憶の整理、定着を図り、


・「朝の30分」で収穫する


要は、眠っている間に脳が学習効果(記憶の整理、定着)を高めてくれる訳ですから、


ただ眠るのは勿体無い!寝る前の30分間に勉強したり、本を読んだり、レポートをまとめたり


することで、その効果を高めようという提案です。

睡眠中に脳が記憶の整理、定着をする・・・と言われても、何だか実感が無いンですよね。


・・・と思っていたら最近、妙な夢を見ました。


寝る前に読んでいた本のページがそのまま夢に出てきたのです!


そこに書かれていた文字も、はっきりと認識できました!


そんな夢を2、3回みたのですが、


これって脳が記憶の整理をしているということなのでしょうか・・・?

「寝る前30分」の習慣を変えることができれば、睡眠が変わります。睡眠が変われば朝が


変わります。朝が変われば仕事全体が激変します。そして最終的には、人生そのものが


大きく変わるのです。」(P171)


私自身、2ヶ月くらい前から夜型生活から朝型生活へ切り替えました。


今はだいたい朝5時〜6時くらいに起きて、こうしてブログを書いたり本を読んだりして


過ごしています。


人生が大きく変わるのかどうか、分かりませんが


朝型の生活を始めてみて、一日の生活が確実に変わるのは実感しています。


1時間くらいですが、今までの生活に「新しプチイベント」が一つ加わるだけでも


何だか一日が新鮮に感じられます。

それから以前は朝、会社に着いても何だか、まだ眠気が残っていたり、


時にはダルさを感じたりしていましたが早起きするようになってからは


そんなことも無くなり、アサイチからパワー全開で仕事が始められるようになりました。

昔から「早起きは三文の徳」といいますが、気持ちにもゆとりができるし


なかなか良いですよ。


【▼文庫】


【▼kindle版】

posted by penguin-oyaji at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠・健康・生活習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする