2008年02月14日

【プロローグ】

何故、オヤジの読書日記なのか?
実は昨年(07年)、正月に「読書、年間で50冊!」と云う目標を立てました。
ジャンルは特に問わず・・・小説でもエッセイでもビジネス書でも、とにかく
年間で50冊の本を読もうと決めたのです。

元々、子供の頃から外で遊ぶよりは家の中で絵本を読むのが好きで、
学生時代なども常に何かしらの本を読んでいた、という活字中毒者だった私。
しかし、それが仕事が忙しくなるにつれて、ここ最近は時間潰しに雑誌を拾い読みし、
本は年にほんの数冊しか読まない生活を送るようになっていたのです。

「これではいかん!お馬鹿になってしまう!!(笑)」
そんな思いに駆られて昨年はとにかく50冊、一週間に1冊くらいのペースで
本を読もう!そして、馬鹿にならないようにしよう! そう決心したのです。

し・か・し、結果は惨敗!
本を読む事自体を目標にしていたいので、いくら本を読んでも何も身に付かない、
学び」が殆ど有りませんでした。
つまり、馬鹿にならないようにしよう!と思っていた筈なのに、結果的には
たた、ただ、今までと何も変わらない状態が続いてしまったのです。

それに1月は6冊、2月は7冊と快調に読み進んでいたのに、3月は4冊、
そして4月には僅か1冊と急激なペースダウン。5月以降は記録すらしていません。
典型的な三日坊主、と言うか計画倒れ!!
あぁ、何と意志が弱いのでしょう・・・・

そこで昨年のリベンジです!
今年は「ビジネス書」で50冊、という目標を立てました。
(できれば、100冊を目指したい!)

しかし、これではまた昨年と同じように「本を読む事自体」が目標になってしまうので、
そうではなく、本を読む事から何を「学び」たいのかを明確にする事にしました。

1、今後の自分にとって「仕事」と云うものと、どのように向き合うのかを考える
今年4月、私は社会人になって丸20年になります。
だいたい企業の中で仕事をする期間は凡そ40年前後ですから、ちょうど半分、
折り返し地点を迎える訳です。
それから、昨年の11月に自分が長年働いてきた会社が事業売却を決めました。
私の在籍していた部署がそのターゲットです。
「もう今の会社にこれ以上いても、自分のするべき仕事は無い」と思っています。
本当は仕事はまだあるのですが、折り返し地点でもあるので転職を前提に
これからの20年を考えてみたいのです。
その為に、経営者の方が書かれた本などを読んで、仕事にどう向き合うかを
考えてみたいと思っています。

2、内部統制と決算書
今年(08年)は日本版SOX法元年とも言われています。
今の会社で事業売却に伴う業務を終えた後、私に対して「内部統制プロジェクトリーダー」の
辞令が出ています。
(自分としては、このプロジェクトが今の会社での最後の仕事と思っています)
その為に「内部統制」とその関連で「決算書」に関して学ぶ事にしました。

3、ビジネススキルについての再勉強
残り20年のビジネスの中で、どんな仕事をするようになっても必要になるであろう
様々なスキルについての「学び」たいと考えています。
ロジカルシンキング、マインドマップ、学習力(勉強法)、手帳術、交渉力・・・などなど。
実はこのブログも読書と云うインプット作業から、何を学んだのかというアウトプットの
実践の場にしていきたいと思って始めました(ついでに文章力、表現力も上達したい!)。
今まで忙しさにかまけて、疎かにしていた自己啓発的な事を今年はドンドンやっていこうと
思うのです。

以上の3点が今年、私の読書テーマです。
50冊(100冊?)という「量」の達成と
「学び」と云う「質、内容」の追求をしていきます。

さて、08年の年末に目標は叶えられているでしょうか?


posted by penguin-oyaji at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック