2014年09月17日

【自己啓発】「全盲の僕が弁護士になった理由」大胡田誠:著 前を向いて未来に進むすべての人へオススメしたい!

全盲の僕が弁護士になった理由

「全盲の僕が弁護士になった理由」
あきらめない心の鍛え方

大胡田誠:著
日経BP社

この本を読み終えた後、何だかとても爽やか!というか勇気が湧いてくる感じがしました。

タイトルから分かるように、全盲になってしまった著者が頑張って弁護士になったという実話なのですが、障がい者が苦労を重ねて・・・

という読み方はしない方が良いと思うのです。

何故なら、誰だって身体的な障がいはなかったとしても心の「弱さ」は持っているし壁にぶつかることはありますよね(たぶん・・・)

困難を乗り越えて前に進むのに、健常者も障がい者もない!と思うのです。

この本が語りかけてくれるのは、その弱さや壁を「どのようにして」乗り越えるかという誰にでも必要な『勇気』だと感じました。

Amazonの内容紹介 

全盲でどう司法試験を突破したのか?証拠写真をいかに読み解くのか?顔を見ずに依頼人の心を読むテクニックとは?

ネットやパソコンをどう使うのか?苦難をエネルギーに変える思考法とは?

「あきらめない心」を育んだ両親の教えとは?

「だから無理」より「じゃあどうする」のほうが面白い。

この本は日経BP社様より頂きました。ありがとうございました。

■本当の限界は少し先にある 

思えばいつも、「もう無理かもしれない」と思った、その少し先にゴールがあったような気がする。山では泣き言は通らない。

途中でどんなに疲れても、結局は自分の足で進まなければ、山を越えることも下りることもできない。

しんどいけれど、でもそこを乗り切ったときに、次はもう少しだけやれそうな気がした。そんな小さな自信をいくつも積み重ねた。

(中略)

人は無意識のうちに、「自分にできるのはここまで」と限界を線引きしている。でも大概は本当の限界はその先にある。(P91)

逃げ場がないくらいに追い込まれた時に、人は限界を超えて自分の本当の力が発揮できる!のではないかと思うんですよね。

私も学生時代にチャリでツーリングをしている時に、峠を越えるために山道を走っていて、ギブアップしそうになったことがあるんですよ。

あたりは木がうっそうと茂っていて、車も走ってなければ他に人もいない。。

だんだんと陽は沈んでいき、あたりは暗くなってきて本当、マジで泣きそうになりました(苦笑)

でもね、本当に無理かというと、そうじゃなくてちゃんと走れるんですよ。

だって、誰も助けてはくれないんだから

(そもそも周りに人なんていなかったし)

自分の足を動かして進むしかないんですよ。

そう、追い込まれると人って「火事場の馬鹿力」みたいにとんでもないパワーを発揮したりできるものなんですよね。

背水の陣をひくとか、退路を断つって言い方よくしますけど、あれも同じですよね。

自らを追い込んで、自分を奮い立たせる!

まぁ、気を付けないと自滅することもありますがァ。。。(経験アリ!)

■「弱さ」は逃げるものではなく、認め向かい合うためのもの 

勝負に勝つために何より大切なのは、自分の弱さを見せつけられた時、

逃げずにそれときちんと向き合う心の強さを持つことだ(P151)

例えば、話しがヘタで人とのコミュニケーションが苦手だったとしますよね。

どうしますか?

なるべく人と会わないようにする?

会っても話さないで済むように隅の方に逃げ隠れる?

なんか、ちっと情けないですよね。

・・・まぁ、これがかつての私の姿だったんですけど(^^::

そんな情けない自分を何とかしたい!

そう思って、自分の「弱さ」と向かい合った時に気付いたんですね。

話しがヘタなら、聞き上手になればいいんだ!って。

自力じゃムリだったんで「話し方教室」みたいなところにも行きました。

おかげさまで今では知らない人とも普通に話せるようになったし、コソコソと隅の方に逃げることもなくなってきたかな(たぶんね)

自分の「弱さ」って、気付いても出来れば見なかったとコトにしたいけど、一生それから逃げ回っているのも、格好悪いじゃないですか。

ちょっと視点を変えれば、弱さが強さに変わることだってある。

「弱さ」は逃げるものではなく、認めて向かい合うためのもの・・・

■明日の夢をかなえるのは今日の自分 

逃げずに、弱さを一度は受け止めて、そして自分を信じることだ。

自分を信じる力は、それまで積み上げてきた努力の量に比例する。

だから、最後の最後で自分に負けないための努力を日々しなければ、と思う。(P155)

高校受験とか大学受験のように、ちょっと大袈裟かもしれないけど、自分の人生を懸けた大一番みたいな場面って人生の中で時々あったりしますよね。

やけに昔の話しで恐縮なのですが・・・

高校受験の時のこと。

その頃、好きだった女の子と同じ高校に行きたい!という一心で猛勉強をして半年くらいの間に確か偏差値を10か15くらいアップさせたんですね、私。

それで何とか彼女と同じ高校の合格圏内に滑り込んだワケですが

いざ、最終的な受験校を決める時になって親や先生から「もしかしたら、この前の模試はたまたま良い成績がとれただけかもしれないから」という理由で、絶対安全圏の高校を勧められたんですよ。

で、私も私でその当時からヘタレでしたから、最終的には周りの言う通りにワンランク下の彼女とは別の高校を受験することにしたんですよ。

結局、15歳の私は自分で自分を信じられなかったわけです。

(あんだけ勉強したのに!)

まぁ、高校受験でそんな体験をしたせいなのか、「いくら努力したって、報われないことだってあるよ〜!」とかなりスレたものの見方をしている私ですが、

それでも!

自分を信じる力は、それまで積み上げてきた努力の量に比例する。

と言うこの一文には、ものすごく共感します!

大事な受験や試験前に、「自分はこれだけやって来たのだから絶対に大丈夫!」そう思えるだけの努力の積み重ねってやっぱり大切だと思うんですよ。

努力の積み重ねって、自分の自信を育てるからね。

■「だから無理だ」よりも「じゃあどうするか」 

娘も将来、人生を左右するような試練に直面するときがくるだろう。

でもそこで諦めずに、勇気をもって前に進んでいくと、まったく別の地平が目の前に開けてくる。

「だから無理だ」と逃げるよりも「じゃあどうするか」と考えるほうが、人生はがぜん面白くなる。そのことを僕たちは、これまでの、そしてこれからの生き方を通じて見せてあげたい。(P183)

何かの本で読んだんですけど、人間の脳って「どのようにすればよいか?」っていうような疑問形で問われると、自然とその答えを探そうと考えはじめるそうです。

だから、会社で上司や先輩からムチャ振りされた時でも即座に「んなこと、出来るわけない!無理だ!」と思うよりも、先ずはそのムチャ振りに対して「どのようにすれば出来るだろうか?」と考えたほうが良いのだとか・・・

まぁ、確かに即座に「無理だ!」と思うよりも出来る、出来ない、やる、やらないはともかく

「どのようにすれば?」と考える方が『できる人』に近づけるような気がしますよね。

著者が書かれているように確かに人生には時々、どう考えても乗り越えることができないような壁が出現します。

そういう壁を前にした時に、先ずはぶつかる!よじ登ってみる!それでもダメならどうやれば乗り越えられるかを考えてみる。

もしかしたら、それはムチャで無謀な挑戦なのかもしれないけれど、壁によじ登りもしないで「無理だよ〜」と言っているよりは遥かに価値のある挑戦なんだろうと思う。

◇◆◇◆◇◆

本当はもっと書きたいコト、紹介したい本文があるのだけれど、さすがに長くなるので、この辺で。

最初の方で

「障がい者が苦労を重ねて・・・という読み方はしない方が良い」と書きましたが、私が何故そう感じたのかは、ここまで読んで頂ければだいたい分かって頂けたのではないかと。

確かに全盲の障がいをもっている人ならではの苦労話も書かれてますが、自分の人生の夢を叶えるために弱さに立ち向かう勇気とか決断、立ちはだかる壁をどうやって乗り越えるのか?

そういう部分って、きっと障がい者、健常者とか関係なく誰にでも必要なものですよね。

自分の弱さに立ち止まってしまっとき、

目の前の壁に押しつぶされそうになってしまっとき、

この本を開けば、きっと「勇気」が貰えると思うのです。

それから・・・

この本のドラマ化も決定したそうです。

どんなドラマになるのか楽しみですね^^



posted by penguin-oyaji at 20:48 | Comment(0) | ルポルタージュ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。