2014年07月31日

「ももクロ流」第1回「100のレッスンより1の現場」

 ももクロ流 5人へ伝えたこと 5人から教わったこと

 

「ももクロ流 5人へ伝えたこと 5人から教わったこと」

川上アキラ:著

日経BP

 

世間から1周どころ3周遅れくらいですが、

ももクロのマネージャー、川上アキラ氏の初の著書、

「ももクロ流」を読みました。

 

まぁ、モノノフ(ももクロのファンのこと)でもない限り

手に取らない本だと思うのですが、

何と言うか・・・・

この本ってビジネス書や自己啓発本としても読めるというか、

下手なビジネス書よりも学ぶことが多いと思います!

 

超絶、オススメ!

 

Amazonの内容紹介 

スタートの代々木公園ライブの観客は数十人。

しかし、6年後の14年3月には、国立競技場公演に2日で

11万人を動員した「ももいろクローバーZ」。

このグループを育てたマネージャーの川上アキラ氏が、

結成からこれまでの歩みを明かす。

 

■100のレッスンより1の現場 

タレントにとってレッスンを何十回繰り返すより、仕事の現場を

1回経験した方が学ぶことが多いと考えています。だから彼女たちに

1つでも多く、現場を経験させてあげたかった。(P29)

「100のレッスンより1の現場」人前で何かを披露することは、

レッスンの何倍も学ぶことがある。(P36)

 昔、テレビで野球中継を見ていた時に誰だったか忘れましたが、

解説者の方がこんなことを話されていました。

 

プロ野球選手もオールスターや日本シリーズなどの大舞台を

経験することで大きく成長する

 

野球選手や他の競技のアスリートにとっても練習は大事だと思うし

それこそ私なんか想像もつかないくらい日々、過酷な練習を

積んでいると思うのです。

 

でも、その練習よりも大舞台を経験することの方が成長が大きい。

 

何故なのか・・・?

 

絶対に負けられない戦いの最中にあっては、

選手は自分の全身全霊を傾けて闘っている筈ですよね。

 

本気度、集中力、緊張感・・・

そうした中ではきっと、普段は眠っている自分の力までもが覚醒し

いつも以上に大きな力を出すことができると思うのです。

 

そうした経験がきっと人を大きく成長させるのでしょうね。

 

さて、ももクロちゃんの話しに戻ると・・・

 

ももクロ結成当初、常設の劇場があるワケでもない

そして事務所からの予算もない彼女たちは

お客さんの前に立つ機会を求めて、代々木公園の路上に立ちます。

 

そして代々木公園でライブが出来なくなった後も

マネージャーの川上さんは苦労しながら会場を探し、

多くの「現場」を彼女たちに経験させていくのです。

 

後にメンバーは語ります。

あの時があったから、今の自分たちがいる。

 

詳細は書きませんが、初期の頃のももクロって本当に

めちゃくちゃ!と思うようなことをやっている(やらされてる)んですよ。

 

でも、そうした「現場」経験が彼女たちを成長させ、

強くしていったのは間違いないと思うのです。

 

プーの私が言うのもなんですが・・・

私たちの仕事も同じですよね。

緊張感もなく日々のルーティンを、ただ何となくこなしている

それでは自分の成長も無い(少ない)。

 

それと・・・この本の中にも登場する川上さんの上司である

藤下リョージさん(通称:理事長)のツイートが印象的だと思うのです。

 「あとはこちら次第。攻めの仕事ができます」

ただ待っているだけじゃ、そうそう大舞台に立つチャンスなんか

やって来ません。自分で攻めていく、そういう気構えも大切ですね。

 

◇◆◇◆◇◆

 

上の方でも書きましたが、この本ってももクロにあまり興味の無い人は

手に取らないと思うんですよ。

 

きっと、今このブログを読みながら

「またももクロのこと書いてるよ、ペンギンオヤジも好きだねぇ」と

呆れている人もいるのではないかと(^^;;

 

でも、それはあまりに勿体ない!

 

「これは面白そう!」と手に取ってもらえるまで、

私、この本については何度も何度もしつこく記事を書く所存でございます。

(だからといって、見捨てないですね〜)

 

そんなワケで、10回シリーズくらいにしようかなぁ、と。

だから、まだまだ続くのだ!これでいいのだ!

 

▼結成当時の代々木公園でのパフォーマンス

 


 

posted by penguin-oyaji at 22:07 | Comment(0) | ももクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: