2013年10月26日

自分の生き方を貫く姿に心が痺れた!傑作ハードボイルド「深夜プラス1」

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1)) 

「深夜プラス1

ギャビン・ライアル:著

菊池光:訳

ハヤカワ・ミステリ文庫

 

「おら、ハードボイルドだどぉ」

・・・と言っても、クレヨンしんちゃんではない!

 

トリオ・ザ・パンチのコメディアンでもあり、

新宿ゴールデン街にその名も「深夜プラスワン」というバーを

経営していた内藤陳さんのギャグの名台詞である。

 

内藤陳 

↑このお方ね

 

その内藤さんが生前にモーレツにプッシュしていた

ハードボイルド小説の傑作がこの本。

なんたって自分の経営するバーの店名にするほど

惚れ込んでいたのだから。

 

版元・早川書房の内容紹介 

ルイス・ケインの引き受けた仕事は、男をひとり車で

リヒテンシュタインへ送り届けること、タイムリミットは

深夜プラス1。だが、フランス警察が男を追っているし、

男の敵は名うてのガンマンを差し向けてきた! 

執拗な攻撃をかいくぐり、ケインの車は闇の中を疾駆する! 

英国推理作家協会賞受賞の名作冒険小説

 

■本をエンリピする

名作だけあってネットを検索してみると、この本を一度ならず

二度、三度・・・と何度も繰り返し読んでいる人が

けっこう見受けられる。

 

よくお気に入りの音楽を何度も繰り返し聴くことを

「エンリピ」(エンドレスリピート)と言うコトがあるけど、

まさにこの本をエンリピしている人がいっぱいいるのだ。

 

この本の解説を書かれた作家の田中光二さんが、

優れたエンターテイメント作品は再読、再々読に耐えられるものである

ということを書かれている。

 

単なるストーリ展開の面白さだけを味わうなら初読だけで充分だが、

作中の随所にはられた伏線、罠、会話の妙などを味わうためには、

繰り返し読む必要がある・・・というか、

そういうストーリ展開以外のところまで実にしっかりと

描かれているからこそ再読、再々読にも耐えられるということだろう。

 

斯く言う私は・・・三度目くらいかな。それも今回は10数年ぶりだったので、

ストーリー自体も忘れてしまっていたので、

まるで初めて読むような感覚で読みました(汗)

 

■自分が自分であるために!

というわけで、超・久しぶりにこの本を読み返したわけだが、

いや〜、やっぱり痺れました!

 

ストーリ自体は上の「内容紹介」にもあるように、

主人公のルイス・ケインが一人の実業家を定刻までにリヒテンシュタインへ

送り届ける。ただし、その実業家は警察からもそして殺し屋に追われている

という設定なのでドンパチもありますが、至極単純なもの。

(まぁ、最後には「えっ?!」という展開があるのだけど)

 

で、何に痺れたかというと物語の終盤。

ケインがヨーロッパ最強のガンマンと対峙する場面があるんだけど、

そこでの彼の台詞。 

〈あるいは、自分がカントンだからか?〉

 

〈(報酬の)一万二千フランというのは計算することができる。

これでは少なすぎると言って断れば受け取らなくてすむ。

だが、カントンであるということは計算できない。

計算ずくで後へ退けない。そのために、わずか一万二千フランの

ためとはとうてい考えられないようなことをする・・・・〉

カントンというのは、主人公、ルイス・ケインの別名で、

昔、レジスタンスの地下活動をしていた頃にそう呼ばれていた。

 

ヨーロッパ最強のガンマンと戦っている時にケインが最もこだわっていたのは、

報酬金ではなく、自分がカントンであり続けること。

つまり、『自分が自分であること』だったと思うんですよ。

自分の誇りのため、と言っても良いかも知れない。

だから自らの命を懸けて戦えた。

 

ルポライター・沢木耕太郎はエッセイの中で優れたハードボイルドに

必要なものとして「魅力的な悪女の存在」と「了解し合える男の存在」という

二つの要素を挙げた。

 

確かにその通りだと思う。

 

だが!

敢えてそこにもう一つ付け加えるなら、

自分の生き方を曲げずに貫く(ある意味、不器用な)生き様

が描かれていることだろうと思う。

 

不器用な生き様・・・といえば、ケインの相棒、ハーヴェイ・ロベルも

同じように器用には生きられないナイーブな心の持ち主と言えるだろう。

 

ロベルはアル中のガンマンなのだけど、なぜ彼がアル中になったのか、

その理由が本当に泣かせる。。

ナイーブな優しい心を固い殻で包んだ・・・そんな表現が似合う男なのだ。

 

■そしてラブストーリーも・・・ 

「ほんとうはあなたと結婚して、あなたの戦争をとめてあげなければ

いけなかったんだわ」彼女は私の顔を直視した。

(中略)

自分が心にかけた唯一人の女から、他の男と結婚したのは間違いだった、

と言われるようなことはめったにないことだ。それも、今からでも遅く

ないのだ、と訴えている。

 物語の中盤に登場するジネット・マリスという女性はケインのかつての恋人。

その彼女から思いがけず飛び出た愛の言葉。

 

思春期に経験する淡い憧れのような初恋もあれば、

人生の酸いも甘いも経験した後に気付く恋もあるというわけですね。

 

あなたと一緒になってやり直したい

くぅ〜〜〜、そんなこと言われてみたいぜ!

 

【最後に】

久しぶりに「深夜プラス1」を読み返したついでに、

内藤陳さんが書かれたオモシロ本ガイド「読まずに死ねるか!」や

「読まずば二度死ね!」もパラパラと読み返してみた。

 

『コーヒー1杯のむ金があるなら本を読め!』と豪語していた内藤さんだけ

あって、本に対する愛情が溢れていたし、思わず読みたい!と思わせる

文章力はさすがだと感じた。

 

昔、ネットの書評ブログなんてなかった頃は、こういうガイド本なんかを

頼りにして本を読みあさっていたんですよね〜

 

「ジャッカルの日」

「初秋」

「長いお別れ」

どれも、内藤さんに導かれて20代の頃に読んだ冒険小説の傑作たち。

 

ビジネス書もいいけど、こういう冒険小説もやっぱりいいよなぁ〜

と改めて思いました。また読み返してみようかな。


posted by penguin-oyaji at 17:07 | Comment(0) | 読書(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: