2013年07月15日

博多祇園山笠2013 追い山笠に行って来た!

 

昨年、初めて博多祇園山笠を見に行き、すっかりハマった私。
今年は是非とも祭りのクライマックス、「追い山」を見たい!と
思い、早朝から博多の町に出掛けてきました。

追い山の開始時間は午前4時59分!
それに合わせて早朝からJR、西鉄バス・電車、地下鉄が
臨時便を走らせます。

終夜運転・・・ではありませんが、
ノリとしては、まさに大晦日から元旦に掛けてのあの雰囲気です。

私が博多駅に着いたのが、午前4時05分。
福岡は東日本に比べて夜明けが遅いので、まだあたりは暗がりの中。
そんな街中にドドドッと大勢の人がいます。

本当だったら、櫛田入りを見るために櫛田神社へ行きたいところですが、
こんな時間にノコノコと行ったところで、
まともに見物できる場所なんか
残っている筈がない!

・・・ということで、櫛田神社はさっさとあきらめ、
大博通りという市内の大きな通り沿いでスタンバイ!

ここで一応、カンタンに博多祇園山笠について説明しておくと、
700年以上の伝統がある博多を代表する祭りで、
毎年7月1日から15日まで開催されてます。

期間中、福岡市内の14箇所に人形師によって飾り立てられた
「飾り山」と
呼ばれる大きな山車(見物用)飾られます。
それと併せて、いわゆるお神輿のように担がれて博多の町を
駆ける「舁き(かき)山」が祭りを盛り上げます。

で、

最終日に行われる「追い山笠」は、祭りのメインイベント的な位置付けで、
全部で八つの流(ながれ)と呼ばれるチームが舁き山を担いで
(※山笠では
担ぐではなく、舁く(かく)と言われます)、
全長5kmのコースを
駆け抜けるのです!

ちなみに・・・舁き山は約1トンの重さだそうですよ。

またその際に、所要時間が計測されるので、各流が時間を競う
タイムトライアル的な楽しみもあります。

さて・・・

午前4時59分に櫛田神社をスタートした舁き山が私の目の前に
やって来たのは、5時15分頃でした。

先ず最初にやってくるのは、招き板を持って走る先走りの皆さん。

中洲流 先走り

やがて舁き山が姿を見せます!

中洲流 舁き山

舁き山を舁く男衆たちの「おいさ、おいさ!」という勇ましい掛け声と
勢い水(きおいみず)が交錯します!

東流 舁き山

西流01

ここで、大通りからちょっと細い路地へ場所を変更。
すると、先ほど目の前を通り過ぎていった山を再び見ることができました。

西流02 

恵比寿流

約5kmのコースを駆け抜けた舁き山は、それぞれ各流の山小屋に帰っていき、
そこで、博多祝い唄と博多手一本 を行うと直ぐに「山崩し」が行われます。

山崩し

台の上にあがった数人の男衆たちがあっという間に舁き山を崩してしまいました。

 また、その頃櫛田神社では鎮めの能が奉納されていました。

鎮めの能

追い山を終えた流のみなさんによる櫛田神社への参拝

櫛田神社 

ちなみに、飾り山の方は14日の夜から深夜に掛けて、
一足お先に崩されてしまいます。

博多駅前飾り山崩し 

元々は、こんな飾り山がありました。

博多駅前飾り山

昨年、今年とリハーサルに当たる「追い山ならし」は見たことが
あったのですが、やっぱり本番の「追い山」は一味違いますね〜!!

何と言うか・・・
すごい迫力が伝わってきて、見てると元気を貰える感じでした。

こりゃ、一度は見てみて体感するしかないですよ!オススメ!

さっそく今年の追い山、一番山の櫛田入りの様子がアップされてました。

昨年の「追い山ならし」のエントリー

ペンギンオヤジのB読書!: 博多祇園山笠2012(飾り山編)

 

ペンギンオヤジのB読書!: 博多祇園山笠2012(舁き山笠編)


posted by penguin-oyaji at 20:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: