2013年04月28日

「拾って」「つなげて」「拡げてみる」(大阪でわしも考えた)

昨日、お友達に会いに大阪へ行ってきました。

 

そこで色々な話しを和気あいあいとしてきたのだけど、

「会話」というか「コミュニケーション」ということで

いくつか気付いた事があったので、極私的な覚え書き。

 

★「拾って」「つないで」「拡げる」

会話の流れの中で何か琴線に触れる言葉とかが

相手の話し手から出てきた時に、

その言葉を拾って・・・

時には、そこから笑いに持っていく、

いわゆる「ツッコミ」として会話を拡げてみる。

 

また、ある時はその言葉から連想されることに

話しを振ってみて会話を拡げる。

 

こういうコトって(私の場合)やろうと思っても

なかなかうまく出来ない!

 

天性の素質なのかとも思うのだが、

根本の部分には「相手の話しを興味をもって聞く!」という

話しを聞く態度というものが必要なんだと思った。

 

★必殺、オウム返し!

相手が話した固有名詞などを繰り返して言うと、

相手に共感していることがよく伝わり、

聞く態度がよくなります(和田裕美さん)

 

例えば・・・

「楽しかったんですよ」→「楽しかったんだぁ」

「京都の出身なんです」→「へ〜、京都の出身なんだ」

こんな感じ。

 

聞き役に徹している時でも、こうしたオウム返しの

リアクションは忘れずに返しているのを間近に見て

思わず密かに「すげーーっ!」って思いました。

 

★相手の話しを咀嚼して他のメンバーに返す

私が例によって熱くなって、マシンガントークを展開した時に

絶妙のタイミングで(= 話しの腰を折らずに)合いの手を入れて

それって、こういうコトだよね、という感じで

私の話した内容をうまい具合に咀嚼して、

会話の”場”に戻してもらえた。(助かりました・・・^^;; )

 

★話しの流れとリズムをくずさない

聞き役から話しの中に入ってくる時に、決して「私がぁ・・・!」

という感じではなく自然と輪の中に入ってきて

気付くと、その人の話しに惹かれていたりする。

 

これって、やはりその場の空気をくずさないで

楽しい会話が続くコツですよね。

 

こうして昨日を改めて振り返ってみると、

やっぱり、楽しい会話の基本って

先ずは相手の話しを「聞く」というところに

あるんだなぁ、と再認識。

 

私の欠点って(まぁ、いっぱいあるんだけど・・・)

とにかく熱くなると、聞いている人に伝わっているかどうかも

気にせずにマシンガントークを炸裂させてしまうところ。

それも、思いっきり早口で!

 

昨日みたいに拾ってくれる人がいれば良いけど、

そうでないと、単なる「イタい人」になっちゃうもんなぁ。

 

相手の話しを活かして、そして自分も活かせて

なおかつ楽しい雰囲気もつくれるようなオヤジになりたいものです。


この場を借りて・・・
改めて昨日、大阪でご一緒してくれた皆さん、
本当にありがとうございました!
久しぶりにお会いする方も多かったですけど、
楽しい時間を過ごす事が出来ました。
今度は是非、福岡でバーベキューということで(笑) 

 

大阪記念ということで・・・

お好み焼き 

 

粉もんは関西の誇りやでぇ〜!(by ももクロちゃん)

 

 

posted by penguin-oyaji at 19:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: