2013年04月25日

次元上昇の進化(ももクロ話・その1)

さて・・・

 

ももクロです。

 

NEWアルバム「5TH DIMENSION」が発売され、

春のツアー&西武ドーム2daysも終わったのだけど、

相変わらず楽しませてもらいました。

 

何が楽しかったのか、それをこれから書いていこうと思う。

キーワードは2つ。

 

・切り捨ての先にある進化

 

・点と点の線を地図にする

 

■ドリアンマスクは序章に過ぎなかった

先ずアルバムの発売に先立ってこんな動画が公開されました。

 

 

なんじゃ、これ?・・・って、思いましたよ。

やっぱり目立ちますよね、

あのトゲトゲマスク(通称ドリアンマスク)

5TH DIMENSION【アマゾンオリジナル絵柄トレカ特典付き】(初回限定盤A)

 

案の定、ネットの掲示板やTwitterなどで話題になってました。

 

でも・・・

 

販促というか、話題作りの最初の一歩としては

これで成功なんだと思う。

 

言葉で「新しいももクロ」とか「進化する」と言われても

何だかピンと来ないけど、あのドリアンマスクを見せられたら

「これから、ももクロってどうなっちゃうの?」って

特にモノノフさんだったら少しは考えますもんね〜

 

ももクロ的に考えれば過去にも

プロレスの覆面をかぶってライブに登場したり、

フェイスペインとしてステージやプロレスのリングに

上がったこともあるので、

まぁ、今回のドリアンマスクもその延長線にある

話題作りの一つだと思ってましたよ、この時は。

マスクドクローバー

※マスク(覆面)はももクロのお家芸だと思ってたら・・・

 

■やりやがった・・・どうやらマジらしい!

そして大阪・名古屋・札幌を巡る春のツアー開始。

アルバム発売の前にツアーを始めちゃうあたりが

ももクロらしいなぁ、と。

 

が・・・!

 

ネットを見てると、何だかとんでもないコトを

やっているような・・・

 

▼これが春のツアーのオープニング場面

 

 

先ずドリアンマスクではないものの、大きめの仮面を

ずっと付けたままでライブをやったらしい。

 

次に各メンバーのイメージカラー(赤・黄・緑・紫・ピンク)を

排した全員同色の衣装だったらしい

 

モノノフさんの象徴(?)、サイリウム(ペンライト)の

仕様を一部制限して、謎の5次元バンドが配られたらしい

 

そしてライブの前半の1部ではNEWアルバムを

楽曲を全曲披露、それもアルバム集録順で!

 

まぁ、厳密に言えばライブ後半の2部では

今まで通りのももクロちゃんで、元気いっぱいのライブを

やったようですが、それでも!

 

やったなぁ〜〜〜!と、思いました。

 

笑顔と、メンバーのイメージカラー、

ライブ会場ではお馴染みのサイリウム、

そういう過去のももクロ「らしさ」みたなものを

今回のツアーでは切り捨てた・・・と言うか、封印してしまった。

 

それに加えて、NEWアルバム全13曲(うち新曲が9曲)を

予備知識の無いファンの前でぶつけるという・・・

さすがにツアー初日は観客みんな置いてけぼりで

「ぽかーん」状態だったらしいww

ナタリー - ももクロ、さらなる進化を見せた5次元アリーナツアー完走

 

余談ですが・・・昔、吉田拓郎が

「もう、過去の歌はうたわない!」と言って

全て新曲でライブをやったことがあるのですが、

その時のことを思い出した(笑)

 

■切り捨ての先にある進化

今年(13年)の元旦、Ustの番組の中でメンバーの一人

高城れにさんが、言ってました。

 

「見るな!創れ!向こう側」

 

グループ結成当時から「紅白出場」を掲げ、

「紅白の向こう側が見たい」と言い続けてきた

ももクロですが、念願が叶った紅白の向こう側に見たのは

何も変わらない今まで通りの自分たちだったそうです。

 

だからこそ、「紅白の向こう側」は見えるものではなく

自分たち自身の手で創り出していくものだと思ったそう。

 

多分・・・今回のツアーやアルバムって

「それなら自分たちの手で紅白の向こう側を創ってみろ」と

メンバーが大人たちから与えられた『壁』だったのではないかと。

 

何かを手放さないと、新しいものは手に入らない

よくそんな言葉を見聞きしますね。

 

過去のももクロ「らしさ」を切り捨て、封印することで

本気になって新しい何か(紅白の向こう側)を手に入れようとした!

そんな、進化する姿を感じずにはいられないのでした。

 

それにしても・・・!

 

既に一度「勝者」となってしまったしまった5人に

勝つ前の路線を再びなぞらせたとしても得るものは

少ないはずだ。

「MUSIC MAGAZINE」13年5月号 P130

 

「成功は復讐する」という言葉がありますが、

過去の成功体験を捨てられずに、同じコトをずっと繰り返したり

しがみ付いている人って自分を含めて多いですよね。。

 

捨てるコト、変化することを「リスク」と考えるか、

それとも変化しないコトこそ「リスク」と思うのか、

そこに人生のY字路がありますよね。。

 

つづく・・・

 

 

タグ:ももクロ
posted by penguin-oyaji at 20:50 | Comment(0) | ももクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: