2013年01月12日

何か始めないと今年の目標は2000%成功でけへんでぇ「夢をかなえるゾウ」

夢をかなえるゾウ 文庫版

「夢をかなえるゾウ(文庫版)」

水野敬也:著

飛鳥新社

 

 

ガネーシャでお馴染みのベストセラー本ですね。

 

私は随分前にオーディオブックで聴いていたのですが、この度、文庫版になったので、改めて活字で読んでみました。

 

Amazonの内容紹介より

「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」 

ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。 

成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。 

夢をなくした“僕”と史上最悪の“師匠”が繰り広げる、「笑って」「泣けて」「ためになる」実用エンタテインメント小説。

 

意識を変えてもムダ・・・?

「人間が変わろう思うても変わられへん最も大きな原因は、このことを理解していないからや。ええか?『人間は意識を変えることはできない』んやで」

「意識を変えることはできない・・・・」

「そうや。みんな今日から頑張って変わろう思うねん。

でも、どれだけ意識を変えようと思ても、変えられへんねん。

人間の意思なんてめっちゃ弱いねん」(P128)

 

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。

意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な何かをな」(P130)

 

新年を迎えて10日余りが過ぎましたね。

 

新しい年を迎えるにあたり、多くの人が「よしっ!今年こそは!」と気持ちを新たにしたり、新年の目標を立てたりしたと思います。

 

斯く言う私もその一人ですが・・・

 

が・・・・!

 

三日坊主という言葉がある通り、あれほど固く決意した筈なのに、新年から数日が経ち、いつもの日常の中に戻っていくと・・・

 

新年の誓いは何処へやら。気が付くと昨年までと同じコトの繰り返し。

 

この本に書かれている通り、「人間の意思なんて、めっちゃ弱い」んですよね。

(いや、もちろん意志強固という人もいるとは思いますが・・・汗!)

 

経営コンサルタントの大前研一先生もこんなことを言われています。 

 

人間が変わる方法は3つしかない。

1番目は時間配分を変える。

2番目は住む場所を変える。

3番目はつきあう人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

 

最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ

 

最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ

 

ナンテコッタ! _| ̄|O

 

まぁ、確かに新年の目標とかを考えている時には実際に行動するときの面倒くささとか、シンドさなんてあまり考えていませんからね〜

 

経験だけが人生を変えていく

「もし自分が変われるとしたら、行動して、経験した時や。そん時だけやで」

(中略)

「今、自分は何かを学んで、知識を吸収して、成長してると思てるかもしらんけど、本当はな、成長した気になっとるだけなんや。

ええか?知識を頭に入れるだけでは人間は絶対に変われへん。

人間が変われるのは、『立って、何かをした時だけ』や」

(P284)

 

要は意識を変えるのではなく、具体的な何か(環境など)を変える

 

知識のインプットだけでなく、実際の行動が人生を変える

 

・・・ということですよね。

 

前にこのブログで今年の目標を立てるのに、過去の自分の人生すべての振り返りをやった、という話しを書きました。

 

その時に何となく感じたことなのですが・・・

 

2008年

 

この「ペンギンオヤジのB読書」というブログを始めました。

 

最初はとにかく読んだ本の感想や学びを一方的にアウトプットしていただけでしたが、やがて、コメント欄を通じて人との繋がりが出来ました。

 

同じく2008年

 

今では人生の師匠と仰ぐ、和田裕美さん、小宮一慶さんのお二人の著書を手にとり、講演会などに足繁く通いだしました。

 

そして、和田さんが運営されている「人に好かれる話し方教室」(現在は、陽転コミュニケーション講座)にも参加しました。

 

多分、それまで人づきあいや、人とのコミュニケーションにすごい苦手意識を持っていた私が、人づきあいを楽しめるように変われたのは、この講座に参加したのがきっかけだったと思います。

 

2010年

 

転職で知る人が誰もいない福岡へ引っ越してきました。

 

まさに、住む場所が変わったことで、人生も変わったと思います。

 

福岡での読書会に参加させて貰ったりしたことで、新たな人のとの出会いがありました。

 

そして仕事面でも、全く未経験の業界に飛び込み、色々なチャレンジもしたし、ついでに挫折も経験しました。

 

振り返ってみると・・・

 

人生の節目というか、人生が変わる時って何かしら自分がアクションを起こしているんですよね。

 

全身で感じる2

「やりたいことを見つけるための方法は一つだけや。それは『体感』することや」

「体感・・・・」

「そや。実際にやってみて、全身で感じる。それ以外の方法で『やりたいこと』なんて絶対見つからへんで。

せやから、『やりたいことが分からない』って言うてるやつの99パーセントは『何もやっとれへん』やつなんや」(P296)

 

確か・・・スティーブ・ジョブズも例のスタンフォードでのスピーチの時に同じようなことを言ってましたね。 

 

好きなことがまだ見つからないなら、探し続けてください。

決して立ち止まってはいけない。本当にやりたいことが見つかった時には、不思議と自分でもすぐに分かるはずです。

すばらしい恋愛と同じように、時間がたつごとによくなっていくものです。

だから、探し続けてください。絶対に、立ち尽くしてはいけません。

 

本来、私の年齢ならば「不惑」ですから、自分の志に迷いを断ち、突き進んでいなければならないんですよね。。

 

今さら「本当にやりたいコトって何だろう?」なんて考えてる場合じゃない!

 

ただ・・・何となく思うのですが・・・

 

世の中がこれだけどんどんと変わっていくのに、自分だけが変わらない、なんて有り得ない!と。

 

今年の目標、100個を考えている時にスラスラと書き出せたものって、殆どが過去の延長線上の目標だったのです。

 

過去と同じようなことをやって、例え目標達成できたとしても、満足感はあるかもしれいけど・・・

 

でも、自分が進化できないんじゃないかなって思ったんですよね。

 

もしも本当に「経験」が人生を変えてくれるなら、今年の私はやっぱり新しい何かを経験して前に進んでいきたいし、変わりたいと思うのです。

 

だから「アウェイ体験を最低でも3つ経験する」という目標を織り込みました。

 

 

そう、私も前進しなければ!!!

 

この年になって、なんですが・・・

 

今でも新しいことを経験する時って、すごく緊張します。

 

でも、やってみなくちゃ何も始まらない。

 

やってみれば、それが自分のやりたいコトかどうかも分かる筈。

 

ガネーシャから、そんなコトを教えて貰った気がします。

 

おしまい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 



posted by penguin-oyaji at 21:59 | Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。