2012年11月13日

ヒロシマ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!(広島読書会に参加してきました)

陽転わくわく読書会aro.瀬戸内海

11月4日(日)12:00〜

広島市・アンデルセン

 

広島が「来てるっ!」・・・何となく、そう思った。

 

この場合の「来てるっ!」は、

 

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

 

という感じに似ているのだ。

 

今年になって約8ヶ月間、

 

広島県の直ぐお隣りの岩国で仕事をしていたし、和田さんのセミナー参加で広島へ行ったり、ついでに言えば私の母方の祖母は広島出身だ(←こじつけ?)

 

何かと広島とつながって来てる・・・ そう、何だかご縁が繋がって来ているような気がしているのだ・・・

 

そして、またもや広島で和田裕美さんファンの方々が読書会をやるというので、福岡から高速バスに乗って参加しに行って来ました!

 

課題本は「日めくりカレンダー」

今回の広島での読書会の参加者は全員で10名!

 

地元・広島だけでなく呉、福山、岡山、愛媛など遠方からの参加者もいらっしゃいました。

 

そう、読書会のタイトルにもあるように「広島」読書会ではなく、around 瀬戸内海なんですね〜

 

そして・・・今回の課題本は何と!和田さんの「日めくりカレンダー」

 

「うぅ〜む、そーきたか!」と思いましたね(笑)

和田裕美の日めくり 毎日「あたらしい私」と出会う31のメッセージ ([実用品]) [単行本(ソフトカバー)]

 

この「日めくりカレンダー」を何処で使っているか、どのページ(日付け)が好きか、

 

そして、このカレンダーにまつわるエピソードなどを順番に発表し合い、それを聞いた人から質問やコメントなども発表して貰うという感じで進行されました。

 

ちなみに私は部屋にある神棚のすぐ下にぶら下げて、朝、神さまに手を合わせる時にそこに書かれているメッセージを読むようにしています。

 

↓↓↓(こんな感じ)

IMG 1401 

 

他にはオフィスのデスクの上とか、トイレとかで使ってるというような声がありました。

 

私は12日のところに書かれている

 

成功する人と失敗する人の差は「決断の1%」

そう、たったの1%

 

というメッセージが好きなので、松下幸之助さんのこの本も一緒に持って行って、(熱く?)語ってきましたよ。

 

道をひらく 

「道をひらく」

松下幸之助:著

PHP研究所

 

一日一生

当たり前のことですが・・・

 

日めくり、というからには毎日、毎日ページをめくって新しいページ、メッセージを目にすることになるわけですね。

 

これが、アイドルやタレントさんのカレンダーのようにピンナップがデカデカと印刷されているものだったら「一日」というもの意識するのは難しいかも・・・

 

いや、別に和田さんのこんなピンナップ付きのカレンダーも「あり!」だとは思いますけど・・・笑

 

↓↓↓(福岡わくわくでの和田さんのセーラー服姿!)

IMG 0874 

 

昨日と違うあたらしい風は、いつも私をあたらしい「きもち」に運んでくれました。

だから私は毎日、あたらしい「私」に出会えたのです。

そして私は今日もがんばって前に進もうと思えたのです。

 

これは、この「日めくり」の一番最初に書かれている和田さんのメッセージです。

 

これを読んで私が思い出したのが、千日回峰行を二度も満行された大阿闍梨、酒井雄哉さんの言葉

 

一日が一生だな。今日失敗したからって、へなへなすることない、落ち込むこともない、明日はまた新しい人生が生まれてくるじゃない。

それには、今日を大切にしなかったら、明日はありませんよっていうことでもある。今が一番大切だってことだよ。

 

「一日一生」酒井雄哉・著 朝日新書より抜粋

一日一生 (朝日新書)

「一日一生」

酒井雄哉:著

朝日新書 

 

実際、毎日、毎日すごい「何か」が起りつづけるコトなんて滅多にないとおもう。

 

基本的には日々、同じようなことの繰り返しが続き、いつの間にか「マンネリ」になってしまうのが普通じゃないかな。

 

でも!

 

昨日と全く同じ今日なんていうことはなくて、何処かに小さいかも知れないけど、特別の出来事があったり小さな変化がある筈。

 

大切なのは、そういう小さなコトに気付けるか、気付けないか。。。

 

それだけでも、一日が終わったときの充実感が違って来ると思う。

 

そうやって、一日一日を大切に感じながら暮らしていこうと思えるのが「日めくり」の良いところだと思うし、そうした気持ちの積み重ねが、いい「一生」を作っていくんじゃないかと思うのです。

 

伝染るんです(うつるんです、と読んでね〜)

今回、広島での読書会に参加させて貰って一番強く感じたのは、とっても良い空気感でした。

 

良い空気は確実に人から人へ伝染するし、それによって、ハッピーになれたり、元気を貰えたりしますよね。

 

うまく言葉にできないのだけど・・・

 

参加してる皆んなが、何だかわくわくしているというか、この新しく始まった読書会を楽しんでいる空気が満ちあふれている感じ。

 

それに拍車をかけていたのが、小さなゲスト2人(二歳二ヶ月と七ヶ月の女の子)

 

とーーーーっても愛らしくて、癒されました^^

 

あ〜、子供ほしい〜!(嫁さんもほしいけど・・・)

↑お約束?・笑

 

実際、参加する人のことを色々と考えて会場を検討してくれたり、会場のお店の前に立って、お出迎えをしてくれたり、主催して下さった方々の気遣いは、本当に気持ちのよいものでした。

(この場を借りて、改めて「ありがとう!」)

 

それと、個人的に参加されてたお一人から、こんなプレゼントも頂きました。

 

Sさん、ありがとうございました〜1

↓↓↓ペンギンのスポンジ!かわゆす〜 ^^

IMG 1414 

 

そんな訳で、大満足して福岡へ帰って来たのでした。

 

おしまい。



posted by penguin-oyaji at 15:16 | Comment(0) | 和田裕美さん読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。