2012年07月31日

火の鳥のように舞い上がれ!「逆転発想の勝利学」

「逆転発想の勝利学」

眞鍋政義:著

実業之日本社

オリンピックでは全日本女子バレーボールチーム

『火の鳥Nippon』を熱烈応援しているペンギンオヤジです。

ロンドンオリンピックがいよいよ開幕しましたね!

『火の鳥NIppon』も初戦のアルジェリア戦を

3-0のストレートで破り、幸先の良いスタートを切りました!

(やったね!)

今朝のイタリア戦では1-3で負けちゃったけど、

まだまだ予選ラウンド、チャンスはあるぜ!

かつては「東洋の魔女」と言われ、東京オリンピック以降

メダルの常連だった全日本女子バレーチームですが、

84年のロサンゼルスオリンピックを最後に

メダルからは遠ざかり、低迷期を迎えてしまいました。

しか〜し!

08年末に真鍋監督が全日本を率いるようになってからは

めきめきと実力を上げて、10年の世界バレーでは

銅メダルを獲得!

昨年のワールドカップでは4位でしたが、

強豪のアメリカ、ブラジルからストレート勝ちをおさめるなど

の大健闘を演じたのです。

この本は、そんな全日本女子バレーボールチームを率いる

眞鍋監督の著書です。

■人生のあみだくじ

「人生とは、あみだくじのようなものだということ。

横に1本、2本と任意の線が加わるだけで、

決まっているように見えた行き先が、まるで変わってくる」

中学時代に「バレーボールをやらないか」と

先生から声をかけられ、

高校時代には「セッターをやってみろ」と

監督から言われてスパイカーから、セッターへ転身。

この2人のおかげで、今の眞鍋がある。と書かれています。

人との出会いが、その後の人生を大きく変えた・・・

こういう話しはよく耳にしたり、本で読んだりしますね。

だから、「人との出会いは大切だ!」というコトを

書きたいのではなく・・・

実は、これを読んだ時に思ったんですよ。

自分は今までの人生の中で、そんなふうに人に対して

良い影響を与えて来れただろうか?、と。

20代、30代の若い頃なら

「よい影響を与えてもらった」という、受け身でも

良いと思うですが、

40代のオヤジ世代になってきたら、

そろそろ、自分が若い世代に向けて

良い影響を与えられるくらいの存在にならないと

いけないのではないか・・・

なんか、そんなふうに思ったんですよ。

「影響を与える」なんていうと、すごくウエカラ目線と言うか、

思い上がった不遜な感じですが、

今まで自分が受けてきた「」や「」というものを

貰いっ放しにするのではなく、

何かしらの形で次の世代に残していかないと

いけないのではないかと、そんなふうに思うのです。

まっ、それだけ私も年をとってきた、ということですなぁ。。

■弱点は補えばいい

そこで我々が立てたのがサーブ、レセプション、ディグ、

そしてミスの少なさで世界一になろうという戦略だった。

高さでかなわないなら、日本人の特長である器用さ、細かさ、

敏捷性で補っていく。仮に技術が全く同じ水準だとしたら、

身長の高いチームが勝つ確率が高い。

それなら、技術で上回ればいいという発想だ」

※レセプション・・・サーブレシーブ

 ディグ・・・スパイクレシーブ

ロシアにはガモアという身長が2メートルを超える

選手がいますが、日本チームでは大柄と言われる

キャプテンの荒木でも186cm。

それどころか、セッターの竹下、リベロの佐野は

159cmと超小柄!

どう頑張ってみたところで、高さでかなう筈がない。。

それならば、自分たちの持っていないもの(高さ、攻撃力)で

戦うのではなく、昔から日本のお家芸と言われている

守備力で戦おうという発想ですね。

これはビジネスでも、あるいは個人でも同じこと。

私なんて、劣等感が服を着て歩いているようなおっさんですから、

とかく、人と比べて自分のダメダメなところに

目がいってしまい、落ち込んだりします。

もしくは、弱点を克服しようとしてあがいたり・・・とか。

でも、段々と気付いてくるんですよ。

自分の持ちカードでしか勝負できないことに。

持ち手のカードが弱いから、勝負をあきらめるのではなく、

どうやったら勝てるかを必死になって考える訳です。

私の人生の師匠の一人、小宮一慶さんが

なりたい自分になれるかどうかは分からない。

でも、なれる最高の自分になることはできる

というコトをよく話されたりしています。

自分の手持ちのカードで最高の組み合わせを考える

それこそが、なれる最高の自分になる、ということ

なのではないかと思うのです。

今朝のイタリア戦には残念ながら負けてしまいましたが、

まだまだ勝負はこれから!

ロシア、ドミニカと強豪相手の試合が続くけど、

頑張れ!ニッポン!

posted by penguin-oyaji at 07:01 | Comment(0) | 読書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: