2011年12月21日

出会うべき人とは・・・(もう一度、わくわくを振り返る)

大阪でのわくわく伝染ツアーが終わった後、

facebookに感想文を投稿しました。


後からネットで色々な人の書き込みを読んでみると

私と同じように和田さんの講演会や

わくわくに最初は一人で参加して、

そして誰とも話さず、一人で帰ってきた・・・という人が

いっぱい居るのが分かりました。


な〜んだ、最初はみんな自分と同じだったんだ」と

ちょっと安心したような・・・(笑)


でも!


考えてみると、そんな一人参加の人たちが

何処でどうやって繋がっていったのだろう?


勇気を出して隣の人に声を掛けたから・・・?

それとも、誰かが結び付けてくれた?


人は、出会うべき人に必ず出会わされる。

それも一瞬早すぎもせず遅すぎもせず


そんな言葉が頭をかすめていきます。


和田裕美さんという方に共感したり

「陽転思考」という考え方に共鳴したり

同じ気持ち、同じ考え方を持っている人は

やはり惹かれあうものがあるんでしょうね。


自分の心がスタンバイできると、

出会うべき人と

出会うべき時に

巡り会えるのだと、

そんな事を感じています。


私が書いた大阪での感想文。 FBにアップしてしまったので、

改めて、こちらにもアップしたいと思います。


---------------------------------------------


2年ぶりに和田裕美さんの「わくわく伝染ツアー」に

参加して来ました。


和田さんのお話しを聞くのも1年半ぶりくらい・・・かな?


久しぶりに和田さんの話しを聞いて改めて思うのは、

やっぱりスゴイ!の一言に尽きるのだけど、

今日、書きたいのは仲間とか縁の話し。


和田さんの本を読んだり、セミナーや講演会に行くように

なったのが08年だから、それから3年半くらいの時間が

過ぎて行った。


初めて行った和田さんの講演会。

その時、私は一人で行き、会場では誰とも話さず

そして、一人で帰ってきた。


それなのに、たった3年半で、わくわくの会場に行くと

知人友人がたくさんいて、ネットで繋がっていた人が

いっぱい声を掛けてくれて、おまけに懇親会で

酒を酌み交わして、いっぱい笑って楽しいひと時を

過ごして帰ってくるコトができるようになっているのだ!


この激変ぶりは何なんだ?!



和田さんはよく「私は人見知りです」と話しているけど

人見知りな性格なら私だって和田さんには負けない!


07年だったかな?

わくわくの前夜祭が行われた時の写真を

ペリエさんのホームページで見て、

自分は「こんな場所に参加するのは、何だかちょっと・・・」と

気後れをしていたし・・・


第一、今だって自分から積極的に声を掛けたりするのは

ものすごく苦手だ。


そんな私が、こんなふうに多くの人と繋がれるように

なれたのは、間違いなく、優しくてオープンハートな

和田仲間の皆さんのおかげだと思う。


少し大袈裟かも知れないけど、

きっと私は和田さんと出会えて、そこで多くの人たちと

出会い、繋がることで、人生が少し変わって来たのでは

ないかと思っている。


セミナーとか異業種交流会とかに参加して

名刺を配って、人脈を作ろう!みないなコトを書いている

本や記事を時々、目にしたりする。


それも悪くない。


でも、わくわくの会場で出会う人たちとの縁は

私にとって「人脈」ではないし、

同じ価値観を持って、同じ方向をみて共に歩んでいる

「仲間」という気がする。


世代も、住んでいる場所も飛び越えて

一気に自分の世界が広がったように感じるのだ。


私にとって、わくわく伝染ツアーは

和田さんの話を聞いて、何かを感じとり、

そして多くの仲間と出会い語ることで元気を受け取る

そんな「場」に進化しているのかも知れない。


今回、大阪で出会えたすべての人たちに感謝です。

ありがとうございました。


---------------------------------------------



タグ:和田裕美
posted by penguin-oyaji at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック