2011年12月15日

笑ってくれて、ありがとう!(2011わくわく伝染ツアー大阪)

わくわく伝染ツアー2011


Everyone Smile


あなたの人生を変える


「7つの力」と2つの決意

2011年11月26日


メルパルク大阪


2年ぶりに「わくわく伝染ツアー」に参加してきました。


そして、初めての大阪会場での参加!


昨年のわくわくは個人的な諸事情から参加を見送りました。

そして実は・・・今年も不参加のつもりだったんだけど、


何か自分を変える「きっかけ」みたいなものが欲しくて、


11月になってから突如、方針変更!


慌ててペリエさんのwebでポチッとした次第。


■親父のこと

第1部が開演。


最初はハワイでの和田さんとお父様のお話し。

そのお話しについては後日談として、


和田さんもブログに書かれてます。



「親と子はときに時間をかけて親子になるのだ。」


和田さんのお話を聞きながら、


私は私で自分の父親のことを


少しボンヤリと考えていました。


注!この先、超!極私的な話しです)

私の父親はとても厳しくて、きっと今だったら「虐待」とか


言われかねないような体罰を受けて私は育てられました。


そして、私の弟も。


それに加えて、何と言っても父親がメチャクチャ無口!


だから、子供を叱るにしても口より先に


手が出てしまうんでしょうけど・・・


それも今なら理解できますが、子供だった私や弟には


ただただ怖い存在としか思えませんでした。


そんな訳で、私も弟も小さい頃から父親と面と向かって


話しをすることが出来ず、何か用事があるような時は


母親を介して間接的にコミュニケーションを


取るような状態がずっと続いていました。


そんな父親も年をとり、


定年を迎えて家で過ごす時間が


増えてからは、だいぶ優しくなりました。


しかし、無口な性格は相変わらずで、


必要なこと以外では、めったに口を開きません。


「以心伝心」という言葉がありますが、


いくら親子でも、心の奥底は話しをしないと


分かりません。


親と子はときに時間をかけて親子になるのだ・・・


和田さんのお話しを聞きながら、


そして、和田さんのブログを読みながら、

これからの時間の中で、


もっと父との心の距離を近づけたい。


そして、いつかはTVドラマのように居酒屋で


親子水入らず、酒を酌み交わしながら、


色々な話しをしたいものだと思いました。


■絆

今回のわくわくでは個人的に


「桃太郎さんの話し」と、


「2つの決意の話し」がズシーンと来たし、


和田さんのセーラー服のコスプレや


まる子の物まねも楽しかったのだけど・・・


その辺は、きっと誰かが素晴らしいブログのエントリーを


書いてくださると思うので(笑)、


私は最後のエンディングムービーの時のことを


書きたいと思います。


ステージ上で和田さんは何度となく


今年は色々なことがありました。。」というようなことを


話されていました。


『3.11』の未曾有の大災害もあったし、


和歌山県を中心とする豪雨災害もあったし


そんな悲しい出来事を、どのように受け止めたら良いのか


和田さんも悩んだと話されていました。


そして、今回のわくわくで話されていたことが


ある意味、和田さんなりの回答だったのかもしれません。


二つの決意

・信じると決める


・笑うと決める


演劇風に語られた「二つの決意」で、ステージはエンディングへ

そして映し出されたエンディングムービーを見ながら


涙が次から次へとこぼれてきてしまったのです。


実は・・・

エンディングムービーを見ている時に、私の頭の中では


このCMがフラッシュバックしていました。



九州新幹線の全線開業日は3月12日。


そう、あの震災の翌日でした。


震災に遭われた方々の心情に配慮して、


JR九州は記念セレモニーは全て取りやめ、


このCMも長い間、放映されずお蔵入りになっていました。


和田さんがエンディングムービーに


どのような思いを込めたのか知る由もないのですが、


私としては、このCMの最後のナレーションに


込められたメッセージと、オーバーラップして


仕方なかったのです。


あの日、手を振ってくれてありがとう



笑ってくれて、ありがとう



一つになってくれて、ありがとう


和田さんは話されていました。


楽しいから笑うんじゃない。 

笑顔をつくるから、楽しい空気が生まれるのだ、と。

『3.11』の直後、日本全国が 

自粛ムードに包まれましたよね。


その頃、笑うことが不謹慎みたいな空気がありました。


でも、それから少し時間が経過して、


明るい空気が欲しいみたいな感じに


皆がなったじゃないですか。


みんなが、悲しみを乗り越えようとして 
「笑おう」と心に決めたんですよね。

今年ほど、「笑う」ことに勇気が必要だった時って


無かったのではないかと思うのです。


震災の翌日から放送される筈だった


このCMを見る度に、


みんなが笑って手を振っている姿が


悲しみの中にあっても「元気だそうよ!」と


語りかけてくれているような気がしてならないのです。


だから・・・

笑おうと決める、という和田さんのメッセージと


エンディングムービーと


九州新幹線全線開業のCMが私の中では


一つに繋がってしまったのです。


※ところで、このCMって一時期「You tube」などのネットでは


かなり話題になりましたが、全国的には放送されたんでしょか?


福岡では震災から少し経ってから放送されてましたが・・・

■最後に・・・

12月11日。東京でのわくわくの日のこと。 

その日、私は福岡でいつもの通り仕事をしていたのですが・・・


20時過ぎくらいにツイッターでこんなメッセージが送られてきました。


Facebookのペンギンオヤジさんのわくわく大阪の時の日記、


わださん @wadahiromi に読まれましたよー。


一度読んだのにやっぱりちょっと泣けました。


Facebookのノート、読まれてたよ\(^o^)/

今日のわくわくでペンギンおやじさんの事を和田さんが話してましたよ!

えっ〜、マジですかぁ〜!と、




ビックリ、クリクリ、栗饅頭!



になりましたよ!


どうやら、東京わくわくの夜の部のエンディングでFacebookに


投稿した私の感想文を和田さんが読んで下さったらしいのです!!!


驚くとともに、どんな感じに読んで下さったのか


とても興味があるのですが、


きっとその場に居合わせてたら


気絶していたかも知れないので、


まぁ、「よかった」のかも(笑)


ちなみに・・・読んでいただいたのFBの投稿はこちら。
2011わくわく伝染ツアー大阪での感想など

では、やりましょうか。
例のあれを・・・

和田さん、ペリエのスタッフの皆さん


そして、会場や懇親会でお世話になった皆さん

せーの!


















!



posted by penguin-oyaji at 15:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 講演会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペンギンおやじ様のブログを拝見しました!

JR九州の九州新幹線全線開業の3分間CM、
初めて見ました!!
噂には聞いていましたが、
凄い映像ですね!!







って、
そこに感動しているだけでは
和田さんの出番がなくなってしまいますが…
でも、
気になっていた映像なので
教えてくれてありがとうございます。

そうなんですよね〜。
3月12日は九州新幹線の全線開業だったので、
西日本の人間としては
非常にわくわくしてましたし、
今でも、
岡山駅で広島・博多方面の電光掲示に
「みずほ」「さくら」
など列車名と
「鹿児島中央」
という行き先を見るにつけ、
一人でニヤニヤしてわくわくしているわけです。

九州新幹線全線開業に先立つこと
1週間前の3月5日、
東北新幹線に
「はやぶさ」
が登場して、
東北新幹線も300km/h時代に突入し、
3月12日には
青森⇔鹿児島間が
乗り継ぎがあるとはいえ、
新幹線で結ばれるという
紀念すべき日だったのですが、
その直前に震災が起こったわけで、
実際に新幹線で
青森⇔鹿児島間が繋がったのは
4月29日の
東北新幹線全線運転再開だったかと思います。

きっと震災がなかったら、
3月12日・13日の新聞には、
「九州新幹線、本日全線開業」
といった内容が
大々的に取扱われていたのではないかと思います。

ついつい乗り物が大好きなので、
新幹線の話題ばかりをかいてしまいましたが、
確かにこのJR九州のCMのメッセージは、
和田裕美さんが
今回のわくわく伝染ツアー2011で
伝えたかったメッセージと
重なっていますね。

流石、ペンギンおやじ様です。

陽転コミュニケーション講座を受けてから、
お会いする方々が
どんな表情をしているのかを
注意深く観察するようになりました。

私は
意識的に、
いつもニコニコしているように努めているのですが、
案外、
多くの方はそうでもないようで、
懇親会の席で
他の方の話や自己紹介を聞くときの表情が
「自然に固い」
ということに気が付いたのでした。

信じると決めること、
笑うと決めること、
決めたなら、
積極的に実践しなくては!
そう思いました。

和田さんのメッセージの中には
主語が省かれていましたが、
誰がどう考えても、
これら2つの決意の主語は
「私」
だと思います。
「私が信じる」と決める
「私が笑う」と決める、
これですね。

もう一つ、
誰に対してというのも重要ですね。
勿論、
「私が相手を信じる」
「私が相手に対して笑う」
相手に対してというのも非常に重要ですが、
本当に重要なのは
「私が私自身を信じる」
「私が私自身に対して笑う」
という自分自身に対する決意が
何よりも大切なのではないかというのが
私が個人的に導き出した結論です。

長くなっちゃいました。
文章をまとめるのが苦手でして…
でも、
伝えるべきは伝えられたかな。

わくわく伝染ツアーに参加させて頂き、
多くの学びと多くの繋がりを頂きました。
和田さんにもペンギンおやじさんにも、
関わって頂きました全ての人に
感謝感謝です。
ありがとうございました。
Posted by 倉敷の大快獣・高橋 ギャオ 武良@赤シャツの男 at 2011年12月16日 07:24
>高橋 ギャオ 武良 さん

素晴らしいコメントありがとうございました!
感動しました。このコメントだけでブログのエントリー1本分くらいですよね。

そうそう、私の時は「話し方教室」でしたけど、
私も教室に参加してから他の方々の顔の表情や話し方には
だいぶ関心を持つようになりました。

やはり、口と目がポイントですよね。
口角を上げて、話しをする時はなるべく大きく口を開く。
「目は口ほどにものを言う」と言われますから、
目の表情は更に難しいのですが、私は人の話しを聞くとき、
うなずきと一緒に、興味のある話しには
ちょっと目を大きく見開くように心がけています。

>確かにこのJR九州のCMのメッセージは、
>和田裕美さんが
>今回のわくわく伝染ツアー2011で
>伝えたかったメッセージと
>重なっていますね。

わっ、分かっていだけて嬉しいです。
文章がうまく書けないので、言いたいことが伝わるかなぁ
と、実は少し心配していたのです(汗)

このCMは開業前に撮影されていますから、
映し出されている皆さんの姿が
「未来に向かって笑顔で手を振る姿」のように
感情移入してしまうんですよ。

ギャオさんのFBのプロフ写真がすごくインパクトが
あるので(失礼!)、前々から知ってはいたのですが、
今回、大阪でお会いすることが出来て
私も嬉しかったですよ〜

これからも、よろしくお願いしますね^^
Posted by penguinoyaji at 2011年12月16日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。