2011年06月12日

居酒屋de読書会(?)

「和田裕美さん読書会@福岡」も
回を重ねて、遂に5回目となりました。。


6月10日(金)19時から行われた
今回の読書会ですが・・・
日程は変わるわ!
会場は変わるわ!
当日は激しい雨に見舞われるわ!
もう、たいへん!!

しかし、そんな事ではメゲナイのが
博多っ子の良いところやけんね^^
(おまえ、まだ引越してきて1年だろ!という
突っ込みは要りません。。)


さて、今回の課題本は和田さんの新刊
「仕事で成長し続ける52の法則」でした。


そして!今回は何とっ!!
福岡読書会、史上初の「感想文」持参!

最初に感想文を読みあって(見せ合って)、
それから各自に発表をして貰えば
より理解も進むのでは・・・?と
思ったのですが、これが正解

発表する側も事前に文字にまとめているので、
スムーズに発表でしたように思うし、
聞く側も、これから何を話すのか
大体は分かってから聞くことになるので、
分かりやすかったのではないかなぁ、って
思います。


ちなみに・・・
私はこんな感想文を用意していきました。
*******************************************

【法則38】
部下に仕事を任せつつ、最後まで見届ける。
言いにくいことも伝えつつ、心から愛し続ける。

1年ほど前に異業種から転職をした私にとって、
業務の詳細が分からないことが何となくの
引け目になり、そのため部下の人たちに
キツイこと、厳しいことが言えず、
悪い事を見つけても
「なぁなぁ」的な対応しか出来ていませんでした。

でも、特に若い部下達からは
「もっと厳しいことも言って欲しい」
「何となく私達に対して遠慮しているように感じる」
というふうに言われました。
私自身が気にしている点は、やはり言葉にせずとも
部下達は感じ取っていたのです。

“相手を褒めておだてるのではなく、
言うべきことはしっかりと言い、
「愛してあげる」ことが大切です“

間違っていること、悪いところは、
しっかりと指摘することが、相手の成長につながるし、
それがその人への思いやり、優しさでもある事を
思い出しました。
そして、厳しい事を言わずにその場を
適当に繕ってしまうのは、相手の未来に対して
ものすごく冷たい態度であることも。

*******************************************

今回は、和田さんの課題本だけではなくて、
自分が好きな本も一緒に紹介しようと
小宮一慶さんの「人生の原理」も持参して、
その中の自分の好きな言葉も併せて発表しました。

「「甘さ」というコインがあるとすると、
その裏側は「冷酷」。」

「「優しさ」というコインがあれば、
その裏は「厳しさ」。」

「人生の原理」小宮一慶・著 P151から抜粋

今回は珍しく私がトップバッターとして
発表をさせて貰ったのですが、
部下を持つこと、部下を叱ることについては
フィードバックでもみんな、色々な思いや体験談を
話して下さり、やはり、みんなそれぞれ
苦労しているんだなぁ、と感じました。


学生時代の部活でもなく、
仲良しの友達の集まりでもない
『会社』という組織の中で
他の人と円滑にコミュニケーションをとるのも
大変なのに、「叱る」となると、
叱る側も、叱られる側も
相当な心のザラツキがありますよね。

和田さんは、この本の中で
人を育てることは子育てに似ている
と書かれています。


子供が成長して、大人になった時に
初めて親の言っていた事や、親に怒られた意味を
理解するのと同じように、
若い頃に上司に叱られた事の意味は
成長して初めて気付くことも多いと思います。

私も新入社員だった頃に
当時の上司からは散々怒られていました。
その時は反発心しかありませんでした。

まさに「親の心、子知らず」だったワケです。

でも、自分が30を過ぎる頃になると
ようやく、その時に上司に怒られた意味が
分かるようになってきました。

そして今では、本当にその上司のことは
感謝しているのです。

きっと誰にでも、自分を成長させてくれた
上司や先輩が1人か2人くらいはいるのでは
ないでしょうか・・・?

今の自分の部下を叱るという事は
そうやって自分が上の世代から受けた恩を
下の世代に繋げていく事と同じ意味が
あるのかも知れません。

今回の読書会。
いきなり居酒屋さんでアルコールを
摂取しながら始め、全員が揃う頃には
半分くらい「出来あがっていた!
という状態でした。

 
それでも!

脳内でドーパミンだかセロトニンだかが
スパークしたのか知りませんが、
何だか、いつも以上に話が盛り上がりました!

第3回のお花見読書会の時にも感じたのですが、
アルコールが入っても、グダグダにならずに
ちゃんと読書会として成立している、
というのは、本当にすごい事ではないか?!
と思うんですよね〜
(自画自賛モード全開!)


さ〜て、次回の福岡読書会は〜(byサザエさん)

和田さんの新刊「本番力」が出るにもかかわらず
敢えて!「幸せレシピ」ということになりました。

「幸せレシピ」は私にとって
初めて読んだ和田さんの本でもあります!

そして・・・
福岡読書会では新しい仲間を探しています!

人見知りでも絶対に大丈夫!
和田さんという共通の根っこで繋がってますから。
是非、ご参加お待ちしてます。

詳しくは、こちらから・・・
http://twipla.jp/events/9327


posted by penguin-oyaji at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和田裕美さん読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。