2009年07月14日

久しぶりに恩師に会いに・・・・小宮一慶さん講演会

『一流になる力』 『「社長力」養成講座』 刊行記念


小宮一慶氏 ビジネスパーソン・サバイバル講座


〜「社長力」と「一流になる力」で今年後半のチャンスをつかもう!〜


09年7月13日(月)丸善・丸の内本店にて



昨日、久しぶりに小宮先生のお話しを聞いて来ました!


以前、このブログでも時々、書いていましたが、


今年の1〜3月に小宮先生の「経営基本講座」に


参加させて貰っていましたが、


小宮先生のお話しを直接聞くのはその時以来です。

久しぶりに恩師に会うような感じで、


わくわくしながら、会場へと向かったのでした^^

前半は小宮先生の単独での講演。


後半は小宮先生に加えてディスカヴァーの干場社長、


講談社編集者の唐沢さんを交えての


パネルディスカッションという内容でした。

では、講演の中からいくつか、琴線に触れたお話しを


まとめてみたいと思います。

■なれる最高の自分になる

「経営」の要素の一つに企業の方向付けという仕事がある。


方向付けというのは、何をやるか、やらないかを決めること。


これは、自分の人生でも同じこと。


私達はみんな、自分の人生を経営しているのだから。

自分の人生でやりたい事に集中して、自己実現を果たす。


自己実現とは、なれる最高の自分になること。

自分がどんな人生を送りたいのか、どんな事をやりたいのか、は


時々、思い返したほうが良い。


(目的を持たずに人生を送っている人がよくいる)

目標を達成するために、月次目標をたてると良い。


何故なら、例え目標が達成できなくても


毎月、反省を繰り返しているうちに、目標が達成できるようになる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そーなんですよねぇ〜、自分の人生を目的を持って生きるという事は


ある意味で、自分の人生を経営しているのと似ているんですよね。

小宮先生からは、経営とは


・企業の方向付け


・資源の最適配分


・人を動かす


の3点に集約されると教えて貰いましたが、


そっくりそのまま、自分の人生にも当てはまるかと・・・

方向付け


自分の人生で何をやり、何をやらないかを決める

資源の最適配分


自分の貴重な時間、お金というリソースを


どのように配分するか(何に時間とお金を使うか?)

人を動かす


より充実した人生を送るために、周りの人と


どのような人間関係を築くか。

この中で一番大切なのは、やっぱり人生の目標、目的を


しっかりと持つという事でしょうね。


これが決まらないと、何も始まらないような・・・(汗)

以前、私なりに自分の人生の中で成し遂げたいこと、


実現したいことを書き出したことがあるのですが、


今は、会社を辞めた事もあって、


また、その中身を見直している最中です。。

■仕事を「目的」とする〜お金を追うな、仕事を追え

・利益が出るくらい良い仕事をする


・利益を出すために仕事をする


この二つの違いは大きい。

利益を出すために仕事をするという考え方は、


仕事を金儲けの「手段」として捉えているのと同じ。

金儲けの手段として仕事をすると、仕事が荒れる。


仕事そのものを目的として、良い仕事をしていけば


結果として儲かるようになる。

お金を追うのではなく、仕事を追うようにする。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前の会社の話になってしまいますが・・・

ご多分に漏れず、スローガンとして「顧客満足の追求」を


掲げていたんですね。


ボス(社長)も、仕事というのは人様のお役に立つことだ、と


よく社員の前で話していました。。

でも、それが業績が低迷し資金繰りが厳しくなるにつれ、


いつの間にか、利益を出すことが最優先!みたいな感じに


社内が変わっていってしまったのです。

自分の実感ですが・・・

利益追求とか、経費削減とかの言葉が


盛んに出てくるようになってから


社内の雰囲気とか、仕事の質は確実に「荒れた」ように


思います。

まさに、小宮先生の言うとおり


仕事を手段にしてしまうと、仕事が荒れるのです!!

厳しい環境下では、経費削減も必要だと思いますし、


それを否定する気は私もありません。

でも、お分かりだと思いますが、


利益の追求とか経費削減というのは


社内の問題で、視線が内向きになってしまうのですよね。

企業も人も、内向きになってもあまり良いことは無いと思います。

講演の中でも小宮先生が話されていましたが、


企業の価値は外部にあるわけですから、


外向きの意識だけは捨ててはいけないと思うのです。

■目の前の仕事が最大のチャンス!

小宮先生が夢として持っていたもの


・社長になる


・コンサルタントになる


・大学教授になる


・本を書く


・テレビのコメンテーターになる


これらの夢が叶ったのも、普段から目の前の仕事を


一生懸命やっていたから。

目の前の仕事を最大のチャンスと捉え、他の人の上をいくような


実力を身につける。


そうすれば、一流になれるし、運も開けてくる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「一流になる力」の中でも、


チャンスと準備はペアで存在する・・・と書かれています。

棚からぼた餅、という言葉もありますが


基本的に世の中、そんなに甘くはないので、


実力も無い者が大成功を収めるということは、


(短期的な成功を除いて)有り得ないわけですよね。

だから最近、本当によく思うのですが


「運をつかむ」というのは、偶然ではなく、必然なんだと・・・

■最後に・・・

ところで、小宮先生のお話しって聞いたことありますか?

元々、あまり一般向けの講演会とかはやらないので、


なかなか聞くチャンスがないと思うのですが。


(企業、団体向けの講演会はよくやられています)

何と言うか・・・


飄々とした雰囲気で笑いも入れながら、


でも、ズバッと核心を突くようなことを話されるのです。

そういう話し方から滲み出てくるお人柄、


それに著書にもよく書かれているように


仕事だけではなく、人としての正しい価値観や考え方を


話してくださるので、私はすっかりファンになっております^^

もしも機会があれば、是非とも一度は


ライブで小宮先生のお話しを聞いてみて下さい。


オススメですよ!

また、会場では冒頭にも書いた1〜3月に通っていた


小宮先生のセミナーで同期だったSさんや


その時にお世話になったKCコンサルタンツ(小宮先生の会社)の


スタッフの方々とも久しぶりに再会できたのも


嬉しかったです^^

では、今日もありがとうございました。


《関連図書》







posted by penguin-oyaji at 23:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | 講演会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

>でも、それが業績が低迷し資金繰りが厳しくなるにつれ、
>いつの間にか、利益を出すことが最優先!みたいな感じに
>社内が変わっていってしまったのです。

そうですね。私の会社の業界も現在、絶不調の真っただ中で、外向きの意識より、コスト削減、経費削減のばかりが、声高に叫ばれています。

ちょっとやばいですね。コスト意識も必須ですが、それはそれで、「外向きの意識」の大事さ、再認識させていただきました。

小宮先生の講演会のシェア、どうもありがとうございました。
Posted by haru at 2009年07月15日 21:36
こんばんは!

今日、「一流になる力」読み終えたところです。
もうず〜っと、ウンウンと頷きながら読んでた気がします。
本がドッグイヤーだらけで上と下の厚みが違うかも^^;
本当に、これまでの小宮さんの本で一番!でした。

この本を読みながら、「あ〜この講座をペンギンオヤジさんは受けてらしたんだ・・」と思ってました。

講演会の報告ありがとうございました。
以前は、こういう講演会って絶対行けない、と思っていましたが、
最近は、そのうち絶対行ける事あるはずって思うようになりました。
ペンギンオヤジさんの記事で意外と沢山講演会ってあってるんだ、というのがわかりました。
という事は、早めにチェックすればいけるかも・・・と。
そのうち、きっと「飄々とした雰囲気」も味わえる!

本当に、ペンギンオヤジさんのこのブログのお陰です。
ありがとうございます!
Posted by eries.m at 2009年07月15日 22:46
ペンギンおやじさん、こんばんは!!

>お金を追うのではなく、仕事を追うようにする

この言葉、いいですね。
お金を目的にしてしまうと、仕事が荒れる・・・その通りだと思います。

ちょうど今は学校ではテストの時期ですが、単位を取ることだけに固執してしまうと、肝心の勉強が疎かになってしまう。
友達のレポートや過去問を手に入れれば単位は取れます・・・が、それで得たものって??

どうせ単位を取るんだったら、後々に残る知識を獲得しておきたいですし、その方がやりがいもあって楽しいですよね!

でも、大学院になってはじめて、こういう風に考えれるようになりました(´・ω・`)


ほんと、ペンギンおやじさんの記事はとても刺激的です。脳みそに(笑
ありがとうございます♪
Posted by しのの at 2009年07月15日 23:07
haruさん、こんばんは。

このご時世ですから、苦戦は仕方ないかと思うのですが・・・
小宮先生が業績が悪い時には、良くなった時の準備をしておきなさい
と、話されていました。
会社では経費削減でも、個人としては未来に向けて
自分への投資をしておきたいですよね。

いつも、ありがとうございます!
Posted by penguin-oyaji at 2009年07月16日 22:50
eries.mさん、こんばんは。

「一流になる力」、良いですよねぇ〜
私も読んでいて本当に良い刺激をいっぱい受けました!
小宮先生はこの後も続々と新刊を出されるようですので、
とても楽しみです^^

講演会場でよく、大阪から来ました!とか、
仙台から来ました!と、地方から出席されている方と
ご一緒します。時間とお金を使って参加されている分、
東京の人間と比べると気合が違うと言うか、
ものすごく熱心だなぁと感じます。

チャンスが少ないかもしれませんが、気になる講演会には
ぜひとも出席してみてください。絶対に得るものがあると思います。

私のブログでも、少しはお役に立てれば嬉しいです^^
いつも、ありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年07月16日 23:02
しののさん、こんばんは。

私なんて大学はギリギリで卒業しましたから、
単位を取ることに必死でした(笑)

多分・・・学生であれば
「目標」:単位を取る
「目的」:自分が極めようと思う分野で研究を深め、より善く学ぶ
では、ないかなぁと思います。

小宮先生も「目的」と「目標」の違いを指摘されていますが、
単位を取る、という事はあくまでも一つの通過点に
過ぎないんですよね。

正しい考え方を持つという事は学生でも社会人でも
同じように通用するものだと思います。
それに、今からそういう考え方が身に付いていれば
将来、社会に出てからも大きく活躍できますよね。

何だか支離滅裂なコメントになってしまって、
ゴメンなさい。思いを汲み取っていただければ(汗)

いつも、ありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年07月16日 23:16
こんばんは!
私も「一流になる力」読みました。
自分が100%の仕事をしているか?
と問えば答えはNO!なので、
色々と不満はあれどもまずは自分が
変わらなきゃと思って実行している
つもりではあるのですが…。
なかなか身につきません…。
私の根本の考え方にまだまだ浸透してない
証拠です〜。
先生のお話直接また伺いたいです!!
Posted by 二代目 at 2009年07月17日 00:04
こんばんは。

小宮先生も、和田さんもよく
「目の前の仕事に全力で取り組めば自然と運も開けてくる」
というような事を書かれたり話されたりしていますよね。

ただ私自身も前の会社で最後にやっていた「内部監査」や
「内部統制」の仕事は全然、好きになれなかったし
全力でやっていた訳でもないんです。。。

仕事ってお金を得る手段ではありますが、
自分自身を磨くという側面を持っていると思うんですね。

であれば、終わりは無くて、ある意味「一生が修行」とも言えるわけで、
だから、今出来ていないことが問題ではなく、
これから、どうやって成長していくかの方が大事かなと
思っています。(またエラソーな事を書いてゴメンなさい)

小宮先生、お忙しそうなのでムリはいえませんが、
もっと一般向けの講演もやって欲しいですよね^^

いつも、ありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年07月17日 01:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック