2009年05月02日

白くまさんがペンギンと出会ったら・・・

昨日、和田裕美さんの絵本「ぼくは小さくて白い」の朗読会に
参加してきました。

《関連図書》


開演の1時間前、6時ごろに会場のリブロ・東池袋店に到着。

会場入り口前で並んで待っている時に、
私の前に並んでいた方から声を掛けてもらいました。

その方が「白くま」さんでした。
(もちろん、ハンドルネーム)

並んでいる間、白くまさんから、貴重なお話を
たくさん聞かせて頂きました。

白くまさんは生まれつきアルビノという病気で
髪の毛は白く、視力も弱いとの事でした。

ただ・・・・

お話しを聞いていて、「すごいなぁ」と思ったのは、
ご自身のホームページやブログを通じて
同じ病気で悩んでいる人や、その家族の人たちのために
オフ会(交流会)を主宰されていたり、
要請があれば地方へも講演をするために出掛けて行ったり、
直接、電話などで相談も受け付けているというのです。

自分と同じような悩み、苦しみをもっている人のために
自分ができる最大限の事をしようと考え、
実際に行動している、白くまさんの姿勢に
先ず「すごい!」と感じました。

それから・・・

髪の白さ、視力の弱さというような病気からくる症状についても
これがぼくの『個性』です」と言い、
ありのままの自分を受け入れている
白くまさんのメンタルタフネスにも、感動してしまいました。

実はその場で、以前に白くまさんが出演されたラジオ番組を
録音したCD-ROMを頂き、帰宅してから聴いたのですが
子どもの頃は、見た目が他の人と違う事で
いじめられたりした事もあったそうです。

でも、その見た目の違いを
普通だったら隠そうとするのではないかと思うのですが、
白くまさんは、ありのままの自分を受け入れるという気持ちから
「個性です」という言葉で表現されているのです。

私を含めてですが、
自分自身をありのまま受け入れるのって、
簡単なようで、実はハードルが高かったりするじゃないですか。。
自分の事でも見ない振りしているところって、
けっこう、あったりしますよね。

だから、なおさら
白くまさんの言葉には、ハッとさせられたのかも知れません。

さて・・・

そんな白くまさんが、和田さんの絵本に出会って、
その日の朗読会にやって来た経緯についてもお聞きしたのですが

本当に偶然、書店で和田さんの絵本を手に取り、読んでみたら
主人公である白いペンギンに
白くまさんご自身が重なり合って
ものすごく感動されたそうです。

※その時のことを書かれた白くまさんのブログはこちらから
親から子に読んできかせたい素敵な本の紹介ですヾ(=^ ▽^=)ノ

そして、この絵本を色々な方たちにプレゼントされたところ
同じように感動して、涙を流しながら読んだ人が
いっぱいいたことを聞きました。

確かに白くまさんのお話を聞いていると、
この白いペンギンは、白くまさんの事を書いているようにも
読めるんですよね。

だから、白くまさんがこの絵本を手にしたのは
偶然ではなくて、必然だったんじゃないんですか」って
ご本人に話しました。

和田さんの朗読会の最後、質疑応答の時間に
白くまさんが手を上げて
これから、この絵本をぼくの講演会のときに朗読してもいいですか?
と質問され、和田さんも快く承諾されていました。

その様子を見ながら、
これでまた、今度は白いペンギンが白くまさんと一緒に
多くの人の心に勇気と優しさを届けに
旅立っていくんだなぁ〜と思ったのでした。

そしてペンギンオヤジ、つまり私も白くまさんから
多くの事を感じ、学ばせてもらったのでした。

※和田さんの朗読会については次回へ
ツービーコンティニュー(笑)

・白くまさんのブログ「白くまのぽかぽか日和ヾ(=^▽^=)ノ」
・白くまさんのホームページ「白い旅人」

いつも、ありがとうございます。



posted by penguin-oyaji at 21:25 | Comment(6) | TrackBack(0) | 講演会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
penguin-oyajiさん、こんばんは。

心動かされ涙する、ステキな日々をお過ごしですね。
綺麗な涙は心も気持ちもクリアにしてくれる気がします。

それから、朗読会でのステキな出会いによる気づきを
早速シェアしてくださりありがとうございます。

(和田さんと白くまさんのブログも拝見したのですが)
真にやさしい方って、凛とした強さを必ずお持ちだし、
とても温かい眼差しにも心を解していただくことが多いです。

そんな方々にただひたすら憧れる私は・・・
自分を受け入れ、好きになれるよう努力中です(笑)

penguin-oyajiさん、次回も楽しみにしております♪
Posted by 艶子 at 2009年05月02日 23:55
なんだか、「運命的なフリー初日」だったようですね。
白くまさんのブログも拝見しました。
アルビノという病気のこと、全く知りませんでした。
ペンギンオヤジさんのお陰で、間接的ですが白くまさんやアルビノという病気も知る事ができました。ありがとうございました。
ブログって凄いですね。

ところで、今回の記事、字が大きくなっていますね。
ペンギンオヤジさんの優しさ、感じます。

今回も講演会のシェアと「出会い」ありがとうございます。
Posted by eries.m at 2009年05月03日 17:02
ペンギンオヤジさん

コメントへの返信が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

こんなにもご丁寧に私の個性のアルビノをご紹介下さり本当にありがとうございました。

絵本と出会えたのも和田さんやミウラさんやペンギンオヤジさん今回、企画をなさって下さったみなさん、絵本に共感して集まったみなさんにお会いできた事も必然ですね。

全ての出会いに感謝です。

そして、今回のペンギンオヤジさんブログの字の大きさもとても読みやすく、文章も素敵で感動致しました。

こうして、アルビノをご紹介していただく事でまたひとり、そしてまたひとりと確実に知っていただける事を嬉しく思いますし、当事者やご家族も喜んでくれているでしょう。

いま、私はアルビノもそうなんですが、見た目の問題を抱えた多くの仲間たちからも啓発をたのまれています。

これからもコツコツと自分に出来る事で、一人ずつでも例え効率が悪くても知っていただけるように活動をさせていただきます。

もし、よろしければこれからも宜しくお願い致しますね。

今回、ここにコメントを下さった艶子さんeries.m at さん私の日記まで読んでいただき温かいコメントをありがとうございます。

今回、お会いした皆さんがこれからも幸せに過ごせますように心より祈らせていただきます。



Posted by 白くま at 2009年05月03日 18:18
艶子さん、こんばんは。

そうですね、ここ数日は何だか節目だからなのか、
感動することが多い良い一日を過ごさせて貰っています。
(ありがたいことです。。)

>真にやさしい方って、凛とした強さを必ずお持ちだし、
>とても温かい眼差しにも心を解していただくことが多いです。

まったく同感です!!
一緒にいたり、お話を聞いていると顔の表情や
言葉の端はしに、その人の持たれている「優しさ」や
「強さ」を感じますよね。
チャンドラーの名言
「男は強くなければならない、だが優しくなければ
生きている資格がない」という一節を思い出しました。

私も日々、反省と修行です。。
がんばります!

いつも、ありがとうございます!!
Posted by penguin-oyaji at 2009年05月03日 23:38
eries.mさん、こんばんは。

そうですね。フリー初日にして
とても心に残る出逢いがあったして、思い出の多い一日でした。

私も白くまさんからお話を聞かせて頂くまでは
全然、アルビノについては全く何の知識もありませんでした。
ブログって確かに人と人の心をつないでいく
すごいツールでもありますよね。

eries.mさんとも、ブログがあったからこそ
出会えたわけですし・・・^^

今回は是非、白くまさんにも読んで頂きたくて
字の大きさも変えてみました^^
他の皆さんにとっても、字は大きい方が読みやすいですよね。
これから少し、字の大きさにも心を配っていきたいと思います。

いつも、ありがとうございます。

Posted by penguin-oyaji at 2009年05月03日 23:45
白くまさん、こんばんは。

とても丁寧なコメントを頂き、ありがとうございます。
断りも無いまま、記事にして書いてしまったので
内心ではちょっとドキドキしていたのですが、
ありがたいコメントを頂けて、嬉しく思っています。

最近になって「出会いは本当に必然」だと思えるように
なってきました。今回もこうして白くまさんに出会えて
貴重なお話しを聞かせていただき、本当に感謝しています。

記事の中でも書かせて頂いたように
白くまさんの行動力と前向きな気持ちは
今の自分にとっても、本当に見習わなければならないところだと
思っています。

こちらこそ、今後とも末永くよろしくお願いします^^
Posted by penguin-oyaji at 2009年05月03日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。