2009年04月20日

これでブログの好感度アップかも・・・「人に好かれる書き方講座」

和田裕美の「人に好かれる書き方講座」


09年4月18日(土)


渋谷 シダックスホールにて



え〜と、先に謝っておきますm(_ _)m

今回も、堂々の長文です!←勘違い!

読むの大変かもしれませんが、もし良かったら


最後までお付き合い下さい。

先週末に、和田裕美さんの「人に好かれる書き方講座」を


受講してきました。


(今回は話し方教室ではありませんよ・・・「書き方」です)

もともと、文章を書くのは割りと好きな方で、


お恥ずかしながら・・・学生の頃は


将来、俺は物書きとして生きていくぜ!」と


半分くらいマジメに思っていた時期もありました。。


何という世間知らずだったのでしょうね・・・私

しかしながら、文章を書くのが「好き」という事と


きちんとした文章が書けるというのは、


当然ながら、全然違うことなんですよねぇ。

このブログを1年ちょっと続けてきて、


自分の文章力をアップさせたいなぁ〜と


ちょうど思っていたところだったので、


まさにグッドタイミングでした。

それに、タイミング的に仕事でお世話になった方々へ


お礼状とかも書かねばならない時期に重なったので、


ますますグッドタイミング!

■文字のコミュニケーションは難しいよね

「話し方教室」と違って、今回の「書き方講座」は


和田さん直伝で、3時間かけて色々と例題をあげながら


文章の書き方を教えて下さいました。

今回の講座、『人に好かれる』がキーワードですから、


よくありがちな、


「貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます」とか


「平素は格別のご高配を賜り・・・」というような


ビジネス文書は一切出てきませんでした!

うまく文章を書く・・・と言うよりは


読んでくれる相手の人に喜んでもらえる文章、


あるいは、相手の人を怒らせたり、傷つけたりしない文章


どうやって書くが、講座の内容の大半を占めていたように


思います。

多くの人が感じていると思いますが、


文字だけのコミュニケーションって本当に難しいですよね。

面と向かっての会話でさえも時々、誤解を与えてしまうことが


あるのに、一方的に文字だけを送りつけるメールや手紙だと


なおさら発信者の意図とは違う受け取り方をされることが


多いのではないかと・・・

それに面と向かって会話をしていれば、相手の顔の表情から


ちょっと、まずいこと言っちゃったかなぁ〜」と


察することが出来ますが、


メールや手紙だと相手の顔が見えないので、


何気なく書いた一言が知らないうちに、


相手の人を傷つけていたり、


怒らせているかも知れないと思うと


ちっと、怖いですよねぇ〜

■上目線!!

当日、和田さんからは色々なお話を聞くことができましたが、


その中で印象に残っているお話を少し書いてみたいと思います。

・書く時には誰に宛てて書いているのかを意識する


(自分の立ち位置を考える)

自分より年下(後輩)の人から、思いっ切り「上目線」の言葉で


書かれたメールが送られてきたら、


多分・・・あまりいい感じはしませんよね。

当日は例として「お試しあれ」という言葉は


少し上目線である、という指摘がありました。

確かに言われてみると、「お試しあれ」という言葉は


できている人、既に経験している人から


できていない人、まだ経験していない人に向けて使う言葉ですから


立ち位置としては、上から下へ向けて使う言葉ですね。

でも・・・


恐いのは、「お試しあれ」という言葉は日常の中で


意識しないで使ってしまいがちな言葉でもあるというところですかね。


(それも書き言葉の中では無意識に使っているような気がします)

そう思うと、いままで自分の書いた文章で


嫌な思いをさせてしまった人が少なからず居たんじゃないかなと、


急に不安になってしまいました。。。

よく「文書には書いた人の人柄がにじみ出る」と言われますよね。


今回、和田さんのお話を聞いて改めて思ったのですが、



「言葉遣い」って、きっと『枝葉』の部分だと思うのです。


書く人の人間性みたいな部分が、『幹とか根っこ』。


そして、本を読んだりした時に感じる気持ちが、


きっと『木を育てる雨



だから、言葉遣い(枝葉)を良くしようと思ったら


自分自身の心や人間性(幹とか根っこ)を育てなくては


いけないんじゃないかな?と思うのです。

そして、そもそも言葉を知らなかったり、


間違った意味で使っていたら


それだけでアウトになってしまうので、


多くの本を読んだりして、言葉や言い回しを


覚えたりする事も必要かと。。

■たった1行でも印象が変わる

何か書くときに、「情報」とか「意味」だけを伝えるのであれば、


多分、そんなに悩まないと思うし、


ハードルもそんなに高くないように思うのです。

それにビジネス定型文章のような、ひな型がありますから、


一度そのパターンを覚えてしまえば、


いちいち悩まなくても済むのではないかと思います。

ただ、そこに「情緒」とか「意識」を織り込もうとすると


途端にハードルの高さが上がるような気がします。


少なくとも私は一気にハードルの高さが


10メートルくらい上がるような感じがします。。。

和田さんが繰り返し話されていたことがあって、


それは、「文章に正解はない」ということ。

だから、情報だけを伝えている(素っ気ない)文章でも


けっして間違いではないし、悪いわけでもない。

私も仕事上でメールを貰ったり、送ったりしています。


たいてい、9割以上のメールは単に必要な情報だけが


書かれた文章をやり取りしています。

でも、たまに読んでいて嬉しくなるようなコメントが


書かれているメールを受け取ることがあります。


たった1行、たった一言でも、


読む人の心を動かすような言葉が書かれていると


印象がガラリと変わりますよね。

ビジネスの場であっても、人と人とのお付き合いで


成り立っているわけですから、


たかがビジネスメールと、ないがしろにするのではなく、


心を込めた一言が書けるようになりたいと思います。

それはハードルを10メートルも上げるような


難しい事ではなくて、心を込めた一行、一言でも


よいのですから。

■最後に・・・(次回予告?)

例によって既にかなり長く書いておりますが・・・(汗)


もう少し書きたい事があるのですが、

でも、せっかく人に好かれる書き方を勉強してきたのに、


これ以上書くと、単に読むのがかったるい


人に好かれないブログ」になってしまうと思われるので、


続きは、また次回ということで・・・

どうも、和田さん関連の記事は


やたらと熱が入ってしまいます(*^▽^*)ゞ

最後に・・・

今回も一人で参加したのですが、


会場では話し方教室で一緒に学んだ仲間の人たちと


再会を果たすことができて、


それも嬉しかったの一つでした。

また、その日に新たに知り合えた人もいて


こうして人の輪って拡がっていくんだなぁと


実感しました。

当日、会場でお会いできた皆さん、


ありがとうございました!!

それから、今回もペリエ(和田さんの会社)のスタッフの皆さんには


やさしく言葉を掛けていただき、ありがとうございました。

そして、ここまで延々と読んでくださった皆さん、


ありがとうございます!



posted by penguin-oyaji at 22:55 | Comment(14) | TrackBack(1) | 講演会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
penguin-oyajiさま、こんにちは♪

セミナーの気付きをたくさん伝えてくださりありがとうございます☆
私は残念ながら参加できなかったので、とってもとっても嬉しいです!!!!!

さてさて、今日は・・・
 だから、言葉遣い(枝葉)を良くしようと思ったら
 自分自身の心や人間性(幹とか根っこ)を育てなくては
 いけないんじゃないかな?と思うのです。
・・・こちらのお言葉が響きました。

本当に・・・そうですよね。
たとえ、語彙力が豊富であっても冷たい感じを与えたり、
なんだか言葉巧みと思われたらもったいないですよね。。。
せっかくなら、その思いを優しさとして伝えて欲しいですし!
逆もまた然りと思っています。

実は私こそが、無意識に相手をコテンパに打ちのめしたり・・・
威圧的な空気をバンバン飛ばしていたりと(特に男性に!!)
そういう部分をなんとか克服したくて和田さんのセミナーに
参加していたのですよ(笑)

結局、小手先のテクニック云々ではなく
「人としての魅力を磨くこと」が正道なんだと思い・・・今に至ります。
その修行街道のゴールは遥か彼方。まるでイバラ道ですが。。。

なにより、私もpenguin-oyajiさんのように豊かな表現力で、
相手に思いを届けられるステキな大人になれるよう励みます。

いつもありがとうございます☆
次回も楽しみに楽しみにしております♪♪♪

(長々と大変申し訳ございませんでした)
Posted by 艶子 at 2009年04月21日 00:35
艶子さん、こんばんは。

たくさんコメントを書いてくださって、
ありがとうございます!嬉しいです^^

言葉って、考えてみると自分の気持ちや意識から
出てくるものだと思うんです。
だから、例えば愛想笑いをしても、
目が本当に笑っていないのと同じように
心でネガティブな事を考えていると
自然とそれが言葉になって、
相手に伝わってしまうんじゃないかと思うんです。

だから、好感度の高い言葉を書いたりするためには、
やはりそれに相応しい心の状態になっていることが
必要なんじゃないかなぁって思います。

”「人としての魅力を磨くこと」が正道”
私も本当にそう思います。同感です^^

それから、お褒めの言葉まで頂いてしまって
ありがとうございます(*^^*)
そう言っていただけると、また頑張ってブログ書こう!って
エネルギーチャージできます!!

いつも本当にありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年04月21日 22:58
ぺんぎんおやじさん、こんばんは。

いいなぁ〜
いいなぁ〜
いいいなあああ〜

私も受講したかったんです!!
ううう。

レポートの続きを楽しみにしていますね♪
Posted by Terry@アウトプッター at 2009年04月21日 23:13
Terry@アウトプッターさん、こんばんは。
(ハンドルネーム、リニューアルですか?^^)

思いっっっっっきり、羨んでいただいて
ありがとうございます(笑)

第二回も予定されているようですので、
ご都合が合えば、是非!!

続きもまた頑張って書きますね。

いつも、ありがとうございます。


Posted by penguin-oyaji at 2009年04月21日 23:43
こんばんは。
書き方教室、大盛況だったみたいですね。

上目線…、確かに無意識のうちに
上目線な言葉を使ってしまっていて
あとで後悔するなんてことはよくあります。

第2回を期待してます(^^;)

ところで…今日、リブロ東池袋店に行ってきたのですが、
もしかして…
流石です。楽しみにしてます(*^^*)
Posted by ゆたか@がんばりSE at 2009年04月22日 21:15
ゆたかさん、こんばんは!

書き方講座は本当に大盛況でしたよ!
ある意味、「わくわく伝染ツアー」の時みたいな
熱気を感じたくらいです。

上目線からの言葉って、私もけっこう今まで
無意識のうちに使っていたと思います(汗)
だから、本当に反省です。。

このタイミングでリブロ東池袋店へ行かれたという事は・・・
私も楽しみにしています!!

いつも、ありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年04月22日 21:33
ペンギンオヤジさん、こんばんは。

haruです。

和田さんのところでは、「話し方教室」だけでなく、「書き方講座」もやっているのですね。
こちらでは、(私の苦手な)ロールプレイとかは無しですか? それなら自分も参加できるかも。和田さん直伝というのもポイント高いですね。

Posted by haru at 2009年04月22日 22:03
haruさん、こんばんは。

「書き方講座」は今回からスタートということで
初めての開催だそうです。

ロープレはありませんでしたが、
自分が書いた文章を隣の人と見せ合う、ということはありました。

こうしてブログで自分の書いた拙い文章を、
日頃から晒しているのに、隣の人に見せて下さい、
と言われると何だか妙に恥ずかしかったりしました(*^^*)

でも、和田さん直伝ですから是非、次の時には
参加されてみてはどうでしょうか?
色々と刺激になると思いますよぉ〜。

いつも、ありがとうございます。

Posted by penguin-oyaji at 2009年04月22日 22:19
ペンギンおやじさん、こんにちは!

文章でグサッと感じることが多いので、メールを送信する時は細心の注意を払っています。
それでも、メールがパッタリ途切れたりすると、「何かいらんこと言うてもうたんかなぁ〜」なんて思ったりします。忙しいだけ、っていうことも多いかとは思うんですけどね(^-^;)

文章は乗せられる気持ちも限定されてしまう上に、気持ちを伝えた後の相手のリアクションも知ることができない、本当に難しいツールだと思います。

だからこそ。。。文章を書くことに惹かれてしまう部分というのもあるんですけどね。
僕も当時のペンギンおやじさんのようにモノ書きになりたいなぁ、と思っているんです( ̄▽ ̄)
Posted by しのの at 2009年04月23日 17:53
ペンギンオヤジさん

こんばんは。

文字だけでのコミュニケーションって確かに難しいですよね。自分が意識していなくても相手をイヤな気分にさせてしまったりした事自分もあると思います。

面と向かっていれば表情の変化から気持ちを読みやすく、リカバリーが効くんですけどね。

「ペンは剣より強し」なんて言葉もあるくらいですからいい加減な気持ちでは「書く」ことはできませんね。

人に好かれる書き方を身につけるのはネットやメールが当たり前の今だからこそより学ぶべき価値があると思います。


すてきな女性がみつかれば、喜んでもらえる手紙も書けそうですし。

次回も楽しみにしています!

更新ありがとうございました。
Posted by kaizokuou at 2009年04月23日 22:56
しののさん、こんばんは。

私もメールの返信がない時に
同じような気持ちになる事がありますよ。。
メラビアンの法則でしたっけ?
言語以外のノンバーバルな部分から
情報を受け取っている事が多いんですよね。
だから、文字だけで自分の気持ちを伝えるのは
難しいと思うし、
伝えようとする意識が強すぎると、
文章がくどくなってしまいますからね・・・(汗)

モノ書き志望ですね。
しののさんは、充分に可能性があると思うので、
ぜひ夢をあきらめずに、チャレンジしてください!
出版記念講演には駆けつけますよ^^

いつも、ありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年04月23日 23:10
kaizokuouさん、こんばんは。

そうか、皆さんやはり多かれ少なかれ
自分の書いた文章に不安は持っているんですね。
安心・・・って、そんなところで安心しちゃダメですよね

「ペンは剣よりも強し」
本当に、文章ってとてつもない力を秘めているんですよね。
今回、私も改めてその事を実感しました。

英語が上達したければ、外国人の彼女を見つけろ
と、言いますが、
文章力向上のためには、ラブレターを送る彼女を見つけると
効果が上がりますかね?(笑)

いつも、本当にありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年04月23日 23:14
書き方講座お疲れさまでした。
それとDVDの収録お疲れさまでした。

おれんじさんとの昼食楽しかったです。
penguin-oyaji さんが和田さんにはまったエピソードが印象に残ってます。

また、セミナー等でお会いしましょう。
ブログもしっかりチェックしときます。
Posted by ゆあさ at 2009年04月24日 23:06
ゆあささん、こんばんは。

先日は色々とお世話になり、ありがとうございました。
それから遠くからの参加、お疲れさまでした。

こうして少しずつ人の輪が広がっていくのを実感できて、
私も嬉しいです^^

そうですね。きっとまたいつかお会いできますよね。
これからも、よろしくお願いします。
Posted by penguin-oyaji at 2009年04月26日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

英文手紙の書き方―“きちんとした”手紙が書ける表現集
Excerpt: 英文手紙の書き方―“きちんとした”手紙が書ける表現集
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-25 11:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。