2009年02月16日

オヤジだけど読みました!・・・「モデル失格」(押切もえ 著)



Book-No.110


「モデル失格」


幸せになるためのアティチュード

押切 もえ 著


小学館101新書

このブログ・・・

ドンドンとビジネス書から

遠ざかっているような気がするのですが・・・

大丈夫ですかね、私?(笑)

人気モデル、押切もえさんが書かれた本ですが、


中身は立派な自己啓発書です!

そもそも、40過ぎのオヤジが何で、


今をときめく、押切もえさんの本を手に取ったかというと・・・

ある日、ボケーっとテレビを見ていたら


この本の宣伝のために、押切さんが登場したんですね。


で、そのまま何となく見ていたら


この本のタイトル「モデル失格」は


あの太宰の「人間失格」から、借り受けたというではないですか!!

「人間失格」・・・読まれたことあります?

私は中学生の頃に読みました。

読んで・・・1週間くらいドンヨリとした暗〜い気分で


落ち込んだのを覚えています。


それ以来、太宰にはなるべく近づかないように


人生を生きてきました(汗)

雑誌やテレビなどで活躍されている華やかなモデル、押切もえと


私を一週間も奈落の底に突き落とした「人間失格」とが


どうにもアンマッチで、


「モデル失格」って、どーいうこと?


と興味を持ち、本屋さんに走ったのでした。

《関連図書》

本書の前半は、押切もえさんの半生記という感じで


不遇時代に、日雇いのアルバイトをしていたとか、


所属事務所が倒産してしまったとか、


ハワイでの事故の話しとかが綴られています。


まぁ、この辺の話は書籍紹介とかのページでも


よく触れられているようなので、


私としては軽くスルーさせてもらいます・・・(汗)

■マイナスをプラスに変える!

読んでいて、「へ〜!」と思ったのは・・・

私の体はとにかくコンプレックスだらけでした


(中略)


ショーモデルのオーディションに履歴書を送っても、


規格外で相手にされないことがほとんど」(P63)

「臆病、あきらめが早い、人見知り」という三重苦の性格。


プロのモデルとしてやっていこうと決めたとき、最初はこの性格のせいで


とても苦労しました」(P74)

身体的コンプレックスに次ぐ私のコンプレックスといえば、


ズバリ「字が汚いこと」」(P78)

一流モデルとして活躍されている今の押切もえさんからは


ちょっと想像できないのですが、


意外とコンプレックスの塊だったのですね。

しかし、彼女はそのコンプレックスを少しずつ克服しながら


人気モデルへの道を駆け上がっていくのです。

例えば・・・

自分のコンプレックスと向き合うのって、最初はけっこうしんどいもの。


でもきちんと向き合ってみると、欠点だと思っていたものが自分の


個性だったりするんです。


「ココが嫌い」と蓋をしてしまう前に、生かす努力をしてみる。


そうすると、意外と好きになれるものです。自分の個性を生かすも


殺すも、ほんとうに自分次第なんですね」(P66)

私は40過ぎた今でも、時々「自分自身とうまく付き合えていないなぁ」と


思うことがあります。


気が弱いこと、他の人とうまくコミュニケーションが取れないこと、


ネガティブになりがちな思考パターン、優柔不断な性格、


自分の笑い声・・・などなど。


好きじゃない自分がたくさんあります!

で、普段はそういう嫌な部分については、


なるべく見ないように、考えないようにして過ごしているのです。


考え出すと、ドツボにはまるのが分かっているので・・・

でも、この本を読んで思いました。


マイナスポイントをうまく活かせば、プラスポイントになる!って。


その為には、嫌なことから目を背けるのではなく


先ずは正面から受け入れることから始めなければならない、と。

自分の嫌いな部分を


マイナスと考えるか、プラスにしようと考えるのか


決めるのは自分自身ですからね。


事実は一つ、考え方は二つ・・・(By 和田裕美)

この本を読んで頂ければ分かると思うのですが、


押切もえさんは、自分の容姿とか性格のコンプレックスについて


一つ一つ、ポジティブに考え方を切り替えて


自分の「個性」にしていったのです。

最初から恵まれた環境があって、成功した訳ではないんですよね。

■人は変われる!

私は人は本気で変わろうと思えば変われると信じたいんです」(P177)

結局、チャンスをつかむのも、努力するのも、幸せになるのも


すべては自分次第なのです」(P178)

この本の後半では押切もえさん流の幸せになるための考え方について


まとめられています。

先ず幸せになりたい、愛されたいと強く思うこと。


そして目の前の出来事に対してポジティブな考え方を持つこと。


という二点を軸に、様々なことが書かれていて、


読んでいると、何かの啓発本に書かれている事と同じだなぁ、と


思う部分も多くありますが、押切もえさん自身の体験と併せて


語られているので、とても納得できますし、説得力も感じました。

「臆病、あきらめが早い、人見知り」という三重苦の性格のまま


「どうせ私なんか・・・」という考えた方のままだったら


今の彼女は存在しなかったと思います。

私自身を含めて「今の自分を変えたい!」と思っている人は


多いと思います。


でも、どうやって変わったらよいのか分からない


あるいは、最初の一歩が踏み出せない


そんな人は、是非ともこの本を手にとって読んで欲しいなぁと思います。

きっと、嫌いな自分を変えるためのヒントが見つかると思います。

■最後に・・・

基本的には女性とか、押切もえさんのファンの人が


買って読む本だと思うのですが、


私のようなオヤジが読んでも、充分に参考になるというか、


感じるところが多いと思います。

お薦めです!

今日も最後まで、ありがとうございました。

【▼新書】

【▼キンドル版】


posted by penguin-oyaji at 23:17 | Comment(10) | TrackBack(4) | エッセー・随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペンギンオヤジさん、こんばんは。

haruです。
読書のレパートリー広がっていきますね〜。

でも、モデルさんや女優さんの本にも、(ファンとまではいかなくても)買ってしまうこと、あります。

今回の書は、モデルさんの”広告”としての本という意味だけでなく、中身もある本なのですね。私も手にとってみたくなりました。

いつも、ありがとうございます。
Posted by haru(ハル) at 2009年02月18日 21:19
ペンギンオヤジさん

こんばんは。

確かに気になる本です。押切もえさんがコンプレックスのかたまりだったとは驚きです。

でも逆に言えば、それがあったからこそ、現在の押切もえさんがあるんでしょうね。

なかなか本気で自分を変革出来ないので読書リストにいれておきます。

更新ありがとうございます。


Posted by kaizokuou at 2009年02月18日 21:54
haruさん、こんばんは。

ええ、元々はビジネス書に特化したブログだった筈なのですが・・・
もう、何が何やらです(笑)

押切もえさんの存在は知っていましたが、
別に特に気にもしていませんでした。
でも、この本を読んだらちょっと好感が
持てるようになりましたよ。

人気モデルが書いた本という先入観を抜きにして
是非ぜひ、機会があったら読んでみて下さい。

若い女性と話す時のネタにもなるし・・・(笑)

いつも、ありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年02月18日 22:53
kaizokuouさん、こんばんは。

やはり気になっていましたかぁ〜^^

コンプレックスって、ネガティブに受け取ってしまうと
果たしなく、暗くなってしまいますが、
逆手に取って、自分の個性にしてしまう事も出来るのだと
いうことを、この本から教えて貰いました。

それによく考えると、コンプレックスをバネにして
成功した人って割と多いですよね。

もしも機会があれば、是非とも手に取ってみて下さい。

いつも、ありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年02月18日 22:58
こんばんは。

守備範囲どんどん広がっていますね!
押切もえさんが「正統派読書家」というのはなんとなく知っていたのですが、本までだしているとは知りませんでした。
しかも「人間失格」をもじる。。。すごい。

どんな人にもコンプレっクスはあるといいますが、
あんな美人もコンプレックスあるのですね。
改めて、「人間ってふしぎだなぁ」と思います。

ちょっと本屋さんで見てみようかな、と言う気分です。
いつも思いがけない図書のオススメありがとうございます。

Posted by ereis.m at 2009年02月19日 23:47
ペンギンおやじさん、こんにちは!

今やモデルにテレビにと、あんなに活躍されてる押切もえさんがコンプレックスの塊だなんて、ビックリです。

でも、逆に考えるとコンプレックスを持っているとしても(誰しもがそうだと思いますが)、考え方一つで、一流になれるってことですよね。

そう思うと、とても勇気をもらえる本なのではないでしょうか。


相変わらず、ペンギンおやじさんのブログで読んだことない本が紹介されると、一度読んでみたくなります(笑

素晴らしい記事をいつもありがとうございます(^-^)
Posted by シノ at 2009年02月20日 15:00
はじめまして。金木犀と申します。

和田裕美さんのブログでコメントを拝読させていただいてから
こちらに何度かお伺いさせていただいておりました。

「本」を選ぶ際の参考にさせていただきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
Posted by 金木犀 at 2009年02月20日 19:24
シノさん、こんにちは。

そうですね。コンプレックスって、そのまま落ち込んでしまったら
ネガティブ要素だけど、それを「バネ」にすればポジティブ要素に
なりますよね^^

最近、妙に読書傾向が変わってきた部分もあるので、
ビジネス書ばかりでなく、色々なものを読んで
幅を拡げていこうと思ってます。

いつも、ありがとうございます!
Posted by penguin-oyaji at 2009年02月21日 08:46
金木犀さん、こんにちは。

そして、はじめまして!来て下さって嬉しいですよ^^

和田さんのファンなのでしょうか?
私は昨年の6月に初めて講演会で和田さんのお話しを
聞いて以来、和田ワールドにはまり込んでいます。

ご覧の通りで、割と長文が多く読みにくい部分もあると
思いますが、何かの参考にして頂けるなら嬉しいです。

これからも、よろしくお願いします。


Posted by penguin-oyaji at 2009年02月21日 08:50
ereis.mさん、こんにちは。

そうでしたかぁ、私は押切もえさんが「正統派読書家」と云う事すら
知りませんでした!(恥)
でも、この本を読んでいると、色々と本を読んだり勉強されたりしている
努力家なのだなぁという事が伝わってきます。

多分・・・元々の容姿も良かったのでしょうが、
彼女の努力が、それを更に一層「魅力的」にしたのではないかと
思うんですよね。

これからもサプライズ図書を紹介しますね(笑)

いつも、ありがとうございます。
Posted by penguin-oyaji at 2009年02月21日 15:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

\0F[66280D90B90C8
Excerpt: 皆さん結構ブログやってんですね。話題も豊富でみんないろいろのことが気になってる...
Weblog: 小学館
Tracked: 2009-02-18 06:37

押切もえ モデル失格
Excerpt: キュートな兵児帯♪ブランド浴衣帯◇押切もえ◇ブラック商品価格:4,980円レビュー平均:5.0 CanCamのモデル蛯ちゃんは、押切もえと仲悪いと思いますか? CanCamのモデル蛯ちゃんは、..
Weblog: 鬼!YouTube&ニュース
Tracked: 2009-02-19 16:52

押切もえ
Excerpt: 「英語でしゃべらナイト」放送終了に押切もえ「寂しい…」 webザテレビジョンN...
Weblog: あやの日記
Tracked: 2009-02-20 03:22

押切もえ モデル失格
Excerpt: 累計販売総数3,700本突破!大人気アクセ★ドギャード【即納】押切もえ着用モデル【DOGEARED】ドギャードジュエリーネックレス(Rock Crystal/ Communication & Pure..
Weblog: Youtube動画最新ニュースwin
Tracked: 2009-02-20 03:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。