2008年11月18日

転職は慎重に・・・・(人材会社の功罪)



Book-No.80


「転職は1億円損をする」

石渡 嶺司 著


角川oneテーマ21



業界ネタっぽいですが・・・


転職とそれを取り巻く人材業界について書かれた本です。

そりゃ、何年も、何十年も一つの会社で働いていれば、


誰だって一度や二度は会社を辞めて転職をしたいと思うでしょう(多分・・・)


特に隣の芝生は青く見えますからねぇ・・・

終身雇用が当たり前だった時代であれば、


転職は何だか後ろめたい行為というふうに社会から見られていたそうですが、


今では転職は当たり前・・・くらいになっていますよね。

そして転職者が増えれば、そのための人材ビジネス、転職支援ビジネスも


どんどんと成長していく・・・と言う訳です。

■人材ビジネス・転職支援ビジネスの功罪

転職支援会社は「転職が多いほど儲かる」ということになる。単純に言えば、


こういう会社にとっては「みんなが転職を繰り返す」状態が一番ビジネスに


なる」(P98)

当たり前の話ですが、転職支援会社も「人助け」ではなく、「ビジネス」を


やっているので、売上なり利益が上がらないと困るわけです。


そして、問題になるのは転職ビジネスは「人」を扱っている点です

例えば、私が長年働いている小売業界であれば、


商品を調達してきて、店に並べて売ることで売上や利益を確保しています。


しかし、転職ビジネスの場合は問屋さんや商社から「人」を仕入れる事は出来ない。


もちろん、工場で「人」を生産する事も出来ません。

では、どうするか?

転職ビジネス会社は転職をあおる。大規模な転職イベントを何度となく開催し、


有名人を使った派手な広告を打ち、大学生の就職情報サイトさえも利用する


(P125)

そう。


転職して、キャリアアップして、年収もアップ!みたいな美辞麗句を並び立てて


転職を煽るのです。


今の職場で自分は正当に評価されていない」とか、


きっと、自分にはもっと能力を活かせる会社があるはず」などと


思っている人は、それこそ沢山いますから、


そうした転職予備軍を煽って、転職活動に向かわせるというわけです。

また、本書の中では大学生が利用する就職情報サイトに


登録された個人リストを転職サイトへの誘導に転用したりしている例が、


実際の社名入りで暴露(?)されています。

■転職は損か得か?

どれだけ転職を煽っても最終的に、企業も転職者もハッピーになれば


何も問題はないと思うのですが、そうは桑名の焼きハマグリ。

一般論として終身雇用者と転職経験者の生涯賃金を比べると、


基本的には終身雇用者のほうが生涯賃金は高いという調査結果があります。

本書の中でも(極端な例ではあるのですが)、終身雇用者と転職経験者の


生涯賃金を試算すると、1億円の差が生じる、だから転職は金銭的には


損をする、という事を訴えかけています。

採用の現場にいる私から見ても、転職で年収がアップするというのは


本当に一握りの人だけだと思っています。

キャリアも立派で、実績もあって、「絶対に採用したい!」という人には


社内の給与規定ギリギリまで、高い給与額を提示しますが、


大部分の人に対しては、別に足元を見る訳ではないのですが、


前職で得ていた給与額よりも、低い額での提示になってしまうのです。

結論めいた書き方になってしまいますが、


ごく一部の人を除いて、転職は金銭的には「損」と考えてよいと思います

もっとも、転職に求めるものは何も金銭だけではないのも、


事実ではあるのですが・・・

■転職ビジネス会社にあおられる若者・・・?

つまり、「転職は損」という事実を伝えるよりは「転職は得」という幻想を主張し、


かつ若手社会人を早期転職に追い込む方がはるかに儲かるのである」(P127)

しかし、逆の見方をすれば転職ビジネス会社が煽るのに、のかって


転職を志望する人がいるから、会社側も煽るのだという見方も出来ます。

こうなってくると、もはやニワトリと玉子ではないが、


転職を煽る「転職ビジネス会社」が悪いのか?


安易にそれにのってしまう「若手社会人」が悪いのか?

ここからは純粋に私の意見を書きたいと思います。

私としては「転職ビジネス会社」も「若手社会人」も、


どっちも、どっちだと思っています。


しかし、もっと罪が大きいのは新卒採用で若者を受け入れた企業側だと思っています。

3年3割」という言葉は、どこかで耳にしたことはありますか?


大卒で入社した若者が3年以内に3割も退職をしているという事なのです。

高校や大学の中退率に置き換えてください。5パーセントを超えれば、


教育困難校とされ、10パーセントを超えれば、教育内容がよほどひどいか


荒廃しきっており、受験生集めは困難となるでしょう」(P158)

確かに企業を学校に置き換え、退職を中退に置き換えてみると


事の異常さが目に見えてきますよね。

辞めていく当人たちにも問題はあると思いますが、


企業側にも、採用の時や入社後の教育などに相当問題があるのではないかと


私は思っています。

この辺、本当はもっと詳しく書きたいのですが、長くなるので割愛します(汗)

■転職は慎重に・・・

私は転職を全否定するものではない。前向きな転職ならそれもいいだろう。


私が問題と思うのはわずか数年、数ヶ月の社会人経験によって踏み切る早期転職である。


早期転職がいかに損をするか!


若手社会人ならびに若手社会人を取り巻く人々に、再考していただければ幸いである


(P191)

全く同感!

ただ、本書の趣旨とは少し離れるが、読んでいて一つ思ったことがあります。

上の方でも書きましたが、転職して収入が増えるのは結構恵まれたケースだと思うんです。


ましや、今のように不景気風が吹きまくっている中では正社員として再就職できるだけでも


ありがたい、みたいなところも実際あると思います。

でも、私個人の考えですが・・・


本当はもっと人材の流動化が進んだ方が、個人にとっても日本の社会にとっても


きっと良いんですよね。

怖くて転職に踏み切れず、一つの会社に「しがみつく」ような状態が健全だとは


私には思えません。

上の方で「人材ビジネス・転職支援ビジネスの功罪」と書きながら、「罪」の部分しか


書いていませんが、人材ビジネス会社の功績というものにももっと注目して良いのでは


ないかと・・・

確かに必要以上に「転職を煽る」のは良くない事だと思います。


でも、転職者の全てが軽はずみで転職をしている訳でもないのです。

本当にステップアップしたいと思って、「次のステージ」を探している人もいますし、


中にはどうしようもないダメ会社から脱出したいと思って転職活動をしている人だって


いるわけです。


そうした人たちに対して、きちんと企業と求人者のマッチングが出来るようになってくると


きっと今以上に、人材ビジネス会社の存在意義も大きくなってくると私は思います。

・・・というわけで、本当に業界ネタみたいな話に最後までお付き合いくださり、


ありがとうございました。


【▼kindle版】



posted by penguin-oyaji at 21:18 | Comment(4) | TrackBack(1) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私は、転職経験者です。

「転職支援会社」に一度登録するとわかりますが
まあ、あおるあおる。
中には親身になって下さる方もいらっしゃいますが
ビジネスモデルが、転職者を採用させてなんぼ
なので、「どこでもいいから入っちゃってよ」
ってノリがいたるところで感じられます。。。

しかし、それはそれ。
割り切って利用すれば問題ありません。
転職希望者が、しっかりと自分の意思を持って
活動すれば、システムとしては悪くないと思います。

あまり深く考慮しないで転職に踏み切っちゃう人は、
まあ、その責任を自分で負うことになりますよね。。。
Posted by テリー at 2008年11月19日 18:14
テリーさん、こんばんは。そして初めまして。

コメントありがとうございます。

この本の中にも「信用できる転職コンサルタントを探せ!」との
記述がありますが、その通りなんですね。
私はたまたま、求人を出す方にいるので、転職コンサルタントが求職者と
どのようなやり取りをしているのか、あまり認識していなかったので、
参考になりました。ありがとうございます。

書いて頂いたように、割り切って利用する、自分の意志で決めることが
できれば、制度としては悪いものではないと私も思っています。

それでは、これからもよろしくお願いします。
Posted by Penguin-oyaji at 2008年11月19日 21:20
ペンギンオヤジさん

こんにちは。

ちょいと風邪をひきまして寝込んでいた自分です。まだボーッとしていますが、午後から会社に行きます。

転職は慎重にしたほうがいいとは思いますが、最後は自分で責任を負うのですから、どこに行っても、通用する人物になっていたいものです。

Posted by kaizokuou at 2008年11月20日 11:17
kaizokuouさん、こんばんは。

風邪の具合はいかがですか?寒くなってきてマスクしている人も
だいぶ見掛けるようになってきましたし、あまり無理はされないように・・・

エラソーに書いていますが、私も先週は体調の悪い日が続いていました(汗)

体調管理にはお互いに気を付けましょう。

そうですね。
大前春子さん(知ってます?)のように、自分のスキルとパワーで
「どんなに不景気になっても、日本中の会社が潰れても
私は大丈夫!」と言い切れるようになりたいものです。

※大前春子・・・TVドラマ「ハケンの品格」の主人公でスーパーウーマン!

いつも、ありがとうございます(お大事に・・・)
Posted by penguin-oyaji at 2008年11月20日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

キャリアアップ 講座
Excerpt: 結婚相談所にも裏がある・・・っていうよね! 結婚相談所のひみつ☆あなたもステキな人と電撃結婚!!婚活コミュニティキャリアアップを目指す主人に・・・・ SE&PGのキャリアアップ(転職、引き抜き..
Weblog: キャリアアップごま子
Tracked: 2008-11-19 08:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。