2008年10月02日

行動科学で自分をマネジメントする!!(講演会編)

八重洲ブックセンター本店 開店30周年記念


『超!自分マネジメント整理術』刊行記念イベント


石田淳先生講演会


08年10月2日 八重洲ブックセンター本店にて

またか!とお思いでしょうが・・・


今日の会社帰りに、石田淳さんの講演会に参加してきました!

本当に最近、やたらと講演会に参加しまくってますね>私


ちなみに今月は、和田さん、勝間さん、小宮さんと


あと3回は参加予定。。

■石田淳さんのお人柄


ライブで石田さんのお話を聴くのは、今日がはじめて。


写真で見ると、痩せ型でちょっと神経質っぽい人かなぁと勝手に


想像をしていたのですが・・・


しかし、実際はとてもスマートでクールな方で予想とは


全然ちがってました!


クールといっても、さめているという事ではなく、


カッコイイと云う感じです。

講演会の最後で、「今日の話で分からない事や、継続できない


悩みがあれば、メールを送ってください。できるだけ、お答えします」と


いうふうに話されていたのも、誠実感があって更に好印象を


もちました。

それから講演会終了後にサイン会があったのですが、


一人一人に「何か参考になることはありましたか」と声を掛けて


参加者の話しにも、にこやかに対応されている姿が印象的でした。

■石田さんの話し方


今日の話の内容について書く前に、石田さんの話し方がとても


印象的でしたので、先にその事について書きたいと思います。

《石田さんの話し方の特徴》


・非常に落ち着いて、ゆっくりと話される


・大事なポイントについて、更にゆっくりと2度、3度繰り返して話す

パワフル、という事でもなく


かと言って、淡々、と云う感じでもない。


非常に聞き手に理解をして欲しいという思いが込められているような


感じの話し方でした。


特に重要ポイントを「ゆっくりと繰り返して話す」と云う点は


今後、自分も真似して取り入れていきたいと思います。

ただ、サイン会で会話を交わされている時は、割と気さくな感じで


話されていたので、講演の時には意識して話し方を変えているのかも


知れません。

自分が今、「話し方教室」に通っているせいか、「何を」話しているか、


と同じくらい「どうやって」話しているのかが気になるのですが、


石田さんの話し方は、早口の自分としては見習うべきところが


多かったです。

■講演会の内容


全体としては石田さんの専門分野である「行動科学」についての


お話だったのですが、


例によって全部書いていると、とんでもない長文になってしまうので、


個人的に気になったところに絞って、書きますね。

《クイズ》


講演会の冒頭が、いきなりクイズでした!



seihoukei.jpg

上の図のような正方形から1/4の面積を取り除いて残った部分


(ピンクの部分)を正確に四等分するには、どうすれば良いか?


(つまり、正方形の3/4の面積を、四等分して下さい、という意味です)

(ヒント)


・斜めに線を入れても、正解には辿り着かない


・四等分した4つのカタチは全て同じになる

出来た人は、石田さんのところへ行って確認をしてもらうという


クイズ番組のような演出なのですが、一人、また一人と正解者が


出る中で、私は全然、分からず焦りまくりまくりました・・・

ノートに図形を書いて、あーでもない、こーでもないと補助線を


書いてみるのですが、全然答えに辿り着かない!!

正解は・・・


答えを聞けば、「なーんだ」なのですが、発想というか着眼点が


完全にズレていました。

ここで答えを書いてしまうと差しさわりがありそうなので、


「どーしても」答えを知りたい方は私にメールください(笑)

それにしても、講演会の冒頭がクイズとは、意表を突かれました!

《MORSの法則(具体性の原則)》


「超!自分マネジメント整理術」の本の中にも書かれている話しですので、


そちらから引用します。


「「行動」は具体的でなければならないのです。


では、どんな行動が「具体的な行動」なのか?


それを定義するため、行動分析学には「具体性の原則」というものがあります。


(中略)


●Measured 計測できる(数値化できる)


●Observable 観察できる(どんな行動をしているか、誰が見てもわかる)


●Reliable 信頼できる(誰が見ても同じ行動だと定義できる)


●Specific 明確化されている(何をどうするか明確になっている)


この条件を満たしていないものは「行動」ではないのです」(P57)

今日の講演会では例として・・・


・モチベーションを上げる


・コミュニケーションをとる


・やる気を出す


・信頼関係をつくる


・絆を強くする


この5つのうち、どれが行動で、どれが行動でないか、という


問い掛けがありました。

分かりますか?

正解は、すべて「行動ではない」です。

MORSの法則にあてはめて考えてみれば、分かると思いますが、


「モチベーションを上げる」と言っても、それは本人の内面の話であって


他人からは観察できないので、行動ではない、という事になるのです。

石田さんは、この話と絡めて


出来るリーダーは総じて指示が具体的で明確である


と話されていました。

私の反省点でもあるのですが、部下に向かって


やる気あるのか!根性入れてやれや!」とか、


もっと、積極的にコミュニケーションを取れ」とかって


言ったことがあります。


でも、これじゃ具体的でも何でもない訳で、言われた方からすると


何を、どーせっちゅーねん?」(なぜか、関西弁)


だったと思うのです(汗)

《習慣化》


人が意識して行動している時間は全体の5%、


習慣によって行動している時間は95%


従って、意志の力に頼るのではなく、習慣化しなければ成功しない

意志の力ではなく、習慣化する」というのは、勝間さんの主張と


通じるものがありますね。

習慣化するに当たって気を付けなければならないポイント


・人は「快」を求めて、「不快」を避ける


・ストイックは続かない


・急激な行動の変化は続かない(徐々に変えていくのがコツ)


・ムリな目標は立てない(楽しくラクに出来るようにする)


・やる行動は一つか二つ。せいぜい三つまでに絞る(アレもコレも手を出さない)

そして具体的な目標を決めて、達成したら自分に対する「ご褒美」を


用意するのが効果的。


ちなみに、石田さんは「お気に入りの喫茶店に行く」ことが


自分に対する「ご褒美」だそうです。

そーなんですよねぇ〜!


最初はアレもコレも欲張って立派な目標を立てるのですが、


結局、続かなくて挫折すること数百回!ですからね、私の場合・・・

そう考えると、今年の私の個人目標である「ビジネス書100冊読破」は


良くぞ続いている!と自画自賛なのですが^^


アレもコレもではなく目標を絞り込んだ事と、


途中から、このブログで本を読んだ感想や学びをアップして、


それに対して、コメントを頂けるのが私にとっての「ご褒美」だったから


なのかなと、思うのです。


拙いこのブログを読んで頂いている皆様のおかげですm( _ _ )m

■サイン会にて


冒頭でも書いたように、講演会が終わった後でサイン会がありました。

このブログを読んで頂いている方なら、お分かりだと思いますが、


色々な著者のサイン会に参加する度に「話し掛けられなかった」とか、


緊張で逃げ出したくなった」などと、情けない事を書いてきました。

しか〜し、それは既に過去のこと!

・石田さんを前に、ちゃんと名刺交換が出来た!


・きちんと、講演会のお礼も言えた!


・ちょっと前に、石田さんのブログで、このブログにリンクを貼ってもらったので、


そのお礼も、ちゃんと話せた!

やれば出来るじゃん!えらいぞ、自分!(笑)

そして、「今日の講演会のこともブログに書きます!」と約束をして


帰ってきたのですが、その約束も達成です!

少しは進歩しているのか、自分?

何だか最後は自画自賛モードになってしまいました(笑)

今日も、ながーい記事をココまで読んで頂き、ありがとございました。

《過去の参考記事》


「行動科学で自分をマネジメントする!!」

《参考図書》



posted by penguin-oyaji at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 講演会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペンギンオヤジさん

こんばんは。

石田さんとの交流すごいですね。
講演会に行く度に著者との接し方が
進化していますね。

その講演会で出題された問題。

・・・・・・?

月曜までに考えておきます。

更新ありがとうございました。
Posted by kaizokuou at 2008年10月04日 19:26
kaizokuouさん、こんばんは。

先ずはこのブログのコメント記入で、ご迷惑をお掛けしてしまったようで
申し訳ありませんでした。確かに、ちょっと動作が変になる時があるようです。

少し様子を見てみます・・・・

ところで石田淳さんですが、本当に理知的で誠実な方でしたよ。
実は、図々しくもこのブログの事をメールに書いて送らせて貰ったら
2時間くらいで、石田さん本人からメールの返信を頂きました!

クイズ・・・
私は答えを聞くまで解けませんでしたが、
是非、考えてみて下さい。
おまけのヒントは・・・
「どう分解するか・・・?」です。

いつも、ありがとうございます!
Posted by Penguin-oyaji at 2008年10月05日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。