2008年09月20日

またまた、「人に好かれる話し方」

 Book-No.44の【再読】

「和田裕美の人に好かれる話し方」


愛されキャラで人生が変わる!

和田 裕美 著


だいわ文庫

えーとですね、実は和田さんのところの


「人に好かれる話し方教室」(ベーシックコース)に通うことにしました。

で、その予習の意味も込めて「人に好かれる話し方」を改めて


読み直してみました。


せっかくなので(?)、新たに文庫本を買ってみました!


私は和田本のコレクターか・・・?!

皆さんも経験があると思いますが、一度読んだ本でも


改めて読み返してみると、新たな発見や気付きがあるんですよね。

今回、この本を再読してみて新たな気付きをまとめると、


だいたい以下のような感じになります。

(1)単なる「話し方」の本ではなく、「人に好かれる」話し方の本であった


(2)話し方のレッスンのフレームワーク


(3)とにかく知識ではなく、実践

それでは、順番にまとめてみますね。

■「人に好かれる」話し方


前回の記事を読み返してみると、けっこう枝葉末節にこだわっているというか


「話し方」にウェイトを置いた読み方をしていたように思います。

でも、この本って本当は話し方の方ではなく、人に好かれると云う方に


ウェイトが置かれているんですよね(気付くのが遅い!!)

話せるということは、ちゃんと会話できるということです。


相手が自分と一緒にいて幸せになってくれることが会話できるということです。


けっして「しゃべれる」ということではないのです」(「はじめに」P5より抜粋)

ほら、ちゃんと「はじめに」のところに書いてあります(汗)


この本を読む場合、話し方のテクニックみたいなところに


こだわってしまうと、大切なメッセージを受け損ねてしまいます。

大切なメッセージって・・・


話し方というのは本当はノウハウではなく、やはり「人間力」が大きな要素に


なってくるのです。だから「心」のあり方というものが大切なのです。


どんな心?相手がハッピーになってほしいと思う心ですね。


(中略)


正直なところ「相手が楽しくなるように」ということは、全部自分が好かれる


話し方をしたいためなんです」(P191)

要はただ、「話せる」だけではダメ。


相手の事を思いやって、相手に喜んでもらって


そして、その結果


自分も相手から好かれるようになる


・・・そういうことなのだと思います。

■好かれる話し方のフレームワーク


先日の小宮さん&勝間さんの対談の時に、


著者がどのようなフレームワークに沿って本を書いているのかを把握する


ことが大切。だと話されているのを聞いたばかりなので、


一応、そのへんを意識して読んでみました^ ^

A:「空気作り」


B:「相手の話を聞く」ことが会話の基本


C:「相手との関係作り」


D:「会話のキャッチボールの仕方」


E:「声のトーンと質について」


F:「相手に対する思いやりや気付き」


G:「相手に伝わる、伝える能力」

このうちA・Bが話し方のベース部分


C〜Gがテクニカルな部分

どーも、私がまとめるとフレームワークっぽくないですが・・・(汗)

先ず大切なのは・・・


相手が話しやすい状況がなければ、話は最後まで、しっくりいかないので、


最初は相手と自分との間の「空気」をつくること。


ポイントは「笑顔」と「心のありかた(陽転思考)

そして次に「人は自分の話を聞いてくれる人が好きである」という


基本ルールから聞き上手になること


ポイントは「共感」とか「質問のキャッチボール」など

この二点がしっかり出来て、初めて言葉の使い方や会話についてのテクニック


などが活きて来る。裏を返せば、空気が作れず、相手の話を聞かない態度


だったら、どんなにスゴイ会話のテクニックがあっても、人に好かれる話し方は


できない、という事です。

■とにかく実践


せっかくの「話し方」の本なので、日常の中に少しでもいいから、


「読んだ。実行。」まで運んでほしいなぁと思います」(P231)

どんなビジネス本を読んでも同じことが言えると思いますが、


頭の中で理解しただけでは、何の価値も生み出さないわけで、


話し方の本を読んで、直ぐに会話の達人になれるなんて


都合の良いこともありえないわけです。


(そうだったら、どんなに嬉しいでしょう!)

とにかく、読んで理解したら、実践、実行あるのみ!!

・・・と、エラソーに書いていますが


実のところ、


・初対面の人と会う時には、5秒間笑う


・買い物をする時にはレジの人に「ありがとう」を返す


・早口にならないよう意識して、話す。


・語尾マシュマロになるよう、話す時には語尾に気を使う


まぁ、これくらいしか実践できていません・・・・

■「話し方教室」初日


実は今日が「話し方教室」の初日だったのです。


教室の内容は(当たり前ですが)、この「人に好かれる話し方」に


書かれている内容がベースになっているのです。

ですから、初日の今日は「空気作り」とか「聞き上手」とかのお話と


ロープレ(ロールプレイング)が中心でした。

いやはや、大変というか「刺激受けまくり!」でした。

笑顔。


自分では、出来ているつもりだったのですが、先生(※)によると


それが最低ライン。もっと笑顔の練習が必要とのこと!!

鏡を見ながら、笑顔を作ってはみるものの


意識すればするほど、何だかヤラシーオヤジの


にやけ顔になってしまうのです!(あはは・・・)

※和田さんが先生と言う事ではなく、和田さんが認定された方が先生を


務めることになっていて、今回お世話になるのが「松本尚子」先生。


講演会で聞く和田さんもパワフルなお話をされますが、


松本先生も和田さんに負けないくらいパワフル!!

実はここ数日、何だか身体も心もどんよりしていたのですが、


松本先生の素晴らしい元気に影響されまくって、


思いっきり元気になって、初日の授業を受けることが出来ました。

「話し方教室」のことについては、終了した時点でまた改めて


ご報告しますね。

【▼文庫本】

===============================================================


《1/52のレッスン・その19》〜和田さんの言葉を自分の勇気に変える〜

けれど、もっと成長したいなら、変化を受け入れないといけない。


受け入れるだけでなく、「変化を取りに行く」くらいでないといけない。


「このままでいいやと思うのはダメ」、私は自分にそう言い聞かせています


(「息を吸って吐くように目標達成できる本」和田裕美 著 P41)

上で書いた「話し方教室」の件について、もう少しだけ書きます。

和田さんの本を読むようになって以来、ペリエのホームページを見て


「話し方教室」のことを知り、なんとなく興味は持っていたんです。


でも、参加するにはちょっと勇気が必要だったと言うか・・・


(まぁ、引っ込み思案な性格丸出しですが・笑)

で、今回参加しようと決めた直接のきっかけは、和田さんのメルマガに


書かれていた


人って2日間で本当に変わるんだなあって


自分の目で見て、すごく感動した教室でした・・・


という話し方教室の記事でした。

別に誰に参加を強制されている訳でもないし、


参加しなければ、しないで、やり過ごせた筈なんです。

でも、その時にこんなふうに考えてみました。


「(勇気を持って)参加して自分を変えてみようチャレンジするのと、


参加しないで、今までと同じ自分でいるのと、どっちが良いか?

で、出した答えが「チャレンジする自分

もちろん、参加するだけでそう簡単に自分が変わるなんて


都合の良い話も無いと思いますし、


今日、松本先生にも「本人の意識次第」って言われました。

でも、和田さんが書かれているように、


成長したいなら、変化を受け入れて行動を起こすこと以外にないと


思うのです。

と、カッコいい事を書いていますが、


メルマガ読んで「参加しよう!」と決めた筈なのに


実際に申し込みするまで3日間くらいまたウジウジと悩んでいた


というのが真相で・・・・本当に優柔不断!!




では、今日も長々と、読んで頂きありがとうございました!!


posted by penguin-oyaji at 23:22 | Comment(4) | TrackBack(1) | 読書(和田裕美) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペンギンオヤジさん

こんばんは。

「人に好かれる話し方教室」楽しそうでいいですね。先日初めてお会いした時、とても印象の良い優しい話し方でしたので、それが更にパワーアップされると思うとすごいですね。

またお話を聞かせて下さいね。

更新ありがとうございました。


Posted by kaizokuou at 2008年09月21日 20:33
kaizokuouさん、こんばんは。

そう言って頂けると、心強いです^^
でも、あれなんですよ。
顔の表情とか、声の出し方なんて先生のお話しを聞いていると
自分は「まだまだ」だと思います。

本当にせっかくの機会なので、貪欲に吸収できるものは
積極的にチャレンジして自分のものにしていきたいなぁ、って
思っています。今度お会いする時には、少しはパワーアップできていれば
良いのですが・・・

いつも、ありがとうございます。
Posted by Penguin-oyaji at 2008年09月21日 21:42
こんにちは、ペリエスタッフ大内です。
先日は、
「和田式人に好かれる話し方教室」にご参加頂きまして、本当にありがとうございました。
教室でお会いした時は、
やっとペンギンオヤジさんに会えた〜!!
という感動でした。
お会いでき嬉しかったです。
ありがとうございます。

それから、教室を受講されるにあたり予習をされていたのですね。本当に頭が下がります。
そしてそして、少ないと言いながらも
・初対面の人に会ったとき、5秒笑顔
・レジの人に「ありがとう」を言う
・早口にならないように・・・
と、実践されているではないですか。
日々意識されて実践されているんですから、
とてもすごいことだと思いまうよ。
今度の土曜日も話し方教室ですね!!
宿題忘れることなく実践してきてくださいね。
(プレッシャーになってしまったらすみません(汗))
それでは、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by perieスタッフ at 2008年09月24日 20:15
ペリエ・大内様

コメントありがとうございます!!
私も先日は、いつもお世話になっている大内さんとお会い出来て、
とても嬉しかったですよ。それに色々とお話しも出来て、
ありがとうございます!

それから色々と励みになる事を書いて頂いて、ありがとうございます。
とにかく、日々の中で少しでも意識して変えていかないと
なかなか身に付かないのかなぁって思っています。

そうですね。最初は緊張して前日とかは
逃げ出したい気持ちもあったのですが(汗)
今度の土曜日は「楽しみな」気持ちになっています。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

いつも、ありがとうございます。
Posted by Penguin-oyaji at 2008年09月24日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

“これも学び“である、と考えよう
Excerpt: JUGEMテーマ:ビジネス 今日はかなり忙しかった。ひたすら仕事。会社をでたのは23時近かった。 最近、人手不足もあって、現場仕事が多い。 定規で線を引き、カッターで切り、折る。 図画工作..
Weblog: 面白きこともなき世を面白く・・・
Tracked: 2008-09-23 01:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。