2019年07月04日

【年金】「「年金問題」は嘘ばかり」高橋洋一:著 PHP新書

年金問題

「「年金問題」は嘘ばかり」ダマされて損をしないための必須知識
高橋洋一:著
PHP新書

今年(2019年)6月に金融庁が発表した、いわゆる「老後2000万円問題」のレポートが大きな話題になりましたね。

 

テレビを見ているとワイドショーなどはこの話題を来る日も来る日も大きく取り扱って放送してました。

 

そして遂には「年金返せ!」とデモをする人まで現れました。

 

「あなたは年金の仕組みや制度について理解していますか?」 おそらく、「よくわからない」と答える方が多いはずです。 (本書「プロローグ」より)

 

年金問題を扱っているワイドショーを見ながら、私は何だか漠然と「ちょっと違うんじゃないかな?」と違和感を抱いていました。

 

でも、自分も年金のことをちゃんと理解しているかというと実はよく分かっていないので、その違和感の正体が何であるのかを言葉にすることができませんでした。

  • 年金制度とはそもそも何であるのか?
  • 本当に年金制度は危ないのか?
  • 将来、自分はいくらくらい年金を受け取れるのか?

そういった年金の諸々のことを、これを機会にちゃんと知っておこう!と思い、この本を手に取りました。

 

読んでみると、とても分かりやすくて今まで何となくモヤモヤしていた年金のことがスッと理解できました。

 

 

アマゾンの内容紹介

多くの人は国の「年金」に不安を抱えています。「もらえなくなるのではないか」「損をするのではないか」「破綻するのではないか」・・・。

しかし、それは「誤り」だと、著者は明快に喝破します。そもそも「年金」とは「保険」であり、その性質さえ知っていれば、すべてわかるし、ダマされることはないのだ、と。

 

著者について

著者、高橋洋一氏の現在の肩書きは数量政策学者、嘉悦大学教授。

 

東大の数学科を卒業した後、大蔵省(現・財務省)に入省。年金数理・保険数理を理解していた著者は省内で「年金数理の専門家」と思われていたくらい年金制度には詳しいそうです。

 

また、毎年誕生日が近づいてくると送られてくる「ねんきん定期便」の生みの親でもあるとのこと。

 

そもそも年金制度ってどういうもの?

年金手帳イラスト

モッファさんによるイラストACからのイラスト

 

年金は保険である

「年金は、福祉である」と思っている人はたくさんいますが、年金の本質は、「年金保険」という「保険」なのです。

ひと言でいえば、公的年金は「長く生きた人を保証する保険」です。どうやって保証するかというと、「早く死んでしまった人」の保険料を、「長生きした人」に渡して保証するのです。

この本を読んで思ったのですが、今回の「老後2000万円問題」はそもそも保険である年金を福祉と思い込んでいるところにボタンの掛け違えがあるような気がします。

 

でも!

 

そう思い込んでしまう人がいるのもムリはないとも思うんですよね。

 

年金は国民皆保険なので会社勤めをすれば「そもそも年金は・・・」という説明もなく、否応なしに給与から天引きされてしまうじゃないですか。

 

「お願い!入って!」と言って泣きついてくる保険会社勤めの友人だって一応の説明はしてくれます。

 

だけど、年金について誰かからちゃんと説明を受けた記憶ってないんですよね。。(大事なお金を取られるのに!!)

 

保険なら「老後まるっと保証して!」

「年金は保険である」そのことは分かった。保険だったら何で老後の生活をまるっと保証してくれないのか?と思わないですか?

 

これって、裏を返すと「まるっと保証」してくれるほどの保険料を支払ってますか?っていうことになるんですよね。だって、保険なんだから。

 

<保険の原理>
・保険料を多く納めた人→保証額(年金)多い
・保険料を少し納めた人→保証額(年金)少ない
・保険料を納めなかった人→保証(年金)なし(公的保険は例外あり)

この本によれば「毎月納めている保険料の二倍くらいが、将来、毎月受け取る年金額になる」そうです。

 

アバウトにいうと、厚生年金の場合は月給の約2割を保険料(ちなみに労使折半)として支払い、年金額はその倍ですから月給(生涯の平均月給)の約4割が年金の受給額になります。

 

これを前提に考えると「老後まるっと保証」してもらうためには、保険料率を上げてより多くの保険料を支払うようにすれば良いということになります。

 

もしくは猛烈に稼いで、同じ保険料率でもより多くの保険料を支払うか?

 

公的年金は、その発想からすればあくまで「年金保険」であり、「長生きするリスク」に備えるものなのです。

もちろん、退職後の生活を支える基本部分の資金になってくれることは間違いありませんが、いくらもらえるのかは開示されているわけですから、先にも書いたとおり、「この金額では生活費として足りない」と思う人は、貯蓄や民間の年金保険などで備えておけばいい、ということになります。

 

年金は本当に危ないの?

若者と高齢者

mono777さんによるイラストACからのイラスト

賦課(ふか)方式とは、現役世代から集めた保険料を老齢世代の年金給付に充てる方式です。自分が支払ったお金は今の高齢者にあげる。自分が高齢者になったときには、そのときの若い人の保険料から年金をもらう。

日本の年金制度は積み立て方式ではなく、賦課方式というやり方を採用しています。

 

これは最近よくテレビでもやっていたので、ご存知の人も多いと思います。

 

ただ、この方式だと少子・高齢化の日本では、将来の高齢者を支える若者が少なくなるので年金が破綻するのではないか?という不安が出てきます。

 

しかし、そんな日本の状況(少子・高齢化)でも年金制度は大丈夫だと著者は言います。

 

人口減少は急激に進むわけではなく、ゆっくりと進むと予測されていますから、人口減少が起こっても、給付額が大幅に減ることはありません。ゆっくり進む人口減少に合わせて、毎年少しずつ調整していけば影響は少なくて済みます。その仕組みが「マクロ経済スライド」です。

毎年5月の「こどもの日」になると、1年間に生まれた子供の数がマスコミを通じて知らされます。

 

あれを毎年ウォッチングしてると確かに少子化現象だということは分かりますが、同時にそんなに急激に減少しているわけでもないということも分かります。

 

現状の制度をきちんと運用すれば、「破綻だ」などと大げさに悲観する必要ないのです」と著者がいうように、この本を読むと制度自体が破綻することはないのではないかと思えます。

 

しかし、制度が破綻しないことと、もらえる受給が取るに足るものなのかどうかは別問題だと思うのです。

 

著者はいいます。

「年金問題の大半は、制度の問題ではなく、経済政策の問題なのです」

 

よく高齢者1人を若者何人で支えるか、という話しがありますよね。でも、その考え方は間違いで、正しくは金額で考えるべきだと主張します。

 

つまり、やせ細った人が支えるのと筋骨隆々の人が支えるのとでは話が違ってくるということです。

 

年金制度にとって一番重要なのは「金額」です。今後、人口が少しずつ減少していくと予想されている中で重要なことは、「所得を増やすこと」。経済を成長させて、所得を増やしていく。それが年金制度を安定させる一番のポイントです。

上の方で保険料を多く納めた人は保証額(年金)が多く、保険料を少し納めた人が保証額(年金)が少ない。という部分を引用しました。

 

そういう保険の仕組みからしても、現役世代の所得が増えれば、それに比例して納付される保険料が増えることになりますよね。

 

自分がもらっている月給が増えれば、将来受け取る年金も増えるわけです。

 

経済が成長しない場合は、残念ながら年金は破綻します。年金だけでなく、すべての社会保障が破綻します。

そういう意味では、年金のために国がやるべき一番重要なことは「経済政策」だということになります。

 

今、将来の社会保障財源を確保するために消費増税すると政府は言っていますが、この本を読むとそれがそれが「大嘘」で「矛盾」していることがよく分かります。

 

年金の「真実」を隠したがる人たち

国会議事堂

東京イラストレーションさんによるイラストACからのイラスト

年金が「保険」であることが広く知れわたってしまうと、困る人たちがいます。それは、財務省の官僚であり、厚労省の官僚です。

「老後2000万円問題」で年金を福祉と勘違いしている人たちがいることについて、そもそも年金が保険であるとちゃんと説明を受けたおぼえはないぞ!と書きました。

 

なぜ、年金についてちゃんと説明されないのか?

 

そこには財務省、厚労省の思惑だったり利権が絡んでいることを著者は指摘します。

 

それと、社会保障財源を消費増税に求める裏には経済界の意向が絡んでいることも分かります。

 

このあたりを読むと、何となく前から薄々気づいてはいたけど「やっぱりそうだったか!」っていう感じです。

 

まとめ

二人のシニア

しのみさんによるイラストACからのイラスト

「あなたは年金の仕組みや制度について理解していますか?」

 

本書の冒頭に書かれている著者からのこの問いかけに対して、この本を読み終えた今の私の答えは「お恥ずかしながら・・・」というものです。

 

私たちは年金の専門家ではないので、そんなに深い知識は知らなくても良いと思いますが、それでも最低限のことは知っていないと、あっという間に官僚やマスコミ、御用学者の言説に惑わされてしまう怖さも感じました。

 

「年金問題」を盲目的に怖がるのではなく、先ずは正しく理解すること。

 

その上で、老後の資金をどのように手当てするのか?ということについても書かれています。

 

「老後2000万円問題」に怯えないように、踊らされないためにもこの本を読んで良かったと思いました。

 

posted by penguin-oyaji at 20:00 | Comment(0) | 読書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

【心の断捨離】「人生は引き算で豊かになる」有馬頼底:著

人生は引き算で豊かになる

「金閣寺・銀閣寺の住職が教える 人生は引き算で豊かになる」

有馬頼底:著

文響社

 

私と同じように舌癌の手術を受けたタレントの堀ちえみさんが退院後、ご自身のブログでこの本のことを書いていて、私も読んでみようと思い手に取ってみました。

 

著者は臨済宗相国寺派第七代管長であり、金閣寺・銀閣寺の住職を務める有馬頼底氏。

 

臨済宗といえば、「禅」です。

 

「禅」に傾倒していたというアップルの創業者、スティーブ・ジョブズが愛読していたという禅の本を読んだことがあるのですが、その時はイマイチとっつきにくい印象がありました。

 

でも、この本はとても分かりやすかったし共感できる言葉もたくさんありました!

 

この本では、悩みや苦しみのもとになる執着心を手放すことで心が軽くなること。

 

何か辛いことがあった時も、それにとらわれずモノの見方を変える「転ずる」力が大切だということが繰り返し述べられています。

 

今回は少し私の思い込み強めの記事ですが、よかったら読んでみてください。

 

アマゾンの内容紹介

「もっとお金がほしい」「もっと出世したい」人間は生まれがらにして「欲」を持ち続けます。しかし、その欲を追求しつづければ無間地獄にはまり、幸せが訪れることがありません。

そこで金閣寺・銀閣寺の住職であり、日本を代表する僧侶である有馬頼底が、「欲」や「執着心」を手放し心がラクになる方法を教えてくれます。

 

「足るを知る」と「向上心」

Leaf 2128642 640

あなたが本当に豊かになりたいと思うなら「もっと、もっと」と何かを積み重ねようとするのではなく、目の前のものをそのまま受けとめ、それに満足し、感謝する心を育てることです。

「もっと、もっと」という欲望にとらわれていると、苦悩が増える。それよりも今、目の前にあるものを受け入れて感謝することでラクに生きられる。

 

・・・と、そんな教えが書かれています。「足るを知る」ということですね。

 

しかし、一方でこんなことも書かれています。

安易に「頂上に到達した」と思い「ちょっと休もう」「もう、これで十分だ」などと思ってはいけない。さらに先を目指し、精進を続けなければならない、という戒めが込められた言葉です。

もう十分だと思わずに、そこからさらに努力をせよ!というわけです。

 

何だか「足るを知る」と矛盾しているような感じを受けませんか?

 

(これから書くことは、ある人の受け売りなのですが・・・)

 

「足るを知る」というのは、個人の欲望についての教えだと思うのです。

 

例えば「もっとお金が欲しい!」とか「もっと出世したい!」というような『欲望』を持つことは際限がなく、むしろ執着心というか苦しみや悩みを生み出してしまう。

 

しかし、「足るを知る」といって安易に妥協してはいけないものもあると思うのです。

 

それは例えば仕事とか学問の分野とか。

 

レストランなどに行き、とても良いサービスを受けたとしましょう。

 

でも、店側がこのサービスがベストだ!と考えてそれで満足し、改善も改良もしないとしたらどうでしょう?

 

客としては「?」マークが付きますよね。

 

学問の分野とかでもノーベル賞を取った山中伸弥教授が「これで、もういいや」と考えるでしょうか?

 

ノーベル賞を取った後もより多くの人の役に立つようips細胞の研究を続けてますよね。

 

このように個人の欲望については「足るを知る」という気持ちで「もっと」を手放す一方で、仕事や研究などの分野では、現状に満足せずに「もっと」を追求していく。

 

そういう視点で自分が持っている「もっと」は手放すべきものなのか、追求すべきものなのかを考えてみることが大切かなと思うのです。

 

経済的合理性が全てではない

Meditation 3338691 640

効率化、合理化が進んだ世の中だからこそ、特に意識して、心にゆとりを持つことが大事なのだと私は思います。

私は経済的合理性や効率化が全てではないと考えています。

 

だけど、実際問題としてお金がないと生活していけません。。

 

それに世の中の多くのことは「損得勘定」で動いているのも事実だと思うのです。

 

企業もグローバルな世界での競争に必死です。

そんな時に

合理化、効率化を意識して、急いでばかりいるのではなく、ときにはゆったりと無駄な時間をたっぷりと使ってみてはどうでしょうか。

 

と言われてもねぇ・・・・と、私も最初はそう思いました。

 

だけど、そんな世の中だからこそ宗教家の出番なのかもしれません。

 

合理化の名の下にリストラにあった人、大勢いますよね。

 

何十枚、何百枚もエントリーシートを書いたのに内定がもらえなかった人、いますよね。

 

今の世の中、リストラやロスジェネ、ワーキングプアなどと呼ばれて社会からこぼれ落ちてしまう人たちがいます。

 

社会に身の置き場がないと、心が落ち込んでいきますよね。

 

自分の人格を否定された!と思う人もいるかもしれない。

 

だけど、世の中に価値のない人なんていないし、不要なものもない、と著者は語ります。

 

お釈迦様は「人も、鳥も、花も、この世に存在する生きとし生けるものすべては、ことごとくみな成仏なのだ」とおっしゃっています。それぞれ存在するに値する、十分な価値があるのだと教えているのです。

キリスト教の世界でも聖書に、「神様は人間一人ひとりが「私の目に貴い」と言った」と書かれているそうです。

 

一人の人間がこの世に誕生し、存在していること自体が奇跡であり、貴いことだと仏教もキリスト教もそう言っているわけです。

 

「そんなのきれいごとだ!」いう人もいるかも知れません。

 

だけど、まずは自分が自分を認めて肯定してあげなきゃ、何も始まらないじゃないですか。

 

自己肯定感を失ってしまったら、他人の評価に踊らされるだけです・・・と私は思っています。

 

そして、「効率化、合理化が進んだ世の中だからこそ、特に意識して、心にゆとりを持つことが大事」と著者が書くその言葉の裏には、合理化や効率化とは違う世界があるんだよ、ということを私たちに教えてくれているように思うのです。

 

AI(人工知能)と人間が仕事を奪いあう世界がやってくるそうです。

 

そんな世界で必要になるものって、心の余裕なのかもしれませんね。

 

「今日」をていねいに生きる

Forest 396025 640

何かを成すための道があるとすれば、それは今日という日をしっかりと生き、また明日という日をきちんと迎えるということにほかなりません。どこかに特別な道があるのではなく、あなたの足下にあるその道(日常)こそが、一番大事な道であり、その中に学ぶべきことが潜んでいるのではないでしょうか。

2年前(2017年)にステージ3の癌を告知されました。

 

ちゃんと手術を受けて治療すれば(その時点では)命の心配はないようでしたが、それでも「5年生存率50%」と言われました。

 

その時、とにかく1日、1日を大切にして生きていこうと思いました。

 

「1日、1日を大切に」、きっと誰もが思うことですよね。だけど、その気持ちが長続きしない。。私も同じでした。

 

最初の手術から2年、(1度、再発転移をしましたが)今のところ経過観察も順調。

 

次第に「1日、1日を大切に」という意識も薄れていってました。

 

だけど、あることがきっかけで今は再び「今日をていねいに生きる」ことにこだわるようになったのです。

 

ツイッターで癌で余命宣告を受けている人をフォローしてました。

 

その人は医者から今年の5月末まで・・・と宣告されたそうです。

 

だけど、5月末を乗り越えても元気にツイートしてました。それが6月9日を最後にもう3週間もツイートがありません。。

 

存命なのかどうか分かりません。

 

ただ、そのことが改めて私に癌という病気の怖さを教えてくれたし、「1日、1日を大切に」という意識を呼びも戻してくれました。

 

今の私にとって「1日、1日を大切に」ということは、時間を無駄に使わないということです。

 

そして、できれば行動する中で少しでも改善を繰り返して質の高い行動ができるようになることが目標です。

 

まとめ

Dog 1018125 640

「禅問答」を辞書で引くと

何を言っているのか訳の分からない問答、話のかみ合わない問答のたとえにも使う (出典「明鏡国語辞典」)

と書いてあります。

 

上の方で書いたように私も「禅」に対しては何となく取っ付きにくイメージを持っていました。

 

だけど、この本では禅の教えをとても分かりやすく平易に解説してくれています。

 

しかし、分かりやすいが故に「そんなの当たり前じゃん」と思う内容が多いです。

 

この本に限らず、自己啓発系の本を読むときは「当たり前」「これは他の本にも書いてあった」という気持ちで読んでいる限り何も得られないと思います。

 

先ずは書かれている言葉を素直に受け止める。そして、一つでも二つでも実践してみて初めて自分のものになるんですよね。

 

それと・・・

 

この本を読んでいると、自分の「思い込み」「常識」「偏見」「執着心」がどれだけ自分を不自由にしているかということにも気づかされました。

「執着しないこと」、そして「転ずる力」が必要なのです。 人は、一つのことにずっと集中するから行き詰まってしまうのです。そこからいかに転ずるか、考え方をちょっと変えることが、大きなターニングポイントになります。

 

生きづらさを感じている時、逆境にある時、そこにフォーカスしてばかりだと心が疲れて荒れてきます。

 

この本に書かれているように、少し考え方や見方を変えるだけでもだいぶ気持ちがラクになるように思います。

posted by penguin-oyaji at 20:00 | Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする