2016年07月20日

よその国を笑ってなんかいられない【「農協 月へ行く」筒井康隆】

農協月へ行く

「農協 月へ行く」
筒井康隆:著
角川文庫(現在品切れ、重版未定)

ふと思い出して、昔々に読んだ筒井康隆の短編集「農協 月へ行く」を
本棚から引っ張りだして読みなおしてみた。

Amazonの内容紹介

厚かましいバイタリティで外国の辞書にも載ったノーキョーさんが
月を行く。無重力の宇宙船の中でドンチャン騒ぎ、酒や芸者を
強要する土地成金ぶり。
好奇心旺盛な彼らが月面で見たのは?

かつて農協の団体旅行が「ノーキョー」と呼ばれ、海外へ出掛けていっては
傍若無人に振る舞い、世界から笑われていた・・・そんな時代があったんですよ。

この筒井康隆の短編「農協 月へ行く」はそんな恥ずかしい団体旅行の有り様を
パロディにした作品なのです。

あくまでも小説であり、フィクションなのだけど
描かれている団体旅行の様子が、さもありなんな感じなので、
オカシイやら恥ずかしいやら。。

そもそも日本には昔から「旅の恥はかき捨て」という言葉があるくらいだから、
旅先で他人の迷惑顧みず自分勝手に傍若無人に振る舞うという(とても恥ずかしい)
文化が蔓延しているのかも知れない。。

ノーキョーと呼ばれて世界から笑われていたのは、1960年代から70年代の頃だと
思うのだけど、それから十数年後のバブルに踊っていた1980年代から90年代。
その頃になると、ニューヨークやパリの有名ブランドショップに日本人が大挙して
押し掛けバッグやらスカーフやらをまとめ買いしている様が、やはりヒンシュクを
かい笑われていた。

◆◇◆◇◆◇

先月(2016年6月)、アジアで最大規模となる上海ディズニーランドが開演した。
開園日の前後はテレビのニュースやワイドショーでも大きく報じられていた。

だけど

・園内に落書きをしている人がいる
・パレードの沿道にゴミをポイ捨てする人がいる
・植え込みで子供に用を足させている親がいる
・偽物(模倣品)のキャラクターグッズが売られている
・通路上で勝手に弁当を拡げて食べている家族連れがいる

などなど、そのマナーの悪さをあげつらう報道が多かったように思う。
そして、そんなニュースを見る度に私は
「こーいうのを目くそ鼻くそを笑うって言うんだろうなぁ」と思っていた。

ついでに書けば、こういう報道によって知らず知らずのうちに
印象操作されてしまうんだろうなぁ〜、とも思った。

だって、たかが4、50年前にはノーキョーと笑われて、
2、30年前には今でいう爆買いを世界中でやっていたのは
私たち日本人ですからね。

よその国のことを笑っている場合ではない。

たぶん・・・

文化が発展していく段階で、どこの国でも同じような問題が起こり
同じような恥ずかしいことをしでかすのだと思う。

◆◇◆◇◆◇

調べてみたら、この短編集が発売されたのは1973年というから
今から40年以上前だ。
あれから40年!(←綾小路きみまろ風に)
ブラックユーモアに彩られたこの短編を読んで
素直に笑えないのは(むしろ、恥ずかしさを感じるのは)
過去の自分たちの行いを棚上げにしてよその国を笑う。
そんな今の日本の文化を恥ずかしいと思うからだ。

(おしまい)

posted by penguin-oyaji at 21:29 | Comment(0) | 読書(小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする