2015年05月17日

【「生きて行く私」宇野千代:著】カラスが空を翔ぶような(元祖・肉食女子の)人生

「生きて行く私」

宇野千代:著

角川文庫

 

宇野千代さん。お名前だけは随分と前から知っていたのだけど、彼女の代表作の一つ「おはん」はもちろん、彼女の作品についても何も読んだことはなかった。

 

ただ・・・

 

以前に仕事で山口県岩国へ行った時に駅の待合室に彼女の大きな写真が飾ってあり、それで岩国が彼女の生まれ故郷だということを知った。

 

それと、テレビで一度だけ彼女の映像を見たことがあり、その時に、もう一つのブログにこんなエントリーをアップした。

83才のスーパー乙女! : ペンギンオヤジのDブログ

 

そして、そのエントリーを読んでくれたお友達が、この本をオススメしてくれて、(だいぶ長い間、積ん読してたのだけれど・・・)読んでみたら、驚いたというか、とにかく面白かった!

 

この本は彼女の生い立ちから85歳までの人生を綴った自伝なのだけどその生き様が破天荒というか、天衣無縫というか、よく「事実は小説よりも奇なり」というけれど、彼女の波瀾万丈の人生は、間違いなくそのへんのツマラナイ小説よりも格段に面白い!

 

Amazonの内容紹介

明治、大正、昭和、平成と生き抜いてきた女流作家が、波乱の人生行路を率直に綴る。山口県岩国の生家と父母の記憶から書き起こし、小学校代用教員の時の恋と初体験、いとことのはじめての結婚、新聞懸賞小説の入選、尾崎士郎との出会いと同棲、東郷青児、北原武夫とつづく愛の遍歴。「スタイル」社の束の間の隆盛と倒産のように時代の波にも揉まれながら、たゆみなく創作をつづけ、ひたむきの前を向いて歩いてきた姿が心を打つ。

 

元祖肉食系女子?吃驚仰天の愛の遍歴

この最初の夜、私には北海道で待っている悟と言う良人(おっと)のあることを、改めて言うべきである、と思っただろうか。しかし、私はそのことを言わなかった。やがてのことに、私は最早や、北海道へは帰らないものだ、と言うことが、誰の眼にも分かるような時機が来た。(P98)

 

宇野千代さんは生涯で4度の結婚をされているのだけど、(恋多き女性だったんですね)それぞれの結婚の馴れ初めがスゴいんです!

 

二人目の旦那さんと北海道で暮らしていた時のこと。彼女が書いた小説が出版されるにあたり上京。原稿料を受け取った後、なぜか東京に家を借り、そして出版社で紹介された小説家・尾崎士郎に一目惚れをして北海道の旦那さまを放りだして、そのまま同棲を始める・・・!

 

( ゜Д゜)ポカーン

 

さらに!!

 

夜が更けて、さあ寝よう、と言うときになって、「こんな蒲団しかないが」と言って、押し入れから出してきた蒲団には、血痕がこびりついて、がりがりになっていた。二人の男女の頸から流れ出してきた夥しい血のかたまったものだと分かったとき、私はそれを気味が悪いと思っただろうか。そうは思わなかった、と言ったら、人は信じるだろうか。(P124)

 

小説の中でガスで情死する一組の男女のことを書くために、当時、愛人と心中未遂事件を起こしたばかりの画家・東郷青児に(面識もないのに)こういう差し迫った時に男はどう行動するものか教えて欲しい、って電話するんですね、宇野さんが。

 

で、電話じゃなんだから・・・ということで実際に会うことになりそのまま一目惚れ!そして東郷の家に行き情死を図った血の付いた蒲団でそのまま一緒に寝た・・・・と。

 

( ゜Д゜)ポカーン

 

いやはや、なんというか・・・

 

後日、テレビ番組「徹子の部屋」に宇野さんが出演された時に「あの男とも寝た」「その人とも寝た」と話す宇野の話しに黒柳が「あたし、あんなに、寝た寝たと、まるで昼寝でもしたように、お話しになる方と、初めてお会いしましたわ」と言わしめたというエピソードが残っているとか。

 

ある意味、とっても「業」が深い人だったんでしょうね。

 

幸福のカケラ

幸福のかけらは、幾つでもある。ただ、それを見つけ出すことが上手な人と、下手な人とがある。幸福とは、人が生きて行く力のもとになることだ、と私は思っているけれど、世の中には、幸福になるのが嫌いな人がいる。不幸でないと落ち着かない人がいる。(P285)

幸福も不幸も、ひょっとしたら、その人自身が作るものではないのか。そして、その上に、人の心に忽ち伝染するものではないのか。とすると、自分にも他人にも、幸福だけを伝染させて、生きて行こう、と私は思う。(P286)

 

この宇野さんの自伝を読んでいて、彼女は幸福というものに対する感度がとても強く、反対に不仕合わせに対する感度がある意味とても鈍かったのではないかと思いました。

 

自分がやっていた会社が倒産したりして、けっこうタイヘンな時期もあったらしいのだけど、不思議とそういう時のエピソードを読んでいても悲壮感みたいなものはあまり伝わって来ないんですよね。

 

幸福のかけらは、幾つでもある。ただ、それを見つけ出すことが上手な人と、下手な人とがある。

 

例え周りから見たら不幸のどん底のような時であってもそこには宇野さん本人しか見えない「幸せのカケラ」があったんでしょうね。

 

鴉が空を翔ぶように

私は好んで、自分の生きている生き方を「鴉が空を翔ぶように」と形容する癖がある。鴉が空を翔んでいるのを見て吃驚仰天する人はいない。ああ、翔んでいると思うだけである。何だ、あの鴉は翔んでいる。何と横着な鳥だろう、と思う人もいない。ただ、翔んでいる、と思うだけである。鴉の翔ぶのは生まれつきなのである。翔ぶのが性分なのである。知らぬ間に翔んでいるのである。(P357)

 

昔、「カラスなぜ鳴くの?カラスの勝手でしょう」という童謡の替え歌が流行ったことあるけど(これ分かる人は私と同年代ですね・笑)、カラスが空を翔ぶのが自然であるように、宇野千代さんは、この本に綴られたある意味とても破天荒な人生を生きるのが自然な姿だったんだなぁ、と思うのです。

 

とっても、レリゴーな人だったと思うんですよね、宇野千代さんって・・・もしも、自分の周りに同じタイプの人がいたらさぞや面食らうだろうと思うのだけど、

 

◇◆◇◆◇◆

 

「おもしろき こともなく世を おもしろく」幕末の志士、高杉晋作が遺した辞世の句ですけど、きっと宇野千代さんにとっては、生きていること自体がおもしろくて仕方なかったんじゃないかなぁ、ってそんなふうに思うんですよ。

 

溢れるほどの好奇心と、どんな時であっても現実をそのまま受け入れ人の目を気にせず、幸せのカケラを探し出すことが上手であれば、人生はこんなにもおもしろく生きられる!そんなことを宇野千代さんに教えて貰ったような気がします。

 

私は人一倍好奇心の強い人間だからである。あと四年ほど生きれば二十一世紀になる。新しい世紀に入った世界をこの目で見たいと思っているのである。(中略)私はこのごろなんだか死なないような気がしているのである。(文庫版あとがき より)

 

残念ながら、この「あとがき」を書いた半年後には98歳の人生を終えて天国へ召されてしまったのですが、空の上から見える21世紀の世界は宇野千代さんにはどんなふうに映っているのだろうか?

 

おしまい

 

【▼文庫本】

【▼キンドル版】

タグ:宇野千代
posted by penguin-oyaji at 21:37 | Comment(0) | 読書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

【「脳には妙なクセがある」池谷裕二:著】ネガティブ気分になったら笑ってみよう!

「脳には妙なクセがある」

池谷裕二:著

扶桑社BOOKS

 

一時期、「脳科学」関連本にハマってこのブログでも、その手の本のエントリーを連発していた時期があります。

 

脳科学は実験、検証の結果からあくまでも科学的に人の心や行動について解明、説明をしてくれるので、心理学や哲学的な観点からのアプローチとはまたちょっと違った知見があったりして、読んでいて面白いんですよね〜♪

 

著者の池谷裕二さん、この本の他にもたくさんの脳科学の著書を出版されていますが、本職は大学教授!(しかも、東大!)

 

そんなバリバリの大学教授にして科学者が書いた本ですが、軽い読み口で脳の仕組や人の行動についてちょっとエッセイ風に書かれているので、とても読みやすかったです。

 

・・・とはいっても、数々の実験結果を紹介しながらあくまでも科学的アプローチで話しが進むので、「納得性」も高いかと。

 

ちなみに、この本は出口治明さんの「ビジネスに効く最強の「読書」」という本の中でも紹介されてます。超スーパー読書家の出口さんのお墨付きですよ♪面白くないわけがない!

 

Amazonの内容紹介

不可思議さに思わず驚嘆!あまりにも人間的な脳の本性!恋に必須の「シュードネグレクト効果」。

「オーラ」「ムード」「カリスマ」…見えざる力に弱い理由。

「他人の不幸」はなぜ蜜の味?「損する」でも「宝くじ」を買う理由。

就寝前が「記憶」のゴールデンアワー。最新の知見をたっぷり解説!

 

ネガティブな気分になったら笑おう!

ミュンテ博士らは、笑顔に似た表情をつくると、ドーパミン系の神経活動が変化することを見いだしています。

「ドーパミン」は脳の報酬系、つまり「快楽」に関係した神経伝達物質であることを考えると、楽しいから笑顔を作るというより、笑顔を作ると楽しくなるという逆因果が、私たちの脳にはあることがわかります。

 

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる時々、見かけるフレーズですけど、脳科学の立場からもちゃんとそれが立証されているんですね。

 

で・・・

 

先日、ちょっと私、気分的にイラッというか、グシャッというかそういう気分になったんですよ。

 

その時にこの本のことを思い出して、試しに笑顔を作ってみたんですね。完全に作り笑いでしたけど・・・そしたら・・・あら不思議。ムカッとしていた気分が、スッと落ち着いたんですよ!

 

まぁ、ムカムカしている時にそんなに簡単に笑えないとは思うのですが、是非、一度お試しあれ!

 

ついでに書くと、

 

朝、鏡に向かって笑顔をつくるのもオススメ!気分よく一日を始められますよ♪

 

自分という「他人」

自由意志とは本人の錯覚にすぎず、実際の行動の大部分は環境や刺激によって、あるいは普段の習慣によって決まっているということです。

私たちは自分の心がどう作動しているかを直接的に知ることはできません。ヒトは自分自身に対して他人なのです。

 

自分の行動や判断って、自分の意思で決めている。。。そんなふうに(何となく)思ってますよね。

 

でも、脳科学の見地からはそーじゃないらしいです。いわゆる「無意識」とか「潜在意識」の話しになるのですが、私たちの行動や思考は外部の環境や刺激に対して単に反射(反応)しているだけのものらしいですよ。

 

自分がどう行動したり、判断するかは当の本人が自覚するよりも前に潜在意識の中で既に決まっていると・・・

 

私ごとですが・・・

 

私、よく瞑想なるものをやっているんですね。で、瞑想って基本的には何も考えない、もしくは一つのこと例えば呼吸とか、に集中するものなんです。

 

だけど、やったことある人は分かると思うのですが、次から次へと自分の意思とは関係なく雑念が湧いてくるんですね。そう!自分の意思とは関係なく・・・・なのです。

 

ヒトは自分自身に対して他人なのです。

 

よく他人の心や行動はコントロールすることが出来ないって言いますけれど、実は自分自身の心も100%自分自身でコントロールすることは出来ないんですね。

 

そういう意味では、自分自身も他人なのかも知れません。。

 

寝るが勝ち!

睡眠の役割の少なくとも一つは「記憶の整序と固定化」にあると言ってよいでしょう。実際、記憶が睡眠によって強固になることを示す実験データは数多くあります。「レミニセンス現象」と呼ばれているものです。

睡眠の効果を最大限に利用するためには、起床後の朝ではなく、睡眠直前の夜に習得したほうがよい

 

睡眠って、単に身体の疲れを癒すだけではなくて眠っている間に脳が昼間の記憶を色々と整理したり記憶してくれる作業をしているというのは、割とよく知られている事実ではないかと。

 

朝、目が覚めた時に頭がスッキリしているのって眠っている間に脳が忘れるべき記憶は消去し、必要な記憶はちゃんとインプットして、頭のなかを綺麗に掃除してくれているからなんですよね(たぶん)

 

で、上の引用でも引いたように、そういう脳の機能を活かすためには寝る直前に学習したり覚えたことがより強く記憶に残るということ。

 

寝る前に何を考えてますか?

 

その日あった嫌なことを牛のように反芻していたりすると、それがバッチリ脳の中にインプットされちゃうってことですよね。こわい、こわい!

 

よく自己啓発系の本の中に、寝る前は楽しいことを思い浮かべたり自分の将来の夢を思い描くようにしましょう!なんて書いてあるものもありますが、あれにもちゃんとした脳科学的な根拠があるってことじゃないですかぁ!

 

実は・・・・わたし・・・その手の話しは・・・あまり・・・信用していなかった・・・というよりも・・・正直・・・・ちょっと・・・バ○にしていました・・・スミマセン。。

 

最後に・・・

珈琲豆の焙煎したあのいい匂いをかぐとヒトは優しい気持ちになるとか、人は年を重ねるごとに悪しき感情が減り、より幸せを感じるようになるとか、面白くも興味深い話しがいっぱい書いてあります!

 

上の方でも書きましたが、心理学や哲学、あるいは自己啓発系の本に当たり前のように書いてあるコトが、脳科学の見地からはこういうふうに解釈されるのかっていうこともたくさん書いてあります。

 

例えば

 

本を読んだらそれで終わりにしないで、一つでも二つでも自分で実際に行動すべし!というのもよく見聞きするフレーズですよね。

 

これも脳科学の見地からは・・・

 

私たちの脳は、情報を何度も入れ込む(学習する)よりも、その情報を何度も使ってみる(想起する)ことで、長期間安定して情報を保存することができるのです。

 

という解釈になるんですね。

 

こんなふうに、単に知的好奇心を満足させるだけじゃなくて、自分の脳の性質を理解して、それをうまく利用して生きていけるようになりたいものです。

 

posted by penguin-oyaji at 22:04 | Comment(0) | 科学・脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

【「ビジネスマンのための「人物力」養成講座 」小宮一慶:著】ちゃんとしたオトナになろう!

ビジネスマンのための「人物力」養成講座

小宮一慶:著

ディスカヴァー携書

 

 

「ちゃんとしたオトナになろう」昨年、(とうとう)50歳になった時に、なんか、そー思ったんですね、私。

 

ちゃんとしたオトナってなんだ?!400字詰め原稿用紙5枚以内できちんと説明しろ!と言われても困るんですけど・・・

 

強いて言えば、50歳といえば世間からみれば「いい年こいたオッサン」です。いい年こいてしまったのですから、それなりに、ちゃんとしなきゃダメじゃん!まぁ、そんな感じのことです。

 

で、

 

私が(勝手に)人生の師匠と仰いでいる小宮先生が書かれたこの『人物力』養成講座。

 

この本でいう「人物力」というのは、”長期間にわたって尊敬される人”ってことなんだけど、まぁ、カンタンにいえば「人格者」って感じでしょうか。

 

まぁ、私の場合は何も聖人君主になろうというワケではなく、単に、世間から後ろ指さされて笑われない程度でいいんですけど、とにかく何か参考になるんではないかと思って読んでみた次第。

 

Amazonの内容紹介

「長期間にわたって尊敬される人」を著者は<人物>と呼びます。

本当の生き方を知り、人物力を身につけることによって、ビジネスの成功もあると。

特に、経営者をめざす人は、人とは何か? 

正しい生き方とは?

自分はどういう人物になりたいのか? 

ならないといけないのか? 

そうしたことを、ビジネス戦略、お金儲けの戦略より大切に考えることが、結局は成功の近道なのです。

そして、それは、行動を変えることによって身につきます。

意識を変えることは難しくても、日常の行動を変えることによって、意識は自然に変わっていく。

1か月から半年でそれは可能です。経営コンサルタントとして多くの経営者、経営幹部と接してきた著者ならではの実践の書です。

 

履物を揃えていますか?

わたしの師匠である藤本幸邦先生は、「履き物を揃えると心が揃う。心が揃うと履き物が揃う」とおっしゃっていました。

「脱ぐときに揃えておくと、履くときに心が乱れない。

だれかが乱して脱いでいたら、そっと揃えておいてあげましょう。

そうすれば、世界の人の心が揃うでしょう」、とも。

 

実は・・・私も以前、玄関で脱ぎっぱなしになっている家族の靴を見つけるたびに、きちんと揃え直す・・・ということをやっていた時期がありました。

 

が・・・!

 

家族がそのコトに気づいていないのかどうか分からないけど、私が靴を揃えておいたところで別に何の反応もないし、何を言われるわけでもないので、気づけば、いつしか揃えることをしなくなってしまったんですね。。

 

ちっちゃいなぁ自分! orz

 

この本にも書かれているのだけど、『脚下照顧(きゃっかしょうこ)』という言葉があります。禅の言葉です。

 

他に向かって理屈を言う前に、まず自分の足元を見て自分のことを反省すべき・・・そんな意味合いです。

 

なんというか・・・

 

いくら口でエラソーなことを言っていても、自分が脱いだ靴さえ揃えられないオッサンってやっぱダメですよね。。

 

こーいう小さなところにその人の「人格」みたなものが滲み出ちゃうのかなぁ、って思うのです。

 

自虐ネタは許されるのか・・・?!(たぶんダメ)

「人物」と呼ばれる人には、たいていおもしろい面があります。

なんかおもしろいことを言ってやろう、楽しませてやろうとしているからです。

自分はおもしろみに欠けると思う人は、おやじギャグと言われようが、下手な冗談でも言ってみる訓練も必要でしょう。

 

これを読んだときに思い浮かんだのが高倉健さんなんですよ。

あれだけの大スターでありながら、周りの人に対しての気遣いがスゴくて、それに撮影現場では冗談を言ってみんなを笑わせたりしていたっていうエピソードがいくつも残ってますからね。

 

それに比べて(・・・って、比べること自体ナンセンスですが)、私は・・・最近は少しはマシになってきたようにも(勝手に)思ってるのですが、やっぱり、おもしろみに欠けているかなぁ、と。

 

なんせ子供の頃、自分の親から「あんたは本当におもしろみのない子だねぇ」って言われましたからね(^^;;

 

30を過ぎたあたりから、さすがに自分でもこれは、どげんかせんといかん!と思って、努力した結果・・・

 

オヤジギャグと自虐ネタばかりのザンネンなおっさんへの道をひたすら走り続けているという・・・ orz

 

小さな約束を守る

言ったことは守る、これはふつうに思っている以上に大事です。

大きな約束なら忘れる人はいないでしょうが、軽く口にした小さな約束を守れるかどうかで、自然に、その人に対する信頼が増したり、失われたりします。

言ったほうは忘れていても、言われたほうは覚えているものですから。

約束したことは、小さなことでも必ずメモする習慣をつけることです。

言われた相手も忘れているようなことを即座に実行するだけで、相手は感動します。

言われなくても、たとえば、知人のセレモニーや誕生日などをメモしておいて花を贈るなど、「人物」は、そうした小さな行動を大切にします。

 

以前、もう一つのブログでこんな記事を書きました。

 

【雑記】小さな約束と社交辞令 : ペンギンオヤジのDブログ

 

「また今度、飲みにでも行こうよ」

 

だけど、たいていの場合「また今度」という日はやって来ない。。そんな話しです。

 

まぁ、それは社交辞令だから、オトナなら分かってるでしょ?って済まされてしまうような話し。

 

私も今までに、たぶん数限りなくそんな社交辞令を口にしてきたと思うんですよね。

 

でも、軽い気持ちで口に出しているものだから、その殆どは忘れてしまっているのですが・・・m(_ _)m

 

ただ・・・「言ったほうは忘れていても、言われたほうは覚えているものです」と小宮先生も書かれているように、言われた方は覚えていたりするんですよね。。

 

取りあえず私も最近は肌身離さずメモ帳を持ち歩くようにしました!先ずは、そういう小さな一歩から。。

 

最後に・・・「散歩のついでに富士山に登った人はいない」

こういう自己啓発系の本は読んでみると割と『当たり前」のことが書いてあるんだけど・・・

 

  • 履物をちゃんと揃える
  • 机を毎日磨く
  • 借りた本はちゃんと返す
  • 人の話しをちゃんと聞く

 

エトセトラ、エトセトラ・・・

 

それじゃ、自分はちゃんと出来ているのか?と言われると、まぁ、たいていのことはちゃんと出来ていない。。(^^;;

 

小宮先生がよく話したり書いたりする言葉の一つに「散歩のついでに富士山に登った人はいない」というのがあるんですよ。

 

富士山に登るためには、ちゃんと計画を立てて準備をして登らないとダメですよね。

 

近所を散歩しているついでに登れるようなところじゃない。

 

それが転じて、自分が何かをしたい!こういうふうになりたい!そう思ったら、ちゃんと計画を立てたり、準備をしてその目標に向かわないといけない。

 

「できたらいいなぁ」とか「なれたらいいなぁ」という近所を散歩するような気軽な気持ちではダメだと、そんな意味合いでしょうか。

 

最初に「ちゃんとしたオトナになろう」って書きましたよね、私。

 

そう思ったのなら、散歩気分ではなくて、きちんとやるべきコト、守るべきコトを決めて山道を登るように、一つ一つ手抜きをせずに行動する(考えているだけでは富士山には登れない!)それしかないんだなぁって、この本を読んで改めて思いました。

 

先ずは挫折した(?)、「靴を揃える」あたりからやっていこうかな。

 

おしまい 

 

posted by penguin-oyaji at 20:55 | Comment(0) | 読書(小宮一慶) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする