2014年12月07日

「ワセダ三畳青春記」人生の中の「彼岸」と「此岸」あるいは青春の終わりということ

「ワセダ三畳青春記」

高野秀行:著

集英社

「彼岸」と「此岸」という言葉があります。簡単に言えば「此岸(しがん)」というのは今、自分たちが生きているこの世界。そして「彼岸(ひがん)」とは、あの世のこと。

それと「彼岸」にはもう一つ、川の向こう岸にある世界、という意味合いがある。

彼岸と此岸を分けている川といえば、それはもう「三途の川」である。

人は死ぬと自動的に三途の川を渡って彼岸へと行ける(らしい)。

ここまでは仏教とか民間信仰の話しなのだけど、私が思うに、私たちの人生の中でも川を渡る瞬間ってあるんじゃないかと思うのです。

Amazonの内容紹介

畳一間、家賃月12000円。ワセダのぼろアパート野々村荘に入居した私はケッタイ極まる住人たちと、アイドル性豊かな大家のおばちゃんに翻弄される。一方、私も探検部の仲間と幻覚植物の人体実験をしたり、三味線屋台でひと儲けを企んだり。金と欲のバブル時代も、不況と失望の九〇年代にも気づかず、能天気な日々を過ごしたバカ者たちのおかしくて、ちょっと切ない青春物語。

■人生の中の「彼岸」と「此岸」

この本は上の「内容紹介」を読んで貰えれば分かる通り、ワセダのぼろアパート野々村荘を舞台にした面白オカシイ青春期です。

こうしたぼろアパートを舞台にした青春期っていうのは既に何冊も出版されていて、私の記憶の中を探ってみても椎名誠:「哀愁の街に霧が降るのだ」東海林さだお:「ショージくんの青春記」などは、むかしハマって何度も読み返したりしていた。

この「ワセダ三畳青春記」もそうだけど、これらの作品って著者が20代の頃、ぼろアパートを舞台にしておくっていたハチャメチャな生活を面白オカシく描いているんですよね。

だけど・・・

そのぼろアパートにずっと住みつづけていることはなく、何かをきっかけにしてアパートを後にするワケですよ。

たいていの場合

もうオレもいい年になるし、マットウな生活をしなきゃという気になり、実社会へと巣立っていく。そんな展開が多い。

◇◆◇◆◇◆

人生の中にも「彼岸」と「此岸」がある。そんなことを書きました。

たぶん・・・

「此岸」っていうのは、こうした20代の頃にハチャメチャな生活を送っているモラトリアムの世界で、「彼岸」っていうのは、マットウな実社会のことを指す。

私には何かそんなふうに思えるんですよね。

そして、全員ではないかも知れないけど多くの人が、青春時代の終わりにある人は意識的に、ある人は無意識のうちに、川を越えて「此岸」から「彼岸」へと渡っていったんじゃないかと。

この本でも前半のハチャメチャな面白オカシイ話しとは対照的に後半というか最後の数章がとても切なく感じられるのはそういうある種の「青春の終わり」を描いてるからだと思う。

◇◆◇◆◇◆

書評にも感想にもなってないし、この本を読んだからといって、コレから先の人生で大きな夢が叶ったり、あるいはお金がウハウハ儲かるというコトもない・・・と思う。

だけど

きっと誰もが通り過ぎたであろう『青春』というものを今一度、手許に引き寄せて「青春のバカさ加減」と「青春の終わりの切なさ」を思い出してもみるのもそんなに悪いコトじゃないだろう。

タグ:高野秀行
posted by penguin-oyaji at 20:26 | Comment(0) | 読書(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする